GOETHE

MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

HEALTH

2020.12.20

お尻×股関節はセットで鍛えて下半身を強く保つ【動画レッスン】

長時間のハードワークに耐えるスタミナや持久力、難題にも即座に立ち向かうガッツや反射神経など、仕事で闘う”ビジネス・アスリート”には、スポーツアスリートのそれにも共通する心身のスキルが求められる。自宅にいながら短い時間で道具も使わず、効果の高いエクササイズを、メジャーリーガーをはじめとする世界レベルのアスリートのみならず、著名な経営者や多くのビジネスパーソンが慕う人気トレーナー、吉田輝幸さんに教わる。【吉田輝幸の目指せ! ビジネスアスリート28】

股関節の可動域を広げ大臀筋をガツンと刺激する

人間の身体の筋肉量は、20代半ばくらいでピークを迎えると、その後は加齢とともに減っていき、60歳では上肢でピーク時の約10〜20%、下肢で20〜40%減少するとされている。その落ち込みを抑え、むしろ年齢問わず筋肉の量もパワーもアップできるのが筋トレだ。その際お尻の筋肉は、股関節と合わせて鍛えることが不可欠だと吉田さん。

「歩く、走る、脚を前後左右に動かすといったさまざまな動作において、お尻の筋肉は股関節と連動しながら動くからです。筋肉は使わないと硬くなり、劣化したゴムのように切れたり裂けたりしやすくなりますが、股関節も、使わずにいると可動域が狭くなり、腰痛や膝痛のもとになります。でも、トレーニングで鍛えれば筋肉は新品のチューブのようなハリと弾力を取り戻し、こわばった股関節の柔軟性も回復します」

今回行うブルガリアンスクワットは、脚を前後に大きく前後に開くことで股関節の可動域が広がるとともに、大臀筋などお尻の筋肉、さらに太もも裏の筋肉であるハムストリングスも強化できる。また、片脚だけに負荷がかかるため、重いウエイトを持つ必要がない。

「ステイホームで手軽に行えて、それでいて強度の高いおすすめのトレーニングです。お尻は身体の後ろ側にあるため、腹筋や胸板に比べてつい軽視しがちで、意識して鍛える必要があります。軸脚側のお尻にしっかりと刺激が入るのを感じながら行ってください」(吉田さん)

▼ブルガリアンスクワット

最短で最大の効果を出す、ビジネス×トレーニング論!

『6つの力を養い、理想の働き方を叶えるトレーニング』
幻冬舎
1300円(税別)

Teruyuki Yoshida
パフォーマンス、スペシャリスト。トレーナー歴25年で数多くのトップアスリート指導からヒントを得て最短で最大の効果を出せる「コアパフォーマンス®︎」を考案し、数多くのトップアスリートやアーティスト、ビジネスパーソンのトレーニング指導をおこなっている。

TEXT=野田まゆ

PHOTOGRAPH=鈴木規仁

COOPERATION=LDH SPORTS

PICK UP

STORY

MAGAZINE

2月号 Now on sale

謎に包まれたアートの仕事を徹底解剖!/表紙 西野七瀬

GOETHE 2021年2月号

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

2月号 Now on sale

謎に包まれたアートの仕事を徹底解剖!/表紙 西野七瀬

12月24日発売の「ゲーテ2月号」は豪華3本立て! 総力特集は「アートのお仕事」。アートの世界で働く仕事人たちを徹底取材! 一度心を捉えたら離さない、アートの奥深い魅力を大公開します。また、多彩な活躍をする西野亮廣が時代をつくる才能の育て方を激白。さらに、競馬界のレジェンド武豊さんに1年密着取材を敢行! 孤高のジョッキーの光と影が語られます。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

Salon Memberになる