MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

PERSON

大胆で繊細なアートと人をつなぐ仕事:服部 今日子

フィリップス・オークショニアズ日本代表、ディレクター
服部 今日子

コンサルティングや投資ファンドのキャリアを積んできた女性が、アートの世界へ転身。老舗オークションハウスの日本オフィスを躍進へと導いた。その原動力は、直感を信じて突き進む度胸とアートへ注ぐ深い愛情にあったようだ。


異業種からの転身 オークションハウス代表に

サザビーズ、クリスティーズと並ぶ世界三大オークションハウスの一つ、フィリップス・オークショニアズが東京オフィスを設立したのは2016年のこと。立ち上げのための人材を日本で探していた当時のCEOが、コレクターから「適任」と紹介されたのが服部今日子だった。

「当時はヘッドハンターとして仕事をしていたので、『畑違い』ではあったんですが、フィリップスの本社があるロンドンに呼ばれて話をするうち、トントン拍子で代表を引き受けることに」

もともとアートは大好きで、時間を見つけては美術館やギャラリーへ足を運んでいた。現代アート作品を購入するコレクターとしても、その時点でキャリアは10年以上。ギャラリストやコレクター、アーティストらの知り合いも多くなじみある世界だったゆえ、臆せず飛び込んだ。

「フィリップスが扱う現代アートには、ポテンシャルもマーケットもしっかりあると実感していたので、心配はなかったですね。スタートアップをやってみたい気持ちもありましたし、当時のCEOのエドワード・ドルマンが日本のマーケットに対して理解があったのも大きかったです」

服部さんが舵をとって出航したフィリップス東京オフィスは順調に滑りだし、この5年間ずっと成長を続けた。’20年にはフィリップス日本を通じた売上が過去最高を記録。コロナ禍をものともしない伸びっぷり。どう辣腕を振るってきたのか。

「フィリップスのことは誰も知らない状態でのスタートだったので、当初は手探りでできることは何でもやっていました。幸いグローバルのサポートもあり、一生懸命やっていたら結果がついてきました。実際のところ成長の一番の理由は、私個人の力というより世の中の流れと合ったからだと思います。日本のコンテンポラリーアートのマーケットは考えていた以上に深く、素晴らしいコレクターが多数いました。また、ここ数年、日本だけでなくアジア全体で急速に伸張していたので、いいタイミングで東京オフィスを立ち上げられたのが一番の要因といえます。フィリップスは老舗のオークションハウスで幅広い活動をしてきましたが、近年はコンテンポラリーアートにフォーカスしており、デジタルのプラットフォームも含めビジネスの組み立てがマーケットにあっていると思います。オフィスも有楽町から六本木に移転しました。ここは森美術館やトップギャラリーが軒を連ねる、現代アートの一大拠点ですから」

Art Priceのレポートによると、世界のコンテンポラリーアートのオークションマーケットは、’00年から今日までで約20倍に膨れ上がっている。オークションで扱われる美術展のうち、現代アートの占める割合は5割を超える。とりわけアジア地域での伸びは顕著であり、3割以上はアジアからの売上が占める。’16年時点で日本に拠点を置いたフィリップスの判断は、時宜にかなったものだったといえる。

ハンマーを握るのはフィリップスの筆頭オークショニア、ヘンリー・ハイリ―氏。

代表として心がけるのは顧客の「好き」を知る努力

現代アートの流通の仕組みは、簡略化するとこうなっている。まずはアーティストが新作をつくる。その多くは契約しているプライマリーギャラリーで発表・販売され、売れた作品は人の手に渡る。その持ち主が手放すと、作品はアートマーケットに登場する。ここで売りたい人と新たに買いたい人の橋渡しをするのがオークションハウスだ。公に行われるオークション、つまり競りにかけたり、非公開の売買、すなわちプライベートセールを担ったりもする。

「オークションハウスは、オークションでできるだけ高値がつくよう手を尽くすのが仕事になります。そのためにはまずいい出品作を集めるのが重要。その点で東京オフィスには大きな期待がかかっています。日本はコレクションの歴史も長く、世界的に見ても目利きの作品が数多く存在。バブル経済時代に日本人が買った作品から、今のコンテンポラリーアート作品までクオリティの高いコレクションがあります。また日本人が持っている作品は大切に保管され状態がいいことが高く評価されているので、それらがマーケットに出れば、オークションの目玉になり得ます。このような作品を出品いただくために、出品をお考えのお客様にとって一番の提案をし、作品をフィリップスで扱わせていただけるよう、グローバルチームと一緒にプレゼンをします」

日本は作品の出品マーケットとしての重要性とともに、買い手としても大きな期待をされている。日本は買い手の人数でいえば、米国、中国などと比べ少ないものの、ここ数年でのマーケットの成長は大きい。

「ここ数年のコレクターの伸びは目覚ましい。経営者や起業家のコミュニティではアートに関心があるのが当たり前な雰囲気になっていて、皆で国内外のギャラリーやアートフェアに行くのがアクティビティのひとつとして定着しました。若い層のコレクターは、確実に増えていますし、世界的にもテイストメイカーとして期待されています。奈良美智さんや村上隆さん、草間彌生さんに杉本博司さん、五木田智央さんなど、グローバルに活躍し作品に高値がつく日本のアーティストが増えたのも、現代アートマーケットを身近に感じさせる一因です」

また本来の仕事とは少し逸脱するが、コレクター仲間を増やし、プロセスを含めてコレクションを楽しめるようサポートも行っている。

「アートは極めてパーソナルなものだと思うので、その方だけのオリジナルなコレクションをつくるお手伝いができたらと常々思っています。『マーケットを意識した有名なアーティスト』という基準で買っていると、金太郎飴のようなコレクションになってしまう。せっかくアート作品を持つのなら、ぜひその人らしいコレクションを築いてほしい。海外も含めて一緒に美術館やギャラリーへ行ったり、アーティストや他のコレクターと会う機会をつくったりと、オークション以外の場を私も一緒に楽しんでいます。そうするとだんだんその人の『好き』が見えてくる。また東京オフィスではプライマリーギャラリーと一緒に日本人アーティストの展覧会やコレクション展なども開催し、少しでもアートの場を提供できるようにしています。オークションハウスの人間が本来そこまでする必要はないのかもしれませんが、その方が楽しいじゃないですか。コレクターが一人でも増えて、いいコレクションが世にひとつでも多く生まれれば、多く生まれればオークションハウスとしても望ましいことのはずだと」

気分が高揚するオークションの現場

小気味よく数字をコールする声が響き、やがてハンマーが振り下ろされ落札者が決定……。オークションの現場はニュースや映画の場面などで見知っているが、オークションハウスの人たちはそのほかの時間にどんな仕事をしているのか。

「基本はオークションへ向けての準備ですね。オークションは回数が多く、メインどころだけでもロンドンで年に3回、ニューヨークで2回、香港で2回。若手中心のセールなども入れるとコンテンポラリーアートオークションだけで1年に10回以上となります。コロナ禍になってからはオンラインセールも始めました。常に何かしらのオークションが控える状態なので、出品作品をいつも探しています。買い手候補の開拓も同時進行で行っており、今度出品されるあの作品は、あの方が興味を持つんじゃないかと常に考えます。プライベートセールも重要な仕事で、オークション以外での売買のお手伝いもさせていただきます。人や作品が、立場や国境を超えてつながっていくのは見ていて楽しいもの。オークションの現場は気持ちが高揚するので何度経験してもドキドキしますね。長い時間をかけて出品に漕ぎつけた作品にどんな値がつくのか気が気ではありません。まれに値が思い通りつかないこともあり、その時の落胆たるや……。逆に予想を大きく上回った時の喜びはひとしおです」

表舞台は華やかなオークションの世界、裏側は少々泥臭く、なかなかダイナミックな様子だ。「面白い仕事ですよ。好きなアートに携われるのはもちろん、お客様も皆さん個性的ですし。オークションはチーム戦なので、グローバルで大きな学園祭をやっているようなところもある。これは天職かなと思っています」

自宅は好きなアートに囲まれた癒やしの空間

思えばアートとの関わりは、小さいころから深かった。

「生まれは浜松ですが、中学からイギリスで、高校時代はオランダで過ごしたので、アートはいつも身近にありました」

ただしアート一辺倒ではなく、帰国して東京大学へ進学した時、専門に学んだのは経済。

「開発経済学を勉強していました。世の中の不平等を少しでも直したいと思っていたんです。大学院に進んでより勉強を進めようと思っていたころ、たまたまニューヨークでメトロポリタン美術館に入って、ルネサンス時代のイタリアンブルーの空が描かれた絵画を見て、『私はこういう世界が好きだった!』とストンと。それで勉強はおいて、日本で外資系コンサルティング会社に就職しました」

仕事の合間を縫って裏千家の稽古に熱心に通う。茶道は日本の美に酔いしれる、学び多き時間である。

あらゆる局面で正直でいる

数年後、仕事を通じてリクルート創業者で伝説の企業人、江副正氏と出会い、スカウトされる形で不動産業へ転職。一点モノを愛情こめて売る不動産の仕事は性に合っていたという。「何十億という、大きな不動産の案件で、決済日に間に合いそうになくピンチに立った時、『勝つまでやれば勝つんですから。勝つまでやりなさい』と江副さんから夜中の2時か3時にかかってきた電話で言われたんです。終わってみたら当たり前のことだと思うのですが、とても心に残っていて。江副さんの下で働いていて多くのことを学びました」

その後の不動産ファンドでの仕事も含め、実は現在の仕事でアートを扱うのと、かなり近い感覚があった。そして働き始めてからもアートを見る習慣は続いた。ある時コレクターから「作品を買うとアートの見方が変わるからとりあえず1点買ってみたら」と言われ、作品を購入してみた。

「最初に買ったのは、さわひらきさんの映像作品。家に置いて接すると、毎日見るわけですから美術館で見ているのとは明らかに違う。コレクションが増えると、一点ずつに買った時の思い出がついて回り、自分の思考や感情の軌跡が可視化できる感覚もあります」

オークションハウスの代表として気に留めていることは、あらゆる局面で正直でいることだという。

「オークションは予測できないことが起こります。そのため、今これを買ったほうがいい理由やリスクは、売主にも買主にもできるだけ包み隠さず伝える。一点の曇りでもあれば人にものを薦めることなんてできません。作品に関わるすべての人が幸せになるように。だってアートは楽しいものなんですから」

クライアントから熱い信頼のある真のエキスパート

フィリップスは、今日子さんのような知識と経験を併せ持った方を日本代表に持つことができて、大変幸運に思います。彼女と初めて会った際、フィリップスのために素晴らしい仕事をしてくれるだろうとすぐに確信しました。コンテンポラリーアートへの見識の深さと溢れる情熱。長年にわたり主要な国際アートフェアやオークションを訪れる熱心さ。日本をはじめ、海外の市場の特性を理解しています。心から信頼できる、真のエキスパートです。
フィリップスエグゼクティブ・チェアマン
エドワード・ドルマン

※ゲーテ2022年1月号の記事を掲載しております。掲載内容は誌面発行当時のものとなります。

この連載をもっと読む

連載
熱狂の履歴書

熱狂の履歴書は、各界の荒野を切り開く先駆者たちの生き様を、幻冬舎グループがインタビュー、書籍を通してご紹介します。

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

2024年7月号

恍惚レストラン ゲーテイスト2024

ゲーテ7月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

2024年7月号

恍惚レストラン ゲーテイスト2024

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ7月号』が2024年5月24日に発売。今号は、“美食四兄弟”が愛してやまない恍惚レストラン。 秋元 康・小山薫堂・中田英寿・見城 徹がこの一年の間に通ったベストレストランを紹介する。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる