MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

ART

2023.01.26

草間彌生の新収蔵作品も! ポーラ美術館にて、「部屋のみる夢―ボナールからティルマンス、現代の作家まで」開催

コロナ禍で生活様式が変化し、仕事や日常生活を「部屋」で過ごすことが増えた。改めて部屋という存在に向き合う機会となったのではないだろうか。箱根のポーラ美術館では、そんな「部屋」を主題に、19世紀から現代にいたるまで、多様なアーティストの約50点にのぼる作品を展示する。

草間彌生《ベッド、水玉強迫》

草間彌生《ベッド、水玉強迫》2002年、ポーラ美術館 ©YAYOI KUSAMA

多様な時代や文化で生みだされた「部屋」をめぐる表現

今回の開催に合わせてヴォルフガング・ティルマンスと草間彌生の新収蔵作品が展示されるほか、19世紀末のナビ派を代表する画家であるピエール・ボナールとエドゥアール・ヴュイヤールが食卓や書斎をモチーフに描いた作品なども並ぶ。

それぞれのアーティストが独自の視点で描いた作品の数々は、今だからこそより響くのだろう。

部屋のみる夢―ボナールからティルマンス、現代の作家まで
開催期間:2023年1月28日(土)~7月2日(日)
会場:ポーラ美術館
住所:神奈川県足柄下郡箱根町仙石原小塚山1285
TEL:0460-84-2111
営業時間:9:00〜17:00(入館は16:30まで)
料金:¥1,800
詳細はこちら

TEXT=ゲーテ編集部

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

4月号 Now on sale

【ゲーテ4月号】特集は価値観を覆す過激なエクストリーム旅。表紙にはプロスケーター・高橋大輔が登場

表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

4月号 Now on sale

【ゲーテ4月号】特集は価値観を覆す過激なエクストリーム旅。表紙にはプロスケーター・高橋大輔が登場

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ4月号』が2月24日に発売となる。簡単には経験できない、人生を変える過激な旅を総力取材。さらに旅のエキスパートたちの相棒アイテムも紹介。プロスケーター高橋大輔の貴重な撮り下ろしカットを多数掲載収録。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる