MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

GOURMET

2022.09.22

ワインジャーナリストが厳選! 今後も値上り必至なワイン8銘柄

ワインジャーナリスト柳 忠之氏が厳選した値上がり必至の8銘柄をご紹介! 【特集 情熱の酒】

躍るワイン投資2022

ワイン投資、要注目銘柄ベスト8

’90年代からワインを嗜んできた人たちが、近頃、決まっていうセリフが、「あの時飲まずに取っておけば……」。それもそのはず、当時20万円で買えた’89年のロマネ・コンティが、今や平均相場300万円である。

投資のプロに言わせると、ワインへの投資はすでに旬が過ぎたそうだが、ここにも挙げたシャルル・ラショーのアリゴテのように、時折、意外な銘柄が途方もない値段をつけるあたり、まだチャンスは残っている模様。

ワイン投資のポイントは、生産量の少なさ、熟成のポテンシャル、そして名声。そこで今後、値上がり必至の銘柄を、ワインジャーナリスト柳 忠之氏が独断と偏見で厳選した。

たとえ予想が外れて値下がりしても、飲んで楽しめるのがワインのよいところだ。

 

1. Charles Lachaux / Bourgogne Aligoté Les Champs d’Argent

アリゴテといえばふつう2000円程度の日常ワイン。しかし、ブルゴーニュの若手ナンバーワン、シャルル・ラショーのアリゴテは今や20万円に達する。彼はヴォーヌ・ロマネの名門、アルヌー・ラショーの跡取り息子でマダム・ルロワの信奉者。ファーストヴィンテージを蔵で樽から飲ませてもらったが、ものすごいパワーを感じた。

Charles Lachaux / Bourgogne Aligoté Les Champs d'Argent

市場価格(2020年):¥108,900~¥223,000
注目度:★★★
生産国:フランス
流通量:★

2. Jean-Yves Bizot / Échézeaux

昔から決して安くはなかったが、昨今さらに高値更新中のジャン・イヴ・ビゾー。0.6haの面積から造られるエシェゾーは生産量が少なく、入手の難しさはDRCのエシェゾーの比ではない。ワイン自体は色調の淡い、いわゆる薄旨系。酸化防止剤をほとんど使用しない非介入のつくりにもかかわらず、長期熟成にも耐えるようだ。

Jean-Yves Bizot / Échézeaux

市場価格(2020年):¥1,200,000〜¥1,420,000
注目度:★★★
生産国:フランス
流通量:★

3. Exceptionnelle Vendanges des Sept Domaines / Montrachet Grand Cru 2016

霜害で収穫量が極端に少なかった2016年に、DRC、ラフォン、ルフレーヴなど7つのドメーヌがブドウを持ち寄り、2樽だけ醸造した特別なモンラッシェ。そのうち500本が蔵出しおよそ80万円で販売されたが、今年4月、サザビーズでの落札額はなんと1,280万円! 究極のレアものゆえに、間違いなく今後も値の上がるボトルだ。

Exceptionnelle Vendanges des Sept Domaines / Montrachet Grand Cru 2016

市場価格:¥12,800,000
注目度:★★★
生産国:フランス
流通量:★

4. Château Figeac

今年10年ぶりに見直しが予定されているサンテミリオンの格付け。横綱にあたるプルミエ・グラン・クリュ・クラッセAの地位を虎視眈々と狙い、この10年間、敏腕コンサルの起用やワイナリーの設備刷新などを進めてきたのが現大関のシャトー・フィジャック。念願かない昇格が決まれば、今年のヴィンテージは値上がり必至。

Château Figeac

市場価格(2018年):¥27,900〜¥65,400
注目度:★★
生産国:フランス
流通量:★★★

5. Krug Grande Cuvée 164ème édition

エディションナンバーが打たれるようになったクリュッグ グランド・キュヴェ。164と165は生産量が少なく、フランス、アメリカ、イギリス、イタリアの4カ国でのみ販売され、日本では正式には未発売。ところが2008年ベースの164は非常にできがよく、マニアの間では超人気。今後、他のエディションよりも値が上がりそう。

Krug Grande Cuvée 164ème édition

市場価格:¥42,000〜¥93,500
注目度:★★
生産国:フランス
流通量:★★

6. Charles Heidsieck “Cuvée Champagne Charlie” Cellared in 2017

先日、日本で発表されたばかりのシャルル・エドシックのフラッグシップ。’79年から’85年までに5ヴィンテージだけ造られディスコンになった、”キュヴェ・シャンパーニュ・チャーリー”がマルチヴィンテージとなって復活した。生産量はわずか5500本で、国内価格は10万円。質の高さと話題性、少ない生産量と、投資要素は出揃った。

Charles Heidsieck "Cuvée Champagne Charlie" Cellared in 2017

市場価格:¥100,000
注目度:★★
生産国:フランス
流通量:★

7. Catena Zapata Adrianna Vineyard Mundus Bacillus Terrae Malbec

ナパのカベルネ以外で、ニューワールドから将来的お宝ワインを選ぶならば、質の高さと熟成のポテンシャルでアルゼンチンのマルベックをおいて他にない。なかでもウコ・ヴァレーのグアルタジャリまたはパラヘ・アルタミラ産。現在、最高のマルベックといえるのが、カテナ・サパータがグアルタジャリでつくるこれだ。

Catena Zapata Adrianna Vineyard Mundus Bacillus Terrae Malbec

市場価格(2018年):¥21,900〜¥47,900
注目度:★
生産国:アルゼンチン
流通量:★★

8. Château d’Yquem

「何を今さら」と言われそうなくらいポピュラーな貴腐ワインの王様。ところが甘口ワインは不人気で、身売りや辛口へとシフトしたりするシャトーが増加中。それでも最後に残るのは100年以上の熟成にも耐えるシャトー・ディケム。パーカーポイント100点でも平均5万円で買える15年ヴィンテージはバーゲンだ。30年後の価値は倍以上!?

Château d'Yquem

市場価格(2015年):¥38,000〜¥107,200
注目度:★★★
生産国:フランス
流通量:★★★

【特集 情熱の酒】

 

Illustration=内田有美

TEXT=柳 忠之

PICK UP

STORY

MAGAZINE

11月号 Now on sale

ゲーテ11月号表紙は相葉雅紀。エグゼクティブの服選び&秘められし京都の2大特集。

月刊誌「ゲーテ」2022年11月号

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

11月号 Now on sale

ゲーテ11月号表紙は相葉雅紀。エグゼクティブの服選び&秘められし京都の2大特集。

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]11月号が2022年9月24日に発売となる。今号は秋のファッションと京都の2大特集。さらに、くりぃむしちゅー有田哲平に密着し、普段は見せないビジネス脳を丸裸にする企画ほか、相葉雅紀のインタビューやゲーテ公式ECサイト「ゲーテストア」限定アイテムも必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる