MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

FASHION

2022.10.04

さり気ない洒落感のある大人のための鞄7選

真のラグジュアリーとはロゴがなくともわかるもので、何も大胆なグラフィックやブランドロゴがお洒落のすべてではない。大人の装いを引き上げる本質は、素材や仕立てはもちろんコーディネイトにこそ現れるのだ。攻めすぎずにそっと洒落感を与える、主役級の名脇役をご紹介。

bag

バッグ W36×H26×D5cm ¥308,000、スーツ ¥583,000、シャツ ¥77,000、ネクタイ ¥33,000、チーフ ¥24,200、シューズ〈参考商品〉(すべてトム フォード)、時計 ¥1,430,000、時計ストラップ ¥82,500(ともにトム フォード タイムピース/すべてトム フォード ジャパン TEL:03-5466-1123)

ビジネススタイルは鞄でアップデート

ビジネスシーンにおけるバッグは、品格を示す絶好のアイテム。差別化の難しいフォーマルな装いだからこそ、小物のセレクトが重要だ。スタンダードなブリーフは素材とデザインで、スマートなクラッチは色味でこなれ感を醸し出すのがいい。バッグひとつで纏う雰囲気も、相手への印象もよりよいものになるはず。

1.トム フォード/ミニマル化の現代にクラッチは重宝間違いなし

bag

上質なシボカーフのクラッチ。ゴールドのビッグジップでの適度な抜け感演出は、フォーマルなほどよく効く。
W36×H26×D5cm。¥308,000 トム フォード/トム フォード ジャパン TEL:03-5466-1123)

2.トフ アンド ロードストーン/曲線が美しいフォルムはデイリーユースにも応用可能

bag

丸みを帯びたハンドルとマグネットフラップが織り成す曲線が上品さを演出し、シュリンクカーフがソフトな印象を後押し。底鋲がつき自立するので、置いた時でも様になる。
W38×H30×D9cm。¥47,300(トフ アンド ロードストーン/ビームスF TEL:03-3470-3946)

3.グレンロイヤル/働いた証が鞄に宿る経年変化の味わえる逸品

bag

使うほどに味わいを増すブライドルレザーが男らしさを強調。室内もスリットがひとつだけのシンプルなデザインだが、PCパッドを備えた専用のアシストバッグがそれを補う。
W44×H29×D7cm。¥113,300(グレンロイヤル/ブリティッシュメイド 銀座店 TEL:03-6263-9955)

4.ブリオーニ/ソフトなグレインレザーが上品なモダンさをアピール

bag

軽量でソフトなグレインカーフを採用。スクラッチ防止加工により傷つきにくく、ショルダーストラップが付属する2WAY仕様も魅力。スッキリとした上品なルックスが特徴。W38×H28×D8cm。¥385,000(ブリオーニ/ブリオーニ クライアントサービス TEL:0120-200-185)

5.ベルルッティ/爽やかさを演出するブルーはグラデーションで深みを

bag

老舗メゾンの手がけるスクリットの意匠は、それだけで華やぎを与える。グラデーションのかかった鮮やかなブルーは、スーツにもなじみインパクトあり。
W29.5×H21×D2cm。¥185,900(ベルルッティ/ベルルッティ・インフォメーション・デスク TEL:0120-203-718)

6.スマイソン/レター型デザインがハズしのアクセントに

bag

13インチのPCが収納できるエレガントなクラッチは、バッグ・イン・バッグにも最適。耐傷性に優れたクロスグレインカーフを使用し、レター型フォルムがギャップ演出に持ってこい。
W35.5×H24.5cm。¥69,300(スマイソン/ヴァルカナイズ・ロンドン TEL:03-5464-5255)

7.セラピアン/スマートな大人にふさわしいシックな見た目と機能性を両立

bag

深いネイビーが合わせやすくシックさをアピール。大きく開口するL字型ジップに加え、背面にキャリーケースのハンドルにつけられるスリットを備えるなど機能性も充実。W36×H28×D4cm。¥94,600(セラピアン/リシュモン ジャパン セラピアン TEL:03-4461-8340)

TEXT=細谷駿人

PHOTOGRAPH=人物:畑中清孝、静物:舛田豊明

STYLING=水元章裕

HAIR&MAKE-UP=HIROKI

PICK UP

STORY

MAGAZINE

1月号 Now on sale

ゲーテ1月号表紙は松田翔太。エグゼクティブを刺激するスノーリゾート&時計の2大特集。

shota matsuda

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

1月号 Now on sale

ゲーテ1月号表紙は松田翔太。エグゼクティブを刺激するスノーリゾート&時計の2大特集。

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]1月号が2022年11月25日に発売となる。本格的なウィンターシーズンの到来に向け、今月号はスキーリゾートを大特集。さらに、新作タイムピースをピックアップした時計特集ほか、新ビジネスを始めた松山ケンイチ、松田翔太のインタビューやゲーテ公式ECサイト「ゲーテストア」限定アイテムも必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる