GOETHE

MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

GOURMET

2020.07.28

『レイマ』白金に佇む、カウンター9席の美食空間

多忙なビジネスパーソンに取ってまで夜遅くまで営業しているレストランは心のお守り的存在。今回は、美食で心を満たしてくれる『レイマ』をご紹介!

RAMA

一日の終わりを美味美酒で締めくくる

美学が貫かれた料理は食べ手の心に響くもの。都会のスタイリッシュな雰囲気を纏った希少な“深夜食堂”として、今注目を集めているのが、『RAMA』だ。

白金の裏通りの路地に佇む店はなだらかに湾曲したカウンターがオープンキッチンを囲むモダンな設え。三軒茶屋で長年愛され続ける『グッチーナ』(現・『ヒラーリ』)で料理長を務めた青木克大氏はイタリア料理の枠にとらわれず、自由な発想で料理を組み立てる。

RAMA

鰆コンフィとシェリー酒酢の押し寿司 ¥1,800。柔らかめに炊いた米にスペイン産のシェリービネガーを加えて。ワインのおともに最適。

RAMA

お通しは中に魚介を詰めたアニョロッティ・ダル・プリン。サフランの香りで濃厚に仕上げたアサリのスープをたっぷりとかけて。

RAMA

鴨胸肉のコンフィ(¥8,000のコースのメイン)。押し麦と新玉ねぎのサラダ、赤ワインにふきのとうを加えたソースとともに。クルミのチップスを添えている。

RAMA

シェフでサービスも担当する青木克大氏はワインのセレクトにも定評あり。「時間を気にせずにゆっくり過ごしていただきたいです」。

例えば、鰆の押し寿司はシャリにシェリー酒酢を加えたり、発酵させたドライトマトで作る自家製醬油を効果的に使ったり。メニューはアラカルトを中心とし、和のエッセンスを巧みに取り入れた一品はもちろん、パスタやリゾットも常時8種前後用意している。

料理人の創意が光る料理や、今の東京を感じさせる美食空間が心にインスピレーションをもたらしてくれる。

RAMA

オープンキッチンのカウンター。

RAMA
住所:東京都港区白金6-21-12 1F
TEL:050-3134-3399
営業時間:18:00~翌2:00
休業日:不定休
座席数:カウンター9席
料金:パスタ¥1,800~、グラスワイン¥1,200~

TEXT=小寺慶子

PHOTOGRAPH=鈴木拓也

PICK UP

STORY

MAGAZINE

4月号 Now on sale

創刊15周年特別号! 人生の決戦にチカラを与える、仕事人の勝負アイテムを大特集/表紙 宮本浩次

ゲーテ4月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

4月号 Now on sale

創刊15周年特別号! 人生の決戦にチカラを与える、仕事人の勝負アイテムを大特集/表紙 宮本浩次

2月25日発売の「ゲーテ4月号」は創刊15周年特別号! 表紙を飾るのは、エレファントカシマシのボーカリストであり、現在ソロ活動中の宮本浩次。総力特集は「勝負」にフォーカス! アグレッシブに仕事に打ち込む者たちの傍らには、活力を与え続けてきた勝負アイテムがある。闘う仕事人たちの相棒と、その勝負論に迫る! そのほか「勝負下着特集」や「時計特集」、新連載「JRA競走馬の成長秘話 走れ! ゲーテ号」も必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

Salon Memberになる