MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

PERSON

2021.12.20

【安彦考真】Jリーガーから格闘家となった43歳は、なぜ無謀な挑戦を続けるのか?──連載「熱狂の道標」Vol.1

安彦考真(あびこ・たかまさ、43)は"挑戦モンスター"と呼ばれる。40歳を目前にした2017年、すべての仕事を辞して若き頃に断念したJリーガーを目指し、翌年に年俸ほぼゼロ円で契約を掴んだ。'20年にはJリーガーを引退。格闘家に転身し、国内最大級のイベントRIZINを目指すという次なる目標を掲げた。あまりにも無謀な道標(みちしるべ)に見えるが、当の本人は実現を信じて疑わない。なぜこの男は挑戦に狂うことができるのか。その思考回路を本連載「熱狂の道標」で解き明かしてみたい。

第1回「嘘の重ね着を脱いでみたら夢が叶った」

2021年12月10日夜に東京・八芳園で開催された「エグゼクティブファイト」。格闘技歴10ヵ月の43歳、安彦考真が対峙したのは、テコンドー全日本ジュニア王者の17歳、裕次郎だった。普段から自身の練習相手を務めてくれている26歳年下の”師匠”である。格闘技を初めた今年の春は「ぼこぼこにされていた……」という強敵に対し、一歩もひるまず攻め続けて圧倒。3-0で判定勝ちを収めた"おっさん格闘家"は、リング上で高らかにこう宣言した。

「みなさん勝ちました! リングは強さや技術ではなく生きざまなんです。金儲けだけの格闘技ではない。少しでもそれを裕次郎にわかってほしくて全力でぶつかりました。12月31日のRIZIN、まだまだ枠はあるはず! 諦めませんよ。ボクは諦めることを忘れた男ですから!」

1年前、Jリーグの引退試合で格闘家への転身を表明してから、これで負けなしの3戦3勝。リング上の43歳は勝利者インタビューで目標の舞台であるRIZIN出場を力強く再びアピールしたのだった。

「サッカーでも3連勝って難しいじゃないですか(笑)。やってできないことはない。今日よりも明日。一昨日、昨日の練習をどれだけ発揮できるか。自分で覚悟を決めて、有言実行するしかない。プロの選手と一緒に毎日みっちり3時間練習していますが、とにかくつらい。でも、好きなことだからできるし、それがボクの生きざま。大みそかRIZINのオファーがなければ、次どうするか。"諦めるな。立ち上がれ。まだ打ち手はある"とずっとつぶやいている」

格闘技を始めたばかりなのにRIZIN出場という目標を常に公言することで自分を鼓舞し、徹底的に身体をいじめぬく。40歳を超えて、完全に振り切った行動ができるのはなぜなのだろうか。彼の人生や思考回路をひも解くうえで、まずはその原点に迫らなければならない。

「ボクの今の原点は、若い頃に受けたJリーグのテストにあると思います。20代のボクは当時、正直びびってしまったことが原因で駄目だったんです。でも周りには、それ以来、15年以上”古傷のせいで実力を発揮できなかった”という嘘をついてきた。そこから自分の中で、嘘の重ね着が始まった。Jリーガーになれなくてよかったと言っていたけど、15年間ずっとモヤモヤしていた。40歳を前にそんな自分からおさらばしたいと思って、すべてを捨ててもう一度Jリーガーを目指そうと決意したんです。当時の年収は1000万円ぐらいありましたが、仕事も全部やめました。その後、離婚という道も選びました」

そもそも安彦は、少年時代からプロサッカー選手になりたくて高校3年時に単身でブラジルに行き、19歳でグレミオ・マリンガという現地のチームとプロ契約。しかし、夢を叶えた矢先のリーグ戦開幕直前に前十字靱帯を断裂して帰国を強いられる。その後、清水エスパルスとサガン鳥栖の入団テストを受けるも、不合格。'03年に25歳で現役を引退した。以来、少年サッカーの指導者や、Jリーグのチーム通訳、さらにはマネジメント会社の運営に携わるなどして「一般的なサラリーマンよりは稼いで、そこそこの生活をしていた」という。しかし、文字通りすべてを捨てて一念発起し'17年夏に39歳で再びプロ入りを志したのだった。

「なぜ僕が無謀なことに挑戦し続けているのか。それは、僕自身のセルフプロデュースだと考えているからです。僕は、Jリーガーになると決めた時から仕事を辞めて"お金を全部捨てる"ことを自分で決めました。今考えれば、それもセルフプロデュースですし、そういう決断は挑戦者にとってのセーフティネットになると経験を通して気が付いたのです。というのも、今回の挑戦も、たとえRIZINのリングに立てなくても、"挑戦者として、こいつ目指したよね"という、ある一定の成果は出ると思います。そうすると、成功も失敗もデータ化することができるじゃないですか」

約15年ぶりにJリーガーを目指すことを決意した安彦は、クラウドファンディングで資金を集め、プロで戦うためのトレーニングに時間のすべてを費やした。まずは社会人リーグ関東1部のエリース東京FCに入団し、’18年についに夢をつかみ取ることになる。J2水戸ホーリーホックと交渉を開始し「こんなおっさんと普通の交渉では契約してもらえないから」と自ら月1円という破格の給料を提示し、契約を見事に勝ち取った。その後、’19年からはJ3のY.S.C.C.横浜に「年俸120円」で移籍。’20年シーズン最終戦の引退セレモニーの場で、格闘家に転身してRIZIN出場を目標にすることを宣言したのだった。

「人生は決断の連続。人生の豊かさは決断の数で決まります。そういう意味では、年俸ほぼゼロ円も、クラウドファンディングも、自分ですべて決断しました。それからポジションも元々はDFだったのですが、Jリーガーの定義を"残り5分でも試合を盛り上げられる選手"と決めてFWで挑戦することにしました。それは決して戦略的にやったわけじゃなくて、Jリーガーを目指そうと思った結果そうなっただけ。今思えば、それはある種のセルフプロデュースだったなと思います」

Takamasa Abiko
1978年神奈川県生まれ。新磯高校3年時に単身でブラジルに行き、19歳でグレミオ・マリンガとプロ契約。しかし、リーグ戦開幕直前に前十字靱帯を断裂して帰国。その後、清水エスパルスとサガン鳥栖の入団テストを受けるも不合格となり2003年に25歳で現役引退。指導者や通訳などを経て'17年夏に39歳で再びプロ入りを志し、'18年3月にJ2水戸ホーリーホックと40歳でプロ契約。'19年にはJ3のY.S.C.C.横浜に移籍し、同年開幕戦の鳥取戦に41歳1ヵ月で途中出場し、ジーコの持つJリーグ最年長初出場記録を更新した。'20年限りで現役を引退し、格闘家に転身。ここまで3戦3勝。

TEXT=鈴木 悟(ゲーテ編集部)

PHOTOGRAPH=吉場正和

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

2024年7月号

恍惚レストラン ゲーテイスト2024

ゲーテ7月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

2024年7月号

恍惚レストラン ゲーテイスト2024

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ7月号』が2024年5月24日に発売。今号は、“美食四兄弟”が愛してやまない恍惚レストラン。 秋元 康・小山薫堂・中田英寿・見城 徹がこの一年の間に通ったベストレストランを紹介する。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる