GOETHE

MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

GOLF

2020.09.21

スコアも大幅アップ! まっすぐ安定させるパターの簡単な練習方法【ハンサムスイング⑥】

ハンサムスイング⑥

ゴルフ場で大人の落ち着きや色気を醸し出したいなら、どうすればいいのか? 雑誌ゲーテ創刊以来、数々の経営者や著名人とラウンドしてきた編集者・二本柳陵介は「不細工なスイングでは一緒に回る人にも迷惑がかかる……。顔は変えられないけど、せめてスイングはハンサムにしたい」と考えた。思い立てば、即行動。早速、人気ティーチングプロの城所昌光コーチのもとに駆け込んだ。アマチュアゴルファーがすぐに使える“ハンサムスイング”レッスン、いざ開講!

スコアカードやパンフレットを使ったトレーニング

今回は、ゴルファーにとって最もスコアを左右すると言っても過言ではない「パター」について記します。パターが理想的なフォームで常に安定していれば、一緒にラウンドしている人の流れがよくなり、よりスマートに感じてくれるものでしょう。

パターをまっすぐ安定させるトレーニング方法として、私が提唱しているのが「紙」を使う練習です。

ゴルフ場のラウンド前の練習だったらスコアカード、室内練習場やご自宅などではパンフレットを使えば、理想のフォームをチェックできるのです。室内練習場やご自宅などではパンフレットを使えば、理想のフォームをチェックできる。

練習方法は、簡単です。グリーンに対してパターの底面をペタリとつけるだけ。その際に、上記写真のように周囲の方に頼んで紙を挟んでもらい、入らなければ大丈夫。これだけでまっすぐ行きます。

フォームが崩れて安定感がないゴルファーのほとんどの方が、パターを打つ際にだいたい少し左を向いています。そのうえ、左を向いているのを嫌がって押し出してしまい、思惑と違った方向や強弱でパッティングをしてしまうというパターンがあると思います。

安定感を生むには、とにかく左右の両肩とグリップの三角形をキープして、パターの底面を地面と平行にすることを心がけてください。とにかく左右の両肩とグリップの三角形をキープして、パターの底面を地面と平行にすること

パターが安定していれば、重心も安定し、ゴルフスイングそのものが芯に当たりやすくなります。

特に、ゴルフを始めるビギナーの方は、最初は小さいスイングから覚えていきますが、いずれスイング幅の大きいスイングにも取り組むことになる。その際にパターをしっかりと練習して安定させていれば、バックスイングや下ろす動作にも、いい影響を及ぼしてくれるはずです。

次回からは、「ハンサムスイング」コースラウンド実践編となります。ご期待下さい。

二本柳と城所昌光コーチ

Masamitsu Kidokoro
1975年生まれ。USGTF ティーチングプロ。インドアとコースレッスン経験14年にして、WGTF(世界ゴルフ教師連盟)から世界に約2万5,000人存在するティーチングプロのうちのトップ100人に選ばれる。2020年3月、元ツアーシード選手の前田雄大氏とともに、JR吉祥寺駅北口から徒歩3分にあるインドアゴルフサロン「吉祥寺ゴルフ倶楽部」をグランドオープン。設立からわずか4カ月ですでに会員は120人を超え、一躍注目の人気レッスンサロンへと成長させた。

吉祥寺ゴルフ倶楽部
住所:東京都武蔵野市吉祥寺本町1丁目8-3 三松ビルB2
TEL:0422-27-2927
営業時間:10:00〜21:00、土曜・日曜・祝日〜20:00
休み:年中無休
https://www.kichijoji-golf.club/

TEXT=ゲーテWEB編集部

PHOTOGRAPH=小林 司

PICK UP

STORY

MAGAZINE

1月号 Now on sale

キーワードは隠れ家!? 新しい時代の邸宅特集/表紙 近藤真彦

2021年1月号

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

1月号 Now on sale

キーワードは隠れ家!? 新しい時代の邸宅特集/表紙 近藤真彦

11月25日発売の「ゲーテ1月号」は新しい時代の邸宅特集! そのほか「仕事に効く”個性派”高級ウォッチ」や「賢者8人が選ぶ!秘蔵ワインリスト」も必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

Salon Memberになる