GOETHE

MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

GOURMET

2019.09.01

【神奈川県】中田英寿が全国の蔵元に教わった最高に旨い店<ゲーテイスト特別版>

2009年から’15年の6年半、のべ500日以上をかけて、47都道府県を旅した中田英寿さん。そこで出会った数々の酒蔵には、ある共通点があった。それは、「良質な蔵元であればあるほど、良質な食を知り尽くしている」ということ。中田さんが出会った全国津々浦々の特別なる蔵人にしか知りえない、最高に旨い”地元の名店”を紹介する。ゲーテのレストラン大賞「ゲーテイスト2019」に参加した中田さんによる、「ゲーテイスト特別版 全国の旨い店ガイド」がここに完成!

小田原おでん本店

『蔵元 佳肴』 海老名市/和食

推薦人
「いづみ橋」/泉橋酒造 橋場友一さん(代表取締役)

「3年前にオープンした、我が蔵元が経営する直営レストランを紹介させてください。直営の飲食店を作ろうと思ったのは、農家であり酒造場でもある私たちの海外ワイナリー視察がきっかけでした。訪問したワイナリーは、蔵の隣に自分のレストランをもっていて、土地の食材とワインをたっぷり楽しむ贅沢な夜を過ごします。そんな豊かな時間に心奪われて、『うちもそんなおもてなしがしたい』と一念発起したのです。料理はすべて『いづみ橋』とのペアリングで、レストランスタイルのフルサービスで提供します。合言葉は『田んぼからテーブルまで』。美味しく、エレガントな時間をぜひ堪能してください」

蔵元 佳肴

蔵元 佳肴
住所:神奈川県海老名市扇町12-33 フィールズ三幸 1階
TEL:046-240-9703
https://izumibashi.com/kakou/

 

泉橋酒造
「酒造りは米作りから」という信念のもと、酒米作りに取り組み、かつ醸造も行う、全国でも珍しい“栽培醸造蔵”。「蔵が位置する海老名耕地は、豊かな相模川が作り出した沖積平野部に広がる県内随一の穀倉地域。高級品種の山田錦をはじめとした酒米を大切に育て、丹沢山系伏流水を使って丁寧に仕込んでいます。全量純米醸造の旨味をどうぞお楽しみください」

泉橋酒造

銘柄:いづみ橋、とんぼラベル、山田十郎
創業:1857年
所在地:神奈川県海老名市下今泉5-5-1
TEL:046-231-1338
https://izumibashi.com/

 

『小田原おでん本店』 小田原市/和食

推薦人
「箱根山」/井上酒造 井上寛さん(代表取締役)

「小田原の名産といえば、かまぼこ。小田原市内にある老舗かまぼこ店12社が、このお店のために作ったオリジナルの種を提供しているのがこちらです。かまぼこ店だけでなく、豆腐屋、こんにゃく屋、八百屋、精肉店まで、さまざまな地元商店がこのお店のために種を作っているのが実に贅沢。鰹と昆布の上品なお出汁とともに、バリエーション豊かなおでんを味わうことができます。合わせるのはもちろん『箱根山』。日本酒は飲む温度帯によって味わいが変わるので、是非お燗も試してみてください。日本家屋のような風情のある空間で、おでんとお酒。神奈川の文化が感じられる豊かなお店です」

小田原おでん本店

小田原おでん本店
住所:神奈川県小田原市浜町3-11-30
TEL:0465-20-0320

 

井上酒造
創業以来七代、その歴史は200年以上にわたる。酒匂川流域の足柄平野大井の庄で、箱根からの清涼な冷気を味方に、丹沢山系の伏流水と厳選された原料米を使用して、日本酒を醸し続ける。「私たちが常に言葉にしているのが『料理へのリスペクトを忘れない』ということ。大吟醸でも“華やか”というよりは“穏やか”な香りを目指しています。上品な佇まいの食中酒として、ぜひ食卓に取り入れてみてください」

井上酒造

銘柄:箱根山
創業:寛政元年(1789年)
所在地:神奈川県足柄上郡大井町上大井552
TEL:0465-82-0325
https://www.hakoneyama.co.jp/

 

『蔵元料理 天青』 茅ヶ崎市/和食

推薦人
「天青」/熊澤酒造 五十嵐哲朗さん(杜氏)

「醸造所内でお酒を楽しんでもらうために、大正時代の酒蔵を改装して生まれた和食店です。”蔵元料理”とは、日本酒に寄り添い、なおかつ日本酒の旨みを引き立てるような創作を施した和食のこと。月替りの会席コースには相模湾の魚や三浦半島の野菜といった地元の旬の食材をはじめ、酒粕・ねりかす・米麹 なども使い、季節感のある料理をご用意しています。日本酒の品揃えの豊富さは、蔵元ならでは。少量生産の季節のお酒や、搾りたての新酒などもご堪能ください」

蔵元料理 天青

蔵元料理 天青
住所:神奈川県茅ヶ崎市香川7-10-7
TEL.:0467ー52ー6115
https://www.kumazawa.jp

 

熊澤酒造
明治5年創業の、湘南で唯一の蔵元。丹沢山系の伏流水を用い、良質な酒を少量生産し続けている。代表銘柄の「天青」は、中国の五代後周の皇帝が理想の青磁の色を表現した言葉「雨過天青雲破処」からとったもの。雨上がりの雲の切れ間から見える空のような涼やかさと、潤いに満ちた味わいを目指している。「天青」シリーズは特約店で販売する限定流通商品だが、茅ヶ崎産の水、米、酵母を使用した「かっぱ」シリーズの日本酒や、低アルコールのスパークリング清酒「湘南スパークリング」は、熊澤酒造のオンラインショップで購入可。敷地内には日本酒の蔵だけでなく、ビールの製造工場や、レストラン、カフェ、ショップが5軒並び、観光気分で訪れるのも楽しい。

熊澤酒造

銘柄:天青、湘南スパークリング
創業:明治5年
所在地:神奈川県茅ヶ崎市香川7-10-7
TEL:0467-52-6118
https://www.kumazawa.jp

 

中田さんが開発している日本酒アプリ「Sakenomy」では、さらなる情報を公開! さらなるレストランに加え、宿やお取り寄せ情報も掲載しているので、神奈川を旅するときのお供に!!

TEXT=本庄真穂、小松めぐみ

PICK UP

STORY

MAGAZINE

2月号 Now on sale

謎に包まれたアートの仕事を徹底解剖!/表紙 西野七瀬

GOETHE 2021年2月号

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

2月号 Now on sale

謎に包まれたアートの仕事を徹底解剖!/表紙 西野七瀬

12月24日発売の「ゲーテ2月号」は豪華3本立て! 総力特集は「アートのお仕事」。アートの世界で働く仕事人たちを徹底取材! 一度心を捉えたら離さない、アートの奥深い魅力を大公開します。また、多彩な活躍をする西野亮廣が時代をつくる才能の育て方を激白。さらに、競馬界のレジェンド武豊さんに1年密着取材を敢行! 孤高のジョッキーの光と影が語られます。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

Salon Memberになる