MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

GOURMET

2022.02.11

国産羊の美味しさに開眼する新店「ジンギスカン YOSHIHIKO」【衝撃の肉】

YOSHIHIKO

宮城県南三陸町さとうみファーム わかめ羊のロース(110g)¥3,400、北海道帯広の愛二牧場のロース(110g)¥3,200、北海道白糠町羊まるごと研究所ロース(110g)¥3,500の盛り合わせ。

羊肉好きが歓喜するジンギスカンの注目店

全国の流通量が1%未満とも言われる国産の羊肉をはじめ、羊肉の魅力と可能性を伝え続けている『羊サンライズ』のオーナー関澤波留人さんが「飽くなき探究心にシンパシーを感じた」のが、昨年12月に麻布十番に2号店としてオープンしたばかりの『ジンギスカンYOSHIHIKO』。

店長の菊池佑太さんは「関澤さんにお会いしたことで羊肉を突きつめたいという気持ちがさらに高まった。牛肉は松阪や近江と銘柄で呼ばれるのに、なぜ羊はジンギスカンとひとくくりにされてしまうのかということにもずっと疑問を感じていたんです」と話す。

YOSHIHIKO

供される野菜は福島県の露地物がメイン。

YOSHIHIKO

濃厚羊肉担々麺¥750。スープは羊骨100%。羊肉の端肉でつくるミンチと麺をよく混ぜて。

扱うジンギスカンの肉は北海道産や宮城県産など、国産羊のほかにアメリカ産コーンフェッドラムやオーストラリア産穀物肥育マトンも。個体や脂つきによってカットを変え、風味と食感がより引き立つようにして提供する。

塩でシンプルにその美味しさを堪能するのもいいが、福島県産のすりおろしりんごを使ったタレや郡山の農家から仕入れる玉ねぎの甘みがクセになる2種のタレで味わえば、ヘルシーな羊肉の美味しさがヤミツキになること間違いなしだ。

YOSHIHIKO

料理長の菊池佑太さんも溢れんばかりの羊愛の持ち主。

YOSHIHIKO
Jingisukan Yoshihiko
住所:東京都港区麻布十番2-5-1MANIVIA麻布十番6F
TEL:03-6434-0129
営業時間:17:30~翌1:00
定休日:日曜、祝日
席数:カウンター6席、テーブル8席、半個室2室(~4名)、
個室1室(~8名)
料金:アメリカ産コーンフェッド¥2,200ほか
詳しくはこちら

教えてくれたのは――
羊SUNRISE 関澤波留人さん
1982年茨城県生まれ。国内、オーストラリアの緬羊牧場を訪れながら信頼関係を築きあげ、2016年に麻布十番に『羊SUNRISE』をオープン。神楽坂店のほか『西麻布 串羊 羊サンライズ』も人気。

TEXT=小寺慶子

PHOTOGRAPH=菊池陽一郎

PICK UP

STORY

MAGAZINE

8月号 Now on sale

ゲーテ8月号はビジネス魂に火をつける高級腕時計を一挙ご紹介!

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

8月号 Now on sale

ゲーテ8月号はビジネス魂に火をつける高級腕時計を一挙ご紹介!

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]8月号が6月23日に発売となる。総力特集は、ビジネス魂に火をつける高級腕時計。そのほか、海を愛するエグゼクティブたちのための海特集も必見だ!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる