MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

FASHION

2021.12.07

マウンテンブーツの都会的着こなし術4選

靴からコーディネイトを考える洒脱巧者が多いように、実のところファッションの要はボトムスにある。そこでゲーテディレクター島田明が旬の靴とパンツを軸に、洒脱な装いを完成させるコーディネイトの法則を解説。ボトムスからの冬の着こなし、ぜひともアップデイトを。

着こなし改造計画

マウンテンブーツ×ニットパンツには、パーカにテーラードコート

「洒脱巧者に倣(なら)い足元から装いを決めたくなる旬の靴が、マウンテンブーツ。パンツは登山着風のリブつきがぴったりですが、素材がニットなら土臭くならず、リッチなリラックス感が漂います。エレガントなテーラードコートとスポーティなパーカ&ダウンベストを合わせ、相反する上品さと軽快さでバランスを取るのが鉄則です」

RALPH LAUREN PURPLE LABEL

RALPH LAUREN PURPLE LABEL

ブーツ¥212,300、パンツ¥136,400、パーカ¥209,000、ベスト¥166,100、Tシャツ¥24,200、バッグ¥246,400(すべてラルフ ローレン パープル レーベル) コート¥229,900(ラルフ ローレン/すべてラルフ ローレン TEL:0120-3274-20) 靴下¥5,500(オーラリー TEL:03-6427-7141)

ストイックな大人の装いを導くワントーン+αの方程式
「装いを大人らしく洗練させるテクニックのひとつが、全体の色数を減らすこと。とりわけネイビーのワントーンで揃えたコーディネイトは、上品かつストイックで都会に映えます。レザーのマウンテンブーツとトートバッグのみブラウンにすれば、大人らしいエレガントなニュアンスもプラス。スポーティなダウンベストも子供っぽくなりません」

AURALEE & PARABOOT

AURALEE & PARABOOT

ブーツ¥74,800(パラブーツ/パラブーツ青山 TEL:03-5766-6688) パンツ¥69,300(オーラリー TEL:03-6427-7141) コート¥115,500(タリアトーレ/トレメッツォ TEL:03-5464-1158) パーカ¥34,100(シーピーカンパニー/トライステイトジャパン TEL:03-6455-4332) ベスト¥79,200(ストーンアイランド TEL:03-5860-8360) 靴下¥4,180(バトナー TEL:03-6434-7007)

大自然にも周囲の人々にも優しい上品な装い
「シャモニーやダボスなどのヨーロッパの高級ウィンターリゾートには、機能的ながら洒脱でリッチなリゾートスタイルに身を包む富裕層が集います。マウンテンブーツにカシミアニットのパンツの組み合わせは、そんな彼らの装いを意識。自然の風景に溶けこむナチュラルカラーがポイントであり、上品な雰囲気にまとまります」

ETRO

ETRO

ブーツ¥152,900、パンツ¥105,600、コート¥297,000、パーカ¥102,300(すべてエトロ/エトロ ジャパン TEL:03-3406-2655) ベスト¥330,000(イザイア/イザイア ナポリ 東京ミッドタウン TEL:03-6447-0624) 靴下¥4,180(バトナー TEL:03-6434-7007)

ポイントに視線を集中させるアイキャッチ効果を発揮
「アクセントや差し色など、目を引くポイントを作るとスタイルが単調にならず洒脱に見えるものです。鮮やかなカラーを随所に用いたマウンテンブーツは、まさにそんなポイントにうってつけ。ブーツ以外のアイテムをダークカラーのトーンで統一すれば、足元にアイキャッチが集約されて効果的です。また、アイテムの色合わせが不要なのも高ポイント」

BATONER & JIMMY CHOO

BATONER & JIMMY CHOO

ブーツ¥132,000(ジミー チュウ TEL:0120-013-700) パンツ¥72,600、パーカ¥35,200(ともにバトナー TEL:03-6434-7007) コート¥104,500(イーヴォ/トヨダトレーディング プレスルーム TEL:03-5350-5567) ベスト¥42,900(エンジニアド ガーメンツ TEL:03-6419-1798) 靴下¥15,400(ジョンロブ/ジョン ロブ ジャパン TEL:03-6267-6010)

上級者の洒落感が際立つ相反するテイストの融合
「インパクトあるハウンドトゥース柄のマウンテンブーツは、落ち着いたリラックス感のあるニットパンツが好相性。さらにキャメルカラーのテーラードコートのエレガンスを加えれば、ブーツの強い存在感を中和することができます。こうした相反するテイストのアイテム同士を敢えて同居させ、バランスよくまとめる着こなしはトレンドのひとつです」

 

AKIRA SHIMADA
1963年東京都生まれ。雑誌『MEN’S CLUB』にて編集者としてキャリアをスタート。その後、雑誌『LEON』で編集長代理、『Esquire』でファッションディレクターを経て、2011年より小誌ファッションディレクターに就任。現在、Patrick CoxやHEADなど国内外のブランドのディレクターも務めている。

DIRECTION=島田 明

TEXT=竹石安宏(シティライツ)

PHOTOGRAPH=人物:前田 晃(MAETTICO)、静物:杉山節夫

STYLING=久保コウヘイ

HAIR&MAKE-UP=MASAYUKI(The Voice)

PICK UP

STORY

MAGAZINE

9月号 Now on sale

ゲーテ9月号はハワイ特集。最強のハワイガイドが完成!

2022年ゲーテ9月号

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

9月号 Now on sale

ゲーテ9月号はハワイ特集。最強のハワイガイドが完成!

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]9月号が2022年7月25日に発売。総力特集は「涙するハワイ」。誰しもの心の故郷ともいえるハワイをどこよりも早く、アップデートしたハワイ情報を一挙に紹介する。そのほか、二宮和也のインタビューやゲーテ公式ECサイト「ゲーテストア」限定アイテムも必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる