MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

HEALTH

2022.05.12

2022年オープン! 東京の極上サウナ4選

心身をととのえ、最高のコンディションに導いてくれるサウナ。今、進化を続ける最新サウナスポットを、全国各地から紹介! 【特集 最高のカラダは、最強の武器はこちら】

サウナ

1. 自分流にカスタム。西麻布でととのう

サウナの楽しみ方は人それぞれ。自分流を徹底的に追求したいなら西麻布のこの場所へ。照明を自分でコントロールできるほか、音楽も選択可能。この音楽は休憩時のととのいを拡張させるためのカラダに響く周波数を組み合わせてオリジナルでつくられているというから驚きだ。またセルフロウリュを3つのアロマ水から気分で選べるのも嬉しい。自分勝手にサウナを遊ぶ。そんな時間が大人には必要だ。

3S ジブンサウナ

セルフロウリュはお好みのアロマで。

3S ジブンサウナ

ひとり用の水風呂は14~17度。氷を入れてさらに冷やすこともできる。

3S ジブンサウナ

西麻布の一角にひっそり現れる優しい光が、ととのいの時間への扉。

3S ジブンサウナ
住所:東京都港区西麻布1-4-22 PRESTIGE西麻布B1
料金:60分¥3900~
営業時間:7:30~23:10

2. 上野で新体験。最新テック×サウナ

今、サウナはテクノロジーとも次々と融合を始めている。上野のこのサウナは、次世代の映像システム「ワープスクエア」を搭載。高画質映像を部屋に映しだし、例えば雄大な自然の映像を流せば、あたかもそこにいるような気分になるという仕組み。さらに専用ブレスレットを装着すると独自のアルゴリズムで、〝ととのい度数〞が可視化。数値化されることでゲーム気分でサウナを楽しむ新体験だ。

RED゜E-SAUNA UENO

「ワープスクエア」のイメージ。

RED゜E-SAUNA UENO

専用ブレスレット「TOTONOU BAND」。誰が一番「ととのっているか」ランキングも発表。

RED゜E-SAUNA UENO

専用タブレットで「ととのい度」の計測を行う。

RED゜E-SAUNA UENO
住所:東京都文京区湯島3-44-7
営業時間:10:00~23:00

3. 完全非対面・非接触。たまプラーザがフィンランド!?

事前予約をして、入店から退店まで非対面・非接触で楽しめるのが「ROKU SAUNA」。サウナ室内は総檜貼り、温度や照明も自分でコントロールできるので、広々と寝転がりながら、誰の目も気にせず汗をかける。巨大オーバーヘッドシャワーからはキリリと冷たい15度の水が。その後サウナに戻って本場フィンランド式サウナストーブでセルフロウリュすれば、たまプラーザでフィンランドを感じることだってできる。

ROKU SAUNA

室内は同性のみ3 名まで利用可能。3名入ってもゆったりできるスペースだ。

ROKU SAUNA

インフィニティチェアで、ゆっくりと熱を冷まして。Bluetooth接続で好きな音楽を流すことができるのも嬉しい。

ROKU SAUNA
住所:神奈川県横浜市青葉区新石川2-2-2 FUJIKYUビル1F
料金:80分¥3,960~
営業時間:7:20~翌0:40

4. リモートワークにも! 池袋に新ホテル現る

全客室32室にサウナを設置するデザインホテルが池袋に開業。ドライサウナルームを利用すると、オプションとして白樺オイルや、水風呂の温度を下げる氷、さらにサウナハットにリラクゼーションドリンクつきの「サウナエンジョイプラン」も用意されている。池袋駅近とあって、デパ地下から好きなものを選んで持ちこんで、リモートワークの場所とするのもいい。働く場所にサウナあり、は新常識になりそうだ。

hotel hisoca ikebukuro

32室のうち11室がドライサウナブース、21室にミストサウナブース完備。ドライサウナはセルフロウリュに対応。

hotel hisoca ikebukuro

広々としたバスルームは、泡風呂も楽しむことができる。

hotel hisoca ikebukuro

外の喧騒が信じられないほどの安らいだ雰囲気の室内。

hotel hisoca ikebukuro
住所:東京都豊島区西池袋1-10-4
TEL:03-6692-8181
料金:1室¥18,600~
客室:32室

【特集 最高のカラダは、最強の武器はこちら】

TEXT=安井桃子

PICK UP

STORY

MAGAZINE

1月号 Now on sale

ゲーテ1月号表紙は松田翔太。エグゼクティブを刺激するスノーリゾート&時計の2大特集。

shota matsuda

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

1月号 Now on sale

ゲーテ1月号表紙は松田翔太。エグゼクティブを刺激するスノーリゾート&時計の2大特集。

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]1月号が2022年11月25日に発売となる。本格的なウィンターシーズンの到来に向け、今月号はスキーリゾートを大特集。さらに、新作タイムピースをピックアップした時計特集ほか、新ビジネスを始めた松山ケンイチ、松田翔太のインタビューやゲーテ公式ECサイト「ゲーテストア」限定アイテムも必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる