GOETHE

MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

ENTERTAINMENT

2019.08.11

ミズ・マーベル「マーベルの世界観を体現する女子高生ヒーロー」【マーベル女性ヒーロー図鑑】

国籍や人種、宗教、性別を超えて、多種多様なヒーローが活躍するマーベルの世界。特に最近は、女性ヒーローの活躍が目覚ましい。そこで、この連載では映画でも活躍する人気キャラクターから知る人ぞ知るマイナーキャラまで、強くて美しいマーベルの女性ヒーローをマニアックに紹介していきます。第5回は2013年に登場した新しいキャラクターながら、世界的な注目を集めるミズ・マーベルを取り上げます。

ミズ・マーベル

イスラム教徒初の主役

今年5月に公開された映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』が、約10年間首位をキープしてきた『アバター』を抜き、世界興行収入1位に輝きました。なぜ、世界の人々はマーベル作品に夢中になっているのでしょう? 様々な要因があると思いますが、個人的にはマーベルが時代を反映させながら、国籍、人種、性別、宗教、その他諸々を超えたボーダーレスな世界観を作り上げてきたからだと感じています。

マーベルのボーダーレスな世界観を象徴するヒーローとして、今回はミズ・マーベルを取り上げます。まずは、ミズ・マーベルという名前について少しだけ説明しておきます。

マーベルでは、これまで4人のキャラクターがミズ・マーベルを名乗りました。1人目はキャプテン・マーベルとしておなじみのキャロル・ダンバース。彼女は若い頃に、ミズ・マーベルのコードネームを用いていました。2人目はシー・シングになったシャロン・ベンチュラ、3人目はスーパーヴィランのムーンストーンことカーラ・ソフェン。この2人も一時期、ミズ・マーベルの名を使っていました。そして、今回紹介するのが4人目のミズ・マーベル。本名はカマラ・カーンといいます。

カマラ・カーンは80年の歴史をもつマーベル・コミックスの中では新しいキャラクターで、初登場は2013年8月発行の『Captain Marvel』#14。その後、2014年2月にスタートした『Ms. Marvel』で主役に抜擢されます。このシリーズは大ヒットを記録し、単行本の第1巻は2015年にSF・ファンタジー分野の優れた文学作品に贈られるヒューゴー賞最優秀グラフィック・ストーリー部門を受賞しました。

『Captain Marvel』#14。

カマラ・カーンのデビューは2013年8月発行の『Captain Marvel』#14。キャプテン・マーベルの活躍を目撃し、憧れる様子が描かれている。

『All-New Marvel NOW! Point One』。

2014年3月発行の『All-New Marvel NOW! Point One』では、カバーイラストに登場。

コミックファンに高い評価を得るとともに、カマラ・カーンは新聞の社会面などでも大きく取り上げられます。カマラは一躍、世界が注目する“時の人”となったのです。

注目を集めた最大の理由は、カマラのキャラクター設定です。カマラは、アメリカのニュージャージー州に暮らすパキスタン系アメリカ人。17歳のティーンエイジャーで、地元の高校に通っています。そしてカマラは家族とともにイスラム教を信仰しています。イスラム教徒が物語の主役になるのは、マーベル史上初めてのことでした。

カマラ・カーンを生み出したのは、マーベルの編集者サナ・アマナット氏。彼女もまた、イスラム教徒です。以前、マーベル・コミックスの編集長C.B.セブルスキー氏にインタビューした際に、「カマラ・カーンはサナだからこそ生まれたキャラクター。多くの人がイスラム教徒と聞いてイメージする姿ではなく、現実にいる等身大のヒーローとしてカマラ・カーンを描くことができた」と話していました。

例えば、私たちはイスラム教徒の女性と聞くと、頭を布で覆ったヒジャブ姿を思い浮かべます。でも、現実世界のムスリムには、ヒジャブをつけない人も多い。そうした現状をありのままに描いているのが、ミズ・マーベルという作品なのです。17歳は多感な年代ですから、様々なことに思い悩みます。学校での友人関係や親への不満、恋、勉強、将来について……。カマラはスーパーヒーローである以前に、ごく普通の女子高生です。ティーンエイジャーなら誰もが抱える苦難に悩み、乗り越えていく姿に、読者は共感し親密さを感じるのです。

コミック『Ms. Marvel』は、同世代の若者はもちろん、大人にもおすすめしたくなる内容です。考えさせられること、教えられることが本当に多い。国籍や人種、宗教の違いは、人間の本質を決めるものではない。作品を読むたびに、そう感じさせられます。ぜひ一度、読んでみてください。ヒューゴー賞受賞の第1巻は、日本語翻訳版も出ています。

『Ms. Marvel』。

2014年、カマラ・カーンを主役にした『Ms. Marvel』がスタート。マーベルのコミックでイスラム教徒が主人公になるのは初めてのこと。大きなニュースになった。

前向きな姿にファンが共感

では、ミズ・マーベルの能力について紹介します。高校のパーティに出かけた帰り道、カマラはテリジェンミストを浴び、潜在的に有していたインヒューマンの能力が目覚めます。その能力とは変身能力。体を巨大化させたり、縮小させたり、自由自在に体のサイズを変えることができます。

体の一部だけを伸縮させることも可能で、例えば手のひらをハンマーのように巨大化させて敵を打ちのめすといった使い方ができます。この能力を得たカマラは、長年憧れの存在であったキャプテン・マーベル、すなわちキャロル・ダンバースが若い頃に名乗っていたミズ・マーベルの名を引き継ぎます。

ミズ・マーベルとなったカマラは、さまざまな敵と戦います。なかでも、スパイダーマンとともに戦うストーリーは、印象的な作品の一つ。スパイダーマンもカマラと同様に10代のスーパーヒーローで、私生活での悩み事が多い点も共通しています。失敗が多く、くよくよと思い悩みもするけれど、何とかやり遂げようと前向きに頑張る。そんな健気な姿が、ファンを惹きつける理由でしょう。

カマラはヒーローとしての活躍を重ね、アベンジャーズの正式メンバーとなります。その後、アベンジャーズから独立した10代のヒーローたちが結成したチーム「チャンピオンズ」に所属。さらにクェイクやムーンガールとともに「シークレット・ウォーズ」というチームにも参加します。

『Ms. Marvel Volume 6 : Civil War Ⅱ』(2016年)。

カマラの憧れの存在であったキャプテン・マーベルと対立する『Ms. Marvel Volume 6 : Civil War Ⅱ』(2016年)。どちらが正しいかということではなく、物事にはいろいろな見方があることを教えてくれる。

活動の場を広げるカマラ・カーン。彼女が活躍するストーリーを楽しめば、ボーダーレスな世界観に視野が広がり、世界がぐっと近くなったような気がします。これからも長く付き合っていきたい。そんなふうに思わせる、親近感あふれるスーパーヒーローです。

 

ミズ・マーベル
本名/カマラ・カーン
出身/アメリカ、ニュージャージー州
身長/162.6cm
体重/52.2kg
瞳/ブラウン
髪/ブラック
能力/変身能力

※マーベル公式サイトはこちら

TEXT=川岸 徹

PICK UP

STORY

MAGAZINE

1月号 Now on sale

キーワードは隠れ家!? 新しい時代の邸宅特集/表紙 近藤真彦

2021年1月号

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

1月号 Now on sale

キーワードは隠れ家!? 新しい時代の邸宅特集/表紙 近藤真彦

11月25日発売の「ゲーテ1月号」は新しい時代の邸宅特集! そのほか「仕事に効く”個性派”高級ウォッチ」や「賢者8人が選ぶ!秘蔵ワインリスト」も必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

Salon Memberになる