GOETHE

MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

ENTERTAINMENT

2020.11.17

伝説のロックバンド、ザ・バンドが愛される理由が詰まった映画

ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった

©Robbie Documentary Productions Inc.2019

ボブ・ディラン、エリック・クラプトン、坂本龍一らも

ドキュメンタリー映画『ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった』が公開中だ。ザ・バンドは世界中のミュージシャンに愛されリスペクトされた。

ボブ・ディランはツアーをともにし、ニューヨーク郊外のウッドストックに彼らを呼び寄せた。その地にエリック・クラプトンがメンバーにしてほしいと押し掛けた。坂本龍一はアルバム『ビューティ』でギターのロビー・ロバートソンに、吉田拓郎は『Shangri-La』でキーボードのガース・ハドソンにオファー。佐野元春はガースをゲストに迎えて、ツアーを行った。

映画は、バンドの中心的存在だったロビーのインタビューと秘蔵映像を主に構成。彼らが唯一無二である理由が見えてくる。

生活も時間も感情も共有して生まれた土の匂いのロック

ザ・バンドは全員で音楽をつくり、演奏し、歌う。誰ひとり欠けても成立しない。ともに暮らしていた最盛期は、音楽とプライベートの境界線などなかった。生活のすべてが音に直結していた。ONとOFFの切り替えのようなきれいごとなどない濃密な生活から、土の匂いのするロックが生まれたのだ。

ぜひザ・バンドのラストショーを描くマーティン・スコセッシ監督の名作『ラスト・ワルツ』も観てほしい。ロックバンドの終焉の哀愁を体験できる。

 

『ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった』

『ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった』
ザ・バンドのドキュメンタリー。ギターのロビーとドラムのリヴォン・ヘルムの愛憎が切ない。角川シネマ有楽町、渋谷WHITE CINE QUINTOほか全国で順次公開。
2019/カナダ、アメリカ
監督:ダニエル・ロアー
出演:ザ・バンド、マーティン・スコセッシ、
ボブ・ディラン、ブルース・スプリング
スティーン、エリック・クラプトンほか

 

TEXT=神舘和典
1962年東京都生まれ。音楽ライター。『ジャズの鉄板50+α』(新潮新書)、『25人の偉大なジャズメンが語る名盤・名言・名演奏』(幻冬舎新書)など著書多数。

TEXT=神舘和典

PICK UP

STORY

MAGAZINE

1月号 Now on sale

キーワードは隠れ家!? 新しい時代の邸宅特集/表紙 近藤真彦

2021年1月号

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

1月号 Now on sale

キーワードは隠れ家!? 新しい時代の邸宅特集/表紙 近藤真彦

11月25日発売の「ゲーテ1月号」は新しい時代の邸宅特集! そのほか「仕事に効く”個性派”高級ウォッチ」や「賢者8人が選ぶ!秘蔵ワインリスト」も必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

Salon Memberになる