MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

ART

2023.03.01

前回は70万人を動員! 「ルーヴル美術館展 愛を描く」が国立新美術館で開催

美の殿堂、ルーヴル美術館に飾られる名画を、日本で間近に楽しめる。前回、東京と大阪で約70万人を動員した展覧会が、2023年3月から国立新美術館で再び開催される。

ジャン=オノレ・フラゴナール《かんぬき》

ジャン=オノレ・フラゴナール 《かんぬき》 1777-1778年頃、パリ、ルーヴル美術館
Photo © RMN-Grand Palais(musée du Louvre)/Michel Urtado/distributed by AMF-DNPartcom

精選された73点の名画でひもとく多様な「愛」の形

今回の『ルーヴル美術館展』では、「愛」をテーマに全73点の作品が一堂に集結。

18世紀のフランスを代表する画家、ジャン=オノレ・フラゴナールの「かんぬき」が26年ぶりに来日するほか、新古典主義の巨匠、フランソワ・ジェラールの「アモルとプシュケ」など、西洋美術史に名を刻む傑作の数々が並ぶ。日本で初めてお披露目される作品もあるので、貴重な機会に足を運びたい。

パートナーと一緒に出かけて、さまざまな愛の形を味わってほしい。

ルーヴル美術館展 愛を描く
会場:国立新美術館
会期:2023年3月1日(水)〜6月12日(月)
住所:東京都港区六本木7-22-2
TEL:050-5541-8600
開館時間:10:00〜18:00、金・土曜10:00〜20:00(入場は閉館の30分前まで)
休館日:火曜(3月21日、5月2日は開館、3月22日は休館)
料金:¥2,100

TEXT=ゲーテ編集部

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

3月号 Now on sale

【ゲーテ3月号】表紙は山﨑賢人。家づくりは究極の大人の遊び、“多拠点邸宅”特集

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

3月号 Now on sale

【ゲーテ3月号】表紙は山﨑賢人。家づくりは究極の大人の遊び、“多拠点邸宅”特集

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ3月号』が1月25日に発売となる。今回の特集は“多拠点邸宅”。人生を楽しみ尽くすための、こだわりの邸宅をご紹介。表紙を飾るのは俳優・山﨑賢人。その他にも伊勢谷友介の器コレクションや俳優・川口春奈へのインタビューなど必読だ。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる