GOETHE

MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

FASHION

2021.11.26

【尾上松也×中村虎之介】歌舞伎界のスニーカー狂2人による夜な夜な対談

人生を取り憑かれた、熱狂的コレクターの偏食ぶりを拝見。まずは午前零時、神楽坂のとあるレストランの個室では、スニーカーをおかずに夜ごもり。熱々な“快食”が始まっていた。

熱狂コレクターの十八番

尾上松也:ジャケット¥495,000、Tシャツ¥92,400、パンツ¥162,800(すべてジョルジオ アルマーニ/ジョルジオ アルマーニ ジャパン TEL:03-6274-7070)、スニーカー/本人私物、その他スタイリスト私物/中村虎之介:ジャケット¥363,000、パーカ¥176,000、パンツ¥132,000(すべてヴァレンティノ/ヴァレンティノ インフォメーションデスク TEL:03-6384-3512)、スニーカー/本人私物、その他スタイリスト私物

歌舞伎界で密かに傾く、スニーカーブーム

とある平日の夜深く。場所は、スニーカーヘッズたちの間で一目置かれる神楽坂のステーキハウスだ。店主が収集したお宝が陳列された個室があるのがその理由。ここに、歌舞伎界きってのスニーカー好きのふたりが揃った。

恥ずかしながらまだ新人コレクター

松也 歌舞伎界では今、スニーカーが人気だよね。僕と虎がその中心。というか、虎はもっと前からスニーカー大好き人間だった。

虎之介 もともと好きだったから、松也さんが昨年ハマったのをきっかけに、気づけば僕も巻きこまれてしまいました。

松也 恥ずかしながら昨年デビューのド新人です(笑)。僕は今、虎のことを「師匠」と呼ばせていただいてます。というのも、ハマるまではまったく詳しくなく……。虎とは、ある公演で楽屋が一緒になり、偶然スニーカー談義で意気投合。そこに、(中村)七之助さんをはじめ何人も誘いこんで。

虎之介 (中村)仲四郎さんや(中村)鶴松くんも加えて……。

松也 ふたりで歌舞伎界にスニーカー勢力を拡大していますよね、師匠(笑)。ちょうど昨年の自粛期間中に、家でマイケル・ジョーダンのドキュメンタリー『ラストダンス』を見たのがきっかけ。僕ら世代にとってジョーダンといえば、ヒーローですから。それでグッと熱くなって。流れで漫画『スラムダンク』を読み返しているうちに、やっぱりスニーカーっていいなと。せめて「エア ジョーダン」を1足くらい、と買ってしまったのが、運の尽きと言いましょうか。

虎之介 スニーカーから遠かったぶん、爆発しましたね。ここまで急激に変わる人もなかなかいないですよ。普通はわりと選別しますけど、松也さんは、欲しいのを我慢できない。

松也 そう(笑)。虎は、いわゆるスニーカーブーム世代ではないよね。どうして好きなの?

虎之介 ジャスティン・ビーバーがライブで履いていたスープラが、めちゃくちゃカッコよかったのが最初。それに、高校時代はAPE、大学でUNION、今はNIGO®さんが率いるHUMAN MADEというブランドで働いているので、ファレル・ウィリアムスとのコラボなど、カルチャー的な要素にも惹かれました。

松也 わかる!それと“師匠”には、いつも着こなしについても指導していただいてます。今年はスニーカーにハマって初めての夏を迎えたので、「アレっ、俺が持っているハイカットは、どう履きこなしたらいい?」って。

虎之介 夏はローカットが基本ですねって言ったら、松也さんは突如、ローカットも集め始めましたからね(笑)。

松也 SBダンクのP-rodモデルとか、トラヴィス・スコットとフラグメントがコラボしたエア ジョーダン1とか。師匠が夏のソックスは白一択って言うものですから、言うとおりに揃えるのは大変。会うたびにあれこれ教えてくれるので、お金がかかってしょうがない。

虎之介 優秀な教え子です(笑)。

購入の決め手はカッコいいか否か

松也 選ぶ時は何を見てる?

虎之介 第一印象とパッションがあるかです。

松也 同じ。でも、大体プレ値がついて高くなっている、欲しいものほど。

虎之介 いいモデルほど、プロモーションも巧みなので、いっそう欲しくなりますよね。

松也 どうしても欲しいふた桁万円モデルと対面した時は、さすがに無理と思ったけど、憧れの1足だったので、これでひと区切りしようって。その壁も崩壊させてしまい……。そうなるともうダメ。

虎之介 実は、終わりの始まりだったというスニーカー沼(笑)。ところで松也さんはインターネットで買うことも多いですか?

松也 もちろんあるけど、結局はお店で買うよね。ショップにとにかく赴くこと。意外な出会いや発見も多いから。

虎之介 定価やセールなど、安く掘りだし物を見つけられたりするのが楽しい。かつてはインターネットの抽選もなくて、僕もよく朝6時とかから行列に並びました。そういう苦労の先に、お目当ての品を手に入れるのが嬉しいですよね。

松也 やはり情報は足で稼がないと。ですよね、師匠。

スニーカーと歌舞伎!?意外なふたつの共通点

松也 たかがスニーカー、されどスニーカー。知れば知るほど惹かれる。

虎之介 それは歌舞伎も同じで、どちらも精神が受け継がれてきた世界。

松也 歌舞伎は長い時間をかけて受け継がれてきたストーリーや伝統がある一方、歴史こそ浅いけど、スニーカーにも深い話があるよね。かつてマイケル・ジョーダンが、NBAで禁止されていたブレッド(黒×赤)のバッシュを、罰金を払ってでも履いてプレイした話とか。物語がある。意識しているわけではないのですが歌舞伎俳優とスニーカーという組み合わせもカッコいいなと。自分は別にしても、今日のお稽古で(市川)猿之助さんが、ダンクのミシガンを汚して履いていらしたのは、カッコよかった。

虎之介 おお、粋ですね。父(中村扇雀)も私の影響で60代からスニーカーにハマって、先日スーツにYEEZYを合わせていましたから。

松也 そうそう、カッコいい先輩方がいらして、真似をしたいと思う。誰に何を言われようと、ここまでハマれる楽しみに出会えてよかったなと。

虎之介 ただ、嵩張(かさば)るんですよ。
松也 足はふたつしかないのに。もう部屋が足りないよ(笑)。

尾上松也

尾上松也
「ふた桁万円を最後にしようと…、スニーカー沼にハマるプロローグでした」

Nike SB Dunk Low “What The P-rod” (右上)
左右ネガティブがお洒落なローカット。「七之助くんと虎と僕、3人お揃いで買いました」

Nike Air Jordan XX9 (右下)
通称「フォトリール」と呼ばれる名品。「ふた桁万円を超えて入手した記念すべきモデル」

Nike Air Pippen 1 Kith (左上)
KITHのロニー・ファイグが手がけた1足。「ジョーダン買ったらピッペンも必要ですよね」

Nike Air Jordan 1 (左中央)
ジョーダンの息子が経営する「トロフィールーム」限定。「師匠と訪れた長野の店で一目惚れ」

Nike Air Jordan 5 Retro Fire Red (左下)
「スラダンブームが再燃して購入した流川楓モデル。めちゃくちゃカッコいいなとぞっこん」

Nike Air Jordan 1 J Balvin (足元)
コロンビア出身のラテン系シンガーとのコラボ。「ピンクソールにニコちゃんが最高! 」

Matsuya Onoe
1985年東京都生まれ。’90年2 代目尾上松也を名乗り初舞台。近年は、歌舞伎以外の公演にも積極的に参加。現在スニーカーは100足超え、棚を設えた専用部屋をつくったばかり。

中村虎之介

中村虎之介
「朝6時から行列に並んだことも。情報は足で稼がないとダメ!」

Nike Air Jordan 1 Low Travis Scott Fragment (右上)
世界的ラッパーと藤原ヒロシによるコラボ。「ジョーダンのなかで一番興奮したモデル」

Adidas Solar HU F&F Human Made (中央上)
ヒューマンメイドとのコラボスニーカー。「ファレルの奥さんが履いていた激レア」

Adidas Consortium Country F&F Human Made (中央下)
名作カントリーにブーストソールを装着。「非売品だと思います。軽くてカッコいいですね」

Adidas Tokio Solar Human Made (左)
ブーストソールを装着した東京オリンピックモデルをアレンジ。「白は合わせやすいんです」

Nike Air Jordan 1 Retro Hi NRG/UN (足元)
「このレトロカラーの組み合わせが秀逸。松也さんとのコーディネイトに合わせてみました」

Toranosuke Nakamura
1998年東京都生まれ。父は3 代目中村扇雀。’06年に中村虎之介を名乗り、初舞台を果たす。ファッションディレクターのNIGO®氏との親交も深く、そのブランド広告にも出演。

カウマン ステーキ クラブ ザ ルーム
住所:東京都新宿区神楽坂6-67-1
TEL:03-6265-0466
営業時間:17:00~23:00(L.O.22:00)
休業日:月曜(祝日の場合は翌平日)
詳細はこちら

TEXT=高村将彦

PHOTOGRAPH=前田 晃(MAETTICO)

STYLING=椎名宣光

HAIR&MAKE-UP=岡田泰宜

PICK UP

STORY

MAGAZINE

1月号 Now on sale

ゴルフをもっと探究すべきだ!ゲーテ1月号は完全保存版のゴルフライフ特集。

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

1月号 Now on sale

ゴルフをもっと探究すべきだ!ゲーテ1月号は完全保存版のゴルフライフ特集。

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]1月号が11月25日に発売となる。エグゼクティブが知っておくべきゴルフ場やギアなど、ゴルフライフが一層楽しくなる大特集。そのほか、最新ゴルフウェアを大胆に纏った鷲見玲奈のグラビアや、秘蔵の腕時計特集も必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる