MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

PERSON

2023.04.04

女子プロ黄金世代の三浦桃香が、ティーチングプロの道を選んだ理由

自らを常にアップデートし、挑戦を続けていかなければゴルフの世界で生き残っていくことはできない。ゴルフアパレルブランドの経営者、女子プロ、ティーチングプロ……。新たなステージで見せる、熱狂ゴルファーたちの三者三様の生き様に迫る。今回は、ティーチングプロの三浦桃香氏に話を伺った。

ティーチングプロ・三浦桃香氏

ティーチングプロ
三浦桃香/MOMOKA MIURA

1999年宮崎県生まれ。小学生の頃からゴルフを本格的に始め、九州中学校選手権を制すなどジュニア時代からトップアマとして活躍。紫外線アレルギーなどが原因で2021年にツアーを断念し、2022年ティーチングプロテストに合格した。

ティーチングプロという選択は、好きなゴルフを続けるため

逸材揃いの1998年度生まれの選手を女子ゴルフ界では黄金世代と呼ぶが、三浦桃香もそのひとり。そんな三浦がツアーで戦うことを断念したのは、2021年4月のことだった。最も大きな要因になったのが紫外線アレルギーで、プロゴルファーにとっては致命的ともいえるもの。とはいえプロとして戦う夢を簡単に諦められるものではなく、葛藤し、苦しみ、考え抜いて出した三浦の答えが、ティーチングプロになるという選択だった。

「もちろんプロゴルファーになることを目指してやってきたし、自分に期待していた部分もありました。プロの試合で60台を出した時は、行けるんじゃないかって。でも、夏になるとやっぱり無理でした。ジュニアの頃からゴルフを続けてきたけれど、身体がついてこなくなるとゴルフをしている自分を嫌いになっちゃいそうで。でもやっぱりゴルフが好きだし、それで選んだ道がティーチングプロです」

まず三浦が目指したのは、JLPGA(日本女子プロゴルフ協会)が管轄するティーチングプロフェッショナル資格の取得だ。資格を持っていなくとも仕事としてティーチングを行うことはできるが、三浦は自らの発言に説得力を持たせるために資格にこだわった。「トーナメントで活躍した実力があれば、ティーチングの資格なんて簡単に取れる」と思われがちだが、そう簡単なことではなかった。

「私がこれまで培ってきたゴルフの基本は、あくまでも“私にとっての基本”なので、一度頭の中を全部ゼロにして学び直す必要があったんです。『自分はこれからゴルフを始める初心者なんだ!』という気持ちで勉強しました。あと、JLPGAの試験では教本の内容を50ページくらい暗記しなければいけない箇所もあって、それはとても大変でしたね。一字一句間違えられないから。自分で暗唱した声を録音して、クルマの中で流したりしてました(笑)」

そんな努力の甲斐もあって2022年度のテストに見事合格、晴れてJLPGAの会員になった。

3年かけてJLPGAの会員に

ツアーを断念してから本格的に猛勉強を重ね、見事にJLPGAの会員になった。

三浦が思う、自身のティーチングプロとしての強みとは。

「まずは、データに強いことだと思います。私は高校生の頃から弾道計測器を使って練習をしてきて、球数をひたすら打って感覚を摑むというよりは、いろんなデータをもとにスイングをつくってきたタイプ。データをベースにスイングを効率よくつくる作業ができるのは、教える立場としても大きな武器になっていくと思います。

もうひとつの強みとしては、多くの練習法やドリルを私自身が経験してきたこと。学生の時、練習場に行けば大山志保さんや片山晋呉さんといった超一流のプロがいて、いろんなことを教えてくれました。この練習をするとどんな結果が出るとか頭の中に入っているので、それは教える立場として間違いなく活きます」

プロとしての活躍が期待される実力がありながら、24歳という若さで一旦ツアーを断念し、ティーチングプロになるという大きな選択を下した三浦。だが、それは言い換えればツアーを知り、プレイヤーとの距離が近い稀有なティーチングプロということでもある。

「最近は選手だった頃とは違う視点でゴルフを見るようになって、前にも増してゴルフが好きになっているんです。やっぱりゴルフ、面白いなって。私のレッスンがきっかけでゴルフを始めたり、ゴルフが好きになってくれたりする人がひとりでも増えたら、とても嬉しいです」

プレイする三浦桃香氏

One point Exercise

プレイ前のツボ押し

運転中は無意識に肩に力が入り姿勢も悪くなりがち。鎖骨の下あたりを指で強めに押すだけで、肩回りの動きがよくなる。

プレイ前のストレッチ

肩や腕を重点的に回してストレッチを行えば、可動域が広がってショットが安定する。クラブを持って腕を後ろに回すのも効果的だ。

 

この記事はGOETHE2023年5月号「総力特集:死ぬまでゴルフ!」に掲載。購入はこちら▶︎▶︎

TEXT=出島正登

PHOTOGRAPH=鈴木大喜

HAIR&MAKE-UP=勝間亮平

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

4月号 Now on sale

【ゲーテ4月号】特集は価値観を覆す過激なエクストリーム旅。表紙にはプロスケーター・高橋大輔が登場

表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

4月号 Now on sale

【ゲーテ4月号】特集は価値観を覆す過激なエクストリーム旅。表紙にはプロスケーター・高橋大輔が登場

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ4月号』が2月24日に発売となる。簡単には経験できない、人生を変える過激な旅を総力取材。さらに旅のエキスパートたちの相棒アイテムも紹介。プロスケーター高橋大輔の貴重な撮り下ろしカットを多数掲載収録。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる