MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

PERSON

2021.03.11

3.11から10年。楽天イーグルス石井一久の大勝負を支える相棒

ロレックス サブマリーナー

嵐の相葉雅紀氏が有志と共同で贈ってくれた、粋な演出

楽天イーグルスの石井一久ゼネラルマネージャー(GM)兼監督にとって、その時計との出合いは、運命的だった。

プロ野球選手として22年。チームの編成を担うGMとして約2年半。石井氏は、勝負の最前線で戦ってきた。

ただこれまで、自分や野球以外の“何か”に頼ることはなかったと、あっけらかんと笑う。

「勝負だったり、特別な時に何かを身につけることがなくて。ゲンを担ぐこともないんです」

昨年11月。運命の歯車が動きだす。プロ野球初のGM兼監督に就任したことで、その1本はやってきた。

縁を結んでくれたキューピットは、嵐の相葉雅紀氏だった。

監督就任の祝いにと、彼がプレゼントしてくれたのは、1973年製のロレックス サブマリーナー。文字盤に赤で「SUBMARINER」と刻印されていることから、“赤サブ”と愛好家に親しまれる逸品だ。それを、相葉氏が有志と共同で購入し、贈ってくれたのだという。

1973年とは、石井氏の誕生年でもある。粋な演出だった。

「プロ野球の監督って、時計をつけているイメージがあるんですね。『僕もつけないといけないのかな?』と考えていた時にちょうどプレゼントしてくれて。文字盤のロゴも、楽天のチームカラーのクリムゾンレッドに似た赤で、すごく気に入りました」

人生で初めて、勝負の相棒を手にした瞬間だった。

「この時計をつけて、1年間、戦っていこう」

石井氏は、そう決意を固める。

ロサンゼルス・ドジャース

2002年にロサンゼルス・ドジャースに移籍。1年目から14勝をマークした。©Getty Images

人生の分岐点では苦しい道を選んできた

野球というより、仕事に全力を注ぐのがポリシーだ。

「仕事をやりだしたら徹底的に。完璧にこなしたいんですよね」

現役時代から、それは不変だ。

ヤクルト時代はエースだった。’97年にノーヒットノーランを達成。チームの5度のリーグ優勝、4度の日本一に貢献し、力を示した。2002年にはメジャーリーグに挑戦し、4年間で通算39勝と、輝きを放つ。

実績は残した。だが、石井氏にとってそれらは、未来の“完璧な仕事”への伏線でもあった。

「人生の分かれ道で、僕は必ず苦しい経験を積めるほうを選びます。その時は失敗でも、あとから成功に変えればいい。選んだ道を正解にする自信がある」

今にして思えば、’13年は石井氏にとって印象的な年だった。

西武で現役引退を決断したこの年。日本一に輝いたのは楽天だった。まだ東日本大震災の爪痕が色濃く残るなか、その戴冠(たいかん)は東北の希望となった。

「あの優勝って、日本の光だと感じたんです。それだけ衝撃だったし、本当に身震いしました」

ロレックス サブマリーナー

「ロレックス サブマリーナー」は、1953年にダイバーズウォッチとして誕生。根強い人気を誇った。「赤サブ」は’69年から’73年まで製造されたモデルで、希少価値が高い。相葉氏が時計のメンテナンス込みでプレゼントしてくれたことに、石井氏はとても感謝している。

’18年9月。石井氏は楽天から、GMのオファーを受けた。「あの感動をもう一度、実現させたい」。断る理由はなかった。

フリーエージェントとなった大物選手を次々と獲得し、球団内のテコ入れにも余念がない。豪快かつ繊細。その手腕が球団から評価され、今季からGM兼監督、すなわち、楽天の現場における全権を担う立場となった。今年1月には、’13年の日本一の立役者で、翌年からメジャーリーグで7年間プレイしていた田中将大の獲得も実現させた。

「中長期的に勝てる、骨太なチームを作っていきたい」

強力な布陣。GM時代から築いてきた土台が整いつつある今年、石井氏の大勝負が始まる。

「今度は監督として長い1年が始まります。そして、今年は震災から10年。チーム一丸となって、意味のある1年にします」

現役時代に栄光をもたらした左腕に、相棒が寄り添う。

監督がプロ野球の頂まで、一歩ずつ着実に進む。同い年の“赤サブ”も正確に時を刻む。

 

Kazuhisa IShii

昨年11月、監督に就任した。GMとして客観視した際に、「チームを長く見ている僕が監督もやるのがベストだった」と決断した。©Rakuten Eagles

Kazuhisa Ishii
楽天野球団取締役ゼネラルマネージャー(GM)兼楽天イーグルス監督。1973年千葉県生まれ。’92年にヤクルトに入団、エースとして黄金期を支える。2002年から’05年までメジャーリーグでプレイし、通算39勝をあげた。’13年に現役引退。今季からGM兼監督としてチームを指揮する。

ISHII’S TURNING POINT

18歳 ドラフト会議で1位指名を受け、野村克也率いるヤクルトに入団。
28歳 メジャーリーグのドジャースへ移籍する。
44歳 楽天のGMに就任。西武から浅村栄斗を獲得するなど手腕を発揮。
47歳 楽天でGM兼監督に就任。ヤンキース・田中将大の獲得に成功。

TEXT=田口元義

PHOTOGRAPH=滝川一真

PICK UP

STORY

MAGAZINE

1月号 Now on sale

ゲーテ1月号表紙は松田翔太。エグゼクティブを刺激するスノーリゾート&時計の2大特集。

ゲーテ1月号

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

1月号 Now on sale

ゲーテ1月号表紙は松田翔太。エグゼクティブを刺激するスノーリゾート&時計の2大特集。

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]1月号が2022年11月25日に発売となる。本格的なウィンターシーズンの到来に向け、今月号はスキーリゾートを大特集。さらに、新作タイムピースをピックアップした時計特集ほか、新ビジネスを始めた松山ケンイチ、松田翔太のインタビューやゲーテ公式ECサイト「ゲーテストア」限定アイテムも必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる