MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

TRAVEL

2022.01.31

アフタヌーンティーが絶品! 名古屋、金沢、京都のホテルラウンジ3選

あたたかなサービス、気のきいたフード、優雅で特別感ある空間。そのすべてを兼ね備えている場所こそが、ホテルラウンジ。今回は、出張や旅行で地方へ足を延ばした際、立ち寄りたいアフタヌーンティーをご紹介する。

神殿のような重厚感と水のせせらぎが心地良い/名古屋東急ホテル アトリウムラウンジ「グリンデルワルド」

グリンデルワルド

神殿のような内観。

名古屋随一の繁華街・栄エリアに構える名古屋東急ホテルは、ビジネスにもプライベートにもうってつけの立地。ホテル正面へと歩を進めると、4階までの吹き抜けが圧巻のアトリウムラウンジ「グリンデルワルド」が出迎えてくれる。耳を澄ませば、水のせせらぎが。元々、ゆったりとした空間だが、水のせせらぎのおかげで、隣の会話が聞こえづらいという副産物まであるそう。

2018年の改装を機に、開業以来のコンセプトであるヨーロピアンエレガンスはそのままに、さらに上質感を増し、別世界にいるような高揚を覚える空間に生まれ変わった。

グリンデルワルドでは、ホテルメイドにこだわったパティシエによるアフタヌーンティーセットやパフェが狙い目。美しい盛りつけは食べるのが惜しくなるほど繊細。そして、旬の素材をふんだんに使っているため、おいしいスイーツを食べながら、四季を感じることができる。それゆえ、それを楽しみに定期的に通うファンの方も多いそう。

昼間は天窓から陽光が差し込み、夜は重厚感に包まれるふたつの側面を持つ、グリンデルワルド。心洗われる時を過ごしてみては。

グリンデルワルド

高級紅茶ブランド、ロンネフェルトの茶葉を使った「ロイヤルミルクティーのブリュレ」コーヒー又は紅茶付¥2,350(12月より)。

グリンデルワルド

グリンデルワルドパフェの「ノエル」コーヒー又は紅茶付¥2,350(12月1日~25日)。パティシエによるイラストの図解は必見。

グリンデルワルド

秋の味覚が楽しめる、ホテルメイドにこだわった「アフタヌーンティーセット~あきいろ~」¥3,600。

名古屋東急ホテル
アトリウムラウンジ「グリンデルワルド」

住所:愛知県名古屋市中区栄4-6-8
TEL:052-251-6685
席数:114席
営業時間:9:00~22:30(L.O.22:10)
詳しくはこちら

散策の余韻に浸れる金沢らしい優美な世界/金沢東急ホテル ラウンジ「マレ・ドール」

ラウンジ「マレ・ドール」

情緒が漂う、趣あるラウンジ。

北陸一の繁華街、香林坊に位置する金沢東急ホテル。金沢駅から車で約6分、兼六園や金沢21世紀美術館など、観光スポットからもほど近く、まさに加賀百万石の古都・金沢の魅力を存分に味わうことがきるロケーションだ。エントランスには格子戸、フロントの壁には金箔をあしらい、金沢らしい風情が漂う。

ラウンジ「マレ・ドール」で人気なのは、雅やかな3段重ねのお重に入ったアフタヌーンティー“金澤”(要予約)。11月は「和華実」というテーマで、加賀友禅で用いられる金沢の伝統的な色彩、加賀五彩のグラデーションが美しい和菓子「加賀てまり」や、加賀棒茶のプリンなど、金沢らしさを詰め込んだ3段は華やかのひと言。季節ごとに趣向を凝らしたアフタヌーンティーを楽しみにしている常連さんも多いそう。

インド政府公認の紅茶鑑定士がセレクトした紅茶など、飲み物も多彩な品揃え。スタッフとの会話で和みつつ、優雅なときを過ごせる。

ラウンジ「マレ・ドール」

11月の「アフタヌーンティー“金澤”」¥2,900には加賀野菜「打木赤皮甘栗かぼちゃ」を使用したクレームブリュレも。

ラウンジ「マレ・ドール」

「ヴァージン・ピナコラーダ」¥1,500は11月までの限定。ノンアルコールカクテルも季節ごとに豊富な品揃え。

金沢東急ホテル
ラウンジ「マレ・ドール」

住所:石川県金沢市香林坊2-1-1
TEL:076-231-3913
席数:40席
営業時間:10:00~21:00(L.O.20:30)
詳しくはこちら

雅な日本文学を感じ和のスイーツを食す幸福/京都東急ホテル TEA LOUNGE & BAR「HORIKAWA」

TEA LOUNGE & BAR「HORIKAWA」

いにしえの文字を眺めながら過ごす雅な空間は、17時以降はバーに。

2022年には開業40周年を迎える京都東急ホテル。世界遺産・西本願寺から徒歩約5分、島原・壬生エリアや四条烏丸付近にも散策がてら足を伸ばせ、街を堪能するには絶好のロケーションにある。

ラウンジ&バー「ほりかわ」は、足を踏み入れた途端に、アートにアレンジされた古今和歌集や源氏物語の文字が目に飛び込んでくる。席に腰掛ければ堀川の流れを再現した中庭の滝が望め、京都を舞台にした物語の文字とともに、雅な時間を過ごすことができる。

こちらで人気なのは「紅ズワイ蟹とちりめん山椒のピラフ」。京都に来たからには味わいたいちりめん山椒が贅沢に使用されている。

また冬には温かい栗ぜんざい、夏にはわらび餅や竹の器を使用したパフェなど、和を感じさせるスイーツが季節ごとにあり、京都の旅のムードを盛り上げてくれるのも嬉しいもの。季節ごとに京都へスイーツを堪能しに出かける、そんな楽しみを教えてくれる場所だ。

TEA LOUNGE & BAR「HORIKAWA」

お食事はおすすめオードブルの盛り合わせやサンドウィッチなど、アラカルトで注文可能。

TEA LOUNGE & BAR「HORIKAWA」

栗のモナカは、季節のスイーツの一例。春には桜のわらび餅と煎茶のセットなども。

京都東急ホテル
TEA LOUNGE & BAR「HORIKAWA」

住所:京都府京都市下京区堀川通五条下ル
TEL:075-341-2787
席数:53席
営業時間:10:00~23:00 ※当面の間、バーのみ営業 17:00~22:00(L.O.21:30)
詳しくはこちら

TEXT=Mika Yachida、Momoko Yasui

PHOTOGRAPH=Kiyotaka Kuratome

PICK UP

STORY

MAGAZINE

11月号 Now on sale

ゲーテ11月号表紙は相葉雅紀。エグゼクティブの服選び&秘められし京都の2大特集。

月刊誌「ゲーテ」2022年11月号

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

11月号 Now on sale

ゲーテ11月号表紙は相葉雅紀。エグゼクティブの服選び&秘められし京都の2大特集。

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]11月号が2022年9月24日に発売となる。今号は秋のファッションと京都の2大特集。さらに、くりぃむしちゅー有田哲平に密着し、普段は見せないビジネス脳を丸裸にする企画ほか、相葉雅紀のインタビューやゲーテ公式ECサイト「ゲーテストア」限定アイテムも必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる