MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

FASHION

2021.11.27

デッカーズジャパン高見 薫「600足にもおよぶスニーカーは、自分の履歴書のような存在」

人生を取り憑かれた、熱狂的コレクターの偏食ぶりを拝見。まずは午前零時、神楽坂のとあるレストランの個室では、スニーカーをおかずに夜ごもり。熱々な“快食”が始まっていた。

デッカーズジャパン高見 薫

夢にも思わなかったスニーカーブームの到来

昨今の熱狂的スニーカー人気。そのルーツをたどると、1990年代に端を発した東京ストリートカルチャーとの関わりは切っても切れない。原宿エリアを中心に、ナイキのセールスとしてコラボ企画やさまざまなプロジェクトに携わってきた仕掛人でもあるデッカーズジャパンの高見 薫さんは、スニーカーシーンにおける生き字引的な人物だ。自宅を改装してつくった特注の棚には、高見さん夫婦が所有する約600足ものコレクションが整然と並ぶ。

今でこそスニーカーは世界的な市民権を得ているわけだが、高見さんが奔走していた’90年代はまったく別の世界だった。

「当時はスニーカーをファッションとして理解してくれる人は社内でさえわずかで、仕事場に履いていくなんてもってのほか。コラボモデルのプレゼンひとつ提案するのも苦労しました」

思い入れのある3足

高見さんがナイキジャパンに新卒入社した1991年に販売された思い入れのある3足。左から時計回りに、エア マックス BW、エア トレーナー マックス 91、エア ジョーダン6。何度か買い替えながら履き続けるほどのお気に入り。

日本でもスーツにスニーカーを組み合わせるのはさほど珍しいことではなくなった。現在のスニーカー人気について高見さんは続ける。

「まさか、これほどの世界的ブームが起こるなんて夢にも思いませんでした。私が所有するスニーカーの多くはどれも仕事から生まれた仲間とのつながりで自然と集まったもの。すべてに思い入れと、ストーリーがあります。最近よく履くスニーカーも物語があるものです」

スニーカーの仕事を通じて高見さんが得た最大の収穫は“人とのつながり”だという。

「ここにあるスニーカーは私にとって履歴書のような存在。その一部には、世に出回っていないモデルもありますが、今のトレンドには被らないのでプレ値はつかなそうです(笑)」

 

UGG® M 805 X MLT

UGG® M 805 X MLT
デッカーズに入社したことをきっかけに履き始めた1足。今では高見さんのワードローブに欠かせない。

Adidas Stan Smith

Adidas Stan Smith
アディダスに勤める友人からの贈り物。「スタン・スミスとロッド・レーバーにオマージュを捧げた左右非対称がツウ好み」と高見さん。

Keen Newport H2

Keen Newport H2
スニーカー界の重鎮・関村求道さんが手がけたフジロックとのコラボレーションによる1足。“ご縁”からいただいたものだという。

 

Kaoru Takami

Kaoru Takami
千葉県生まれ。1991年、ナイキジャパンに入社。’96年のナイキショップの立ち上げをはじめ、数々のプロジェクトに携わった。2018年からデッカーズジャパンに。

TEXT=戸叶庸之

PHOTOGRAPH=長尾真志

PICK UP

STORY

MAGAZINE

9月号 Now on sale

ゲーテ9月号はハワイ特集。最強のハワイガイドが完成!

2022年ゲーテ9月号

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

9月号 Now on sale

ゲーテ9月号はハワイ特集。最強のハワイガイドが完成!

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]9月号が2022年7月25日に発売。総力特集は「涙するハワイ」。誰しもの心の故郷ともいえるハワイをどこよりも早く、アップデートしたハワイ情報を一挙に紹介する。そのほか、二宮和也のインタビューやゲーテ公式ECサイト「ゲーテストア」限定アイテムも必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる