GOETHE

MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

PERSON

2019.11.05

“ストリート陶芸家”が挑む伝統文化のアップデート~EXILE黒木啓司の九州太鼓判【啓印⑤】

宮崎出身の黒木啓司さんが九州各地を回り、九州が誇るさまざまな魅力を全力で深掘り。黒木さんの太鼓判(=啓印)を押す!

力強さを表現した、全く新しい焼き物

福岡を拠点に活動する陶芸家・古賀崇洋さん。どこかストリート文化を感じさせるその作品は見る者に、既存の陶芸のイメージとはまったく異なる、極めて斬新な印象を与える。

現代社会へのアンチテーゼ、反骨心を表現する狐の土面シリーズ。

現代社会へのアンチテーゼ、反骨心を表現する狐の土面シリーズ。

年末、東京・六本木で開催する個展にて発表するために制作中の「SPIKY COMPLEX00」。壺の表面には無数のスタッズを配している。

年末、東京・六本木で開催する個展にて発表するために制作中の「SPIKY COMPLEX00」。壺の表面には無数のスタッズを配している。

色付けは手作業。べっ甲のように見えるが、焼きあげるとゴールドに変わる。

色付けは手作業。べっ甲のように見えるが、焼きあげるとゴールドに変わる。

古賀さんの代表作「頬鎧盃(ほおよろいはい)」。

古賀さんの代表作「頬鎧盃(ほおよろいはい)」。

オブジェや器、ファッションとしての機能を備え、いくつもの表情が楽しめる。

オブジェや器、ファッションとしての機能を備え、いくつもの表情が楽しめる。

「縄文時代から続く焼き物という伝統文化へのリスペクトが、自分のなかで大きな柱となっています。だからこそ、器としての機能を守りつつ、自分にしかできないやり方で焼き物の新しい魅力を発掘、表現していきたい。近年は〝モノが持つ力を可視化したい〞という強い思いがあって、スタッズをモチーフにしたさまざまな作品を展開しています」(古賀さん)

「伝統という重みのあるものをこんなにも軽やかに変化させるのは、きっと容易ではないはず。反骨心を孕は らんだパンクな作品群は、見ているだけで感性が刺激されます」(黒木さん)

Takahiro Koga

Takahiro Koga
1987年福岡県生まれ。佐賀大学文化教育学部 美術・工芸課程を卒業後、2011年より作陶を開始。「ミラノサローネ」やパリの「メゾン・エ・オブジェ」に作品を発表し、国内外で注目を集める。インスタグラムアカウントは、@takahiro00koga

TEXT=戸田かおり

PHOTOGRAPH=林田大輔

STYLING=衣装協力=西村織物

HAIR&MAKE-UP=藤原早代(CONTINUE)

PICK UP

STORY

MAGAZINE

1月号 Now on sale

キーワードは隠れ家!? 新しい時代の邸宅特集/表紙 近藤真彦

2021年1月号

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

1月号 Now on sale

キーワードは隠れ家!? 新しい時代の邸宅特集/表紙 近藤真彦

11月25日発売の「ゲーテ1月号」は新しい時代の邸宅特集! そのほか「仕事に効く”個性派”高級ウォッチ」や「賢者8人が選ぶ!秘蔵ワインリスト」も必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

Salon Memberになる