MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

FASHION

2022.10.17

ダイヤ35粒のペンダントほか、ハリー・ウィンストンの最旬ジュエリー選

連載「I Don’t WEAR Jewelry. I WEAR Art」今回は、まさしく“宝飾”の象徴、名門「ハリー・ウィンストン」。

ハリー・ウィンストンのジュエリー

己が何者であるか、その胸元が雄弁に語ってくれる

シンボルとは、言葉では表せない心象の表現。ハリー・ウィンストンは、それをレリジオンに基づくデザインと、ゴージャスなダイヤモンドで示した。一般に知られる十字架とは異なる形状で、スラブ系正教会などで用いられる八端十字架。通常先端が4つのところ、8つの先端を備えた十字架のことだ。これだけでも十分にシンボリックだが、あしらった合計35粒ものダイヤモンドが、その存在感をさらに高める。40×30mmというサイズも相まって、胸元で燦然と輝く姿は、まさにシンボリックであり神々しい。揺るぎない信念を持った、そんな男に見せてくれる。

ハリー・ウィンストンのジュエリー

ロシアンクロス・ペンダント¥6,380,000(ハリー・ウィンストン/ハリー・ウィンストン クライアントインフォメーション TEL:0120-346-376) ジャケット¥143,000、Tシャツ¥38,500、タンクトップ¥44,000(すべてリック・オウエンス/イーストランド TEL:03-6231-2970)

美しいだけじゃなく、強く輝いてこそダイヤモンド

ダイヤモンドをセットした小さなピースを連結させた、繊細にしてシンプルなテニスブレスレットは、ユニセックスで愛されている。ただし、ハリー・ウィンストンのブレスレットは、シンプルと呼ぶにはあまりにゴージャス。約0.26カラットのダイヤモンドを合計61粒も使用。エメラルドカットが静謐(せいひつ)な輝きを湛え、さらにプロングセッティング、いわゆる爪留めがダイヤモンドの存在感を強くアピールする。頭文字のHWをあしらったダイヤモンドのラペルピン然り、やはりハリー・ウィンストンの醍醐味は、ダイヤモンドの魅力を余すことなく主張してくれる点にある。

ハリー・ウィンストンのジュエリー

ブレスレット¥16,170,000、ラペルピン¥3,410,000(ともにハリー・ウィンストン/ハリー・ウィンストン クライアントインフォメーション TEL:0120-346-376) パンツ¥188,100[ジャケット、インナーは上記と同じ](すべてリック・オウエンス/イーストランド TEL:03-6231-2970)

 
■連載「I Don’t WEAR Jewelry. I WEAR Art」とは……
時にファッションとして、時にシンボルとして、またはアートに……。ジュエリーを身につける理由は、実にさまざまだ。だが、そのどれもがアイデンティティの表明であり、身につけた日々は、つまり人生の足跡。そんな価値あるジュエリーを紹介する。

↑ページTOPへ戻る

 

過去連載記事

TEXT=安岡将文

PHOTOGRAPH=秦 淳司

STYLING=櫻井賢之

HAIR&MAKE-UP=谷森正規(M TANIMORI LABO)

PICK UP

STORY

MAGAZINE

3月号 Now on sale

【ゲーテ3月号】表紙は三代目JSB。これから10年通い続けたい鮨&BARを大特集!

ゲーテ3月号

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

3月号 Now on sale

【ゲーテ3月号】表紙は三代目JSB。これから10年通い続けたい鮨&BARを大特集!

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]3月号が2023年1月25日に発売となる。今号の表紙を飾るのは三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE。さらなる高みへと挑戦する彼らの想いに迫った。総力特集は鮨&BAR。これから10年、20年通いたい、とっておきのカウンターを紹介する。そのほか、プロ野球選手・鈴木誠也やロック歌手・宮本浩次、シンガーソングライター/俳優・泉谷しげるのインタビューやゲーテ公式ECサイト「ゲーテストア」限定アイテムも必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる