GOETHE

MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

FASHION

2020.11.29

ラグジュアリーブランドの最旬カーディガンジャケット4選【ジョルジオ アルマーニ、ブルネロ クチネリ、ロロ・ピアーナ、ルイ・ヴィトン】

ビジネス環境の変化により、新たなビジネスウェアが求められる現在。本誌が推奨するのが軽快な仕立てでカーディガンのような着心地のジャケットだ。タイドアップもノータイもきまり、オフィス&リモートワークに対応。それは着方も改革する、新時代の仕事服だ。

GIORGIO ARMANI

GIORGIO ARMANI

ノンストレスの着心地と凛としたエレガンスをひとつに
“マエストロ”ジョルジオ・アルマーニ氏本人も愛用する、カシミアを贅沢に使用したミニマルなジャージージャケット。ブランドが得意とするアンコン仕立てに加え、ジャージー素材ならではの伸縮性を損なわないロックミシンによる縫製を採用することで、まさしくカーディガンのようにノンストレスな着心地が味わえる。それでいてボタンを閉めると端正な雰囲気となり、ビジネスシーンでも十分通用するエレガンスを表現できるのは、高度なテーラリング技術のなせる技に他ならない。右:ジャケット¥400,000、シャツ¥86,000、タイ¥24,000、チーフ¥15,000、パンツ¥133,000、靴¥85,000 左:ジャケットは右と同じ。トップス¥173,000、パンツ¥173,000、ブーツ¥100,000、ベルト参考商品(すべてジョルジオ アルマーニ/ジョルジオ アルマーニ ジャパン TEL:03-6274-7070) サングラス¥37,200(ジョルジオ アルマーニ/ルックスオティカジャパン カスタマーサービス TEL:03-3514-2950)

BRUNELLO CUCINELLI

BRUNELLO CUCINELLI

平日も休日のようにリラックスして過ごせるツイーディなニットジャケットの価値
一見ドネガルツイードのような生地は、なめらかなウールカシミアナイロンのニット素材。着心地はカーディガンそのものだが、ネップ(糸の節)までリアルに表現された味わい深いツイーディな表情とテーラード然とした仕立てにより、オン・オフ双方で上品に着こなせる。ライニングも用いられていないためセーター並みに軽量で動きやすく、カシミアブレンドによって暖かさや肌触りも申し分なしだ。右:ジャケット¥270,000、ベスト¥140,000、シャツ¥82,000、タイ¥40,000、パンツ¥94,000、靴参考商品(すべてブルネロ クチネリ/ブルネロ クチネリ ジャパン TEL:03-5276-8300) 眼鏡¥45,000(アイヴァン 7285/アイヴァン 7285 トウキョウ TEL:03-3409-7285) 左:ジャケットは右と同じ。ダウンベスト¥180,000、セーター¥248,000、Tシャツ¥57,000、パンツ¥178,000、ベルト¥82,000、スニーカー¥120,000(すべてブルネロ クチネリ/ブルネロ クチネリ ジャパン TEL:03-5276-8300)

LORO PIANA

LORO PIANA

新しい時代にこそ真価を発揮するオリジナルファブリックの機能と高級感
ロロ・ピアーナを代表する「マドリード・サルトリアル」モデルの新作ジャケット。随所に用いられたサルトの高度なハンドワークや柔軟かつ立体的なコットン・キャンバス仕立て、美しく完璧なカッティングなどにより、無類の着心地が味わえる。ブラウンベースにボルドーとダークグリーンのオーバーペーンが映える生地は、独自に開発したカシミア・レインシステム®ファブリック。カシミアのソフトな肌触りを損なうことなく撥水加工が施されており、天候を気にせずニットのような軽さとなめらかさを享受できる。また敢えて起毛加工を施していないため、すっきりしたクリアな表情となっており、ビジネスシーンでも凛々(りり)しく着こなせるはずだ。右:ジャケット¥435,000、パンツ¥229,000、シャツ¥57,000、タイ¥27,000、靴¥101,000 左:ジャケットは右と同じ。セーター¥259,000、ジーンズ¥69,000、スニーカー¥102,000(すべてロロ・ピアーナ/ロロ・ピアーナ ジャパン TEL:03-5579-5182)

LOUIS VUITTON

LOUIS VUITTON

テーラードジャケットを進化させるストリートの息吹とラグジュアリーの品格
メンズ アーティスティック・ディレクターを務めるヴァージル・アブローの指揮の下、ストリートとラグジュアリーが見事に溶け合う革新的スタイルを打ちだしているルイ・ヴィトン。新たに登場したネイビージャケットも一見いたってベーシックかつエレガントだが、なめらかな肌触りのウールシルク製オリジナルダブルフェイスファブリックを用いており、内側にはモノグラム・モチーフを散りばめたカモフラージュ・パターンをジャカード織りで表現。前合わせやフラップから覗くたび、洒脱な遊び心と個性を演出する。また左袖にLVイニシャル入りのレザータブがさり気なくあしらわれており、ラグジュアリーな雰囲気も醸す。右:ジャケット¥344,000、シャツ¥74,000、タイ¥24,000、パンツ¥118,000、靴¥106,000 左:ジャケットは右と同じ。シャツ¥165,000、セーター¥136,000、パンツ¥165,000、スニーカー¥99,000(すべてルイ・ヴィトン/ルイ・ヴィトン クライアントサービス TEL:0120-00-1854)

DIRECTION=島田 明

TEXT=竹石安宏(シティライツ)

PHOTOGRAPH=前田 晃〈人物〉

STYLING=久保コウヘイ

HAIR&MAKE-UP=MASAYUKI(The VOICE)

PICK UP

STORY

MAGAZINE

2月号 Now on sale

謎に包まれたアートの仕事を徹底解剖!/表紙 西野七瀬

GOETHE 2021年2月号

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

2月号 Now on sale

謎に包まれたアートの仕事を徹底解剖!/表紙 西野七瀬

12月24日発売の「ゲーテ2月号」は豪華3本立て! 総力特集は「アートのお仕事」。アートの世界で働く仕事人たちを徹底取材! 一度心を捉えたら離さない、アートの奥深い魅力を大公開します。また、多彩な活躍をする西野亮廣が時代をつくる才能の育て方を激白。さらに、競馬界のレジェンド武豊さんに1年密着取材を敢行! 孤高のジョッキーの光と影が語られます。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

Salon Memberになる