本島では味わえない絶景を堪能! 離島ホテル7選【NEW OPEN沖縄リゾート】

今、沖縄では、続々と宿の新規開業・リニューアルオープンが続いている。旅先での密を避けつつ、忙しい都会からもディスタンスをとり、思考を研ぎ澄ます。そんな最新宿を紹介する。

隣接ビーチからショートトリップ!『星野リゾート リゾナーレ小浜島』

広大な敷地にオールスイートのヴィラが点在、ゆったりとした空間の中で、他の客との距離を十分に保つことができる。ホテル隣接のビーチから船で、潮の満ち引きによって現れる絶景スポット「幻の島」へ直行するもよし、白い砂浜に立つ「BOOK&CAFE」で、読書を楽しむもよし。アクティブ派もお籠もり派も満足させる宿だ。

星野リゾート リゾナーレ小浜島
住所:沖縄県八重山郡竹富町小浜2954
TEL:0570-073-055
客室数:60室
料金:ひとり¥21,000~(2名1室利用時、朝食つき、税別)
施設:レストラン、カフェ、プール、スパ、ゴルフ場ほか
詳細はこちら

2500坪に1日1組限定の贅沢な時を過ごせる『うみいろ』

2500坪の広大な土地に1軒佇む宿は、贅沢なことに1日2名までの1組限定。海を望むガラス張りの3部屋は、すべてふたりだけのものとなる。目の前に海、背後に森を有する静かな空間で、黒毛和牛のディナーをいただき、オーナー夫婦の心のこもったおもてなしをうければ、都会での密な日々など、すっかり忘れてしまう。

うみいろ
住所:沖縄県宮古島市城辺字保良557
TEL:0980-77-7670
客室数:1室
料金:ひとり¥18,000(2名1室利用時、朝食つき、税サ別)
施設:ダイニング
詳細はこちら

豪華絶景リゾート『宮古島来間リゾート シーウッドホテル』

宮古島有数の星空スポット・来間島(くりま)に、ラグジュアリーなリゾートが2月に完成。敷地内にある日本料理店「吉祥(きっしょう)」では、沖縄の食材をとりいれた、ここでしか味わうことのできない料理が振る舞われる。さらに日本のトップスパを選ぶアワードに6年間選ばれた「弁天スパ」も体験できて、身体の芯から癒やされる滞在になる。

宮古島来間リゾート シーウッドホテル
住所:沖縄県宮古島市下地字来間484-7
TEL:0980-74-7888
客室数:首里ハウス(ホテル棟)62室、ヴィラハウス(ヴィラ)107室
料金:¥48,400~(1室あたり、朝食つき、税サ込)
施設:レストラン、ジム、スパ、プールほか
詳細はこちら

専属コンシェルジュが滞在をアレンジしてくれる『ANAインターコンチネンタル石垣リゾート

マエサトビーチを目の前に望む最上級カテゴリー「クラブインターコンチネンタル」を含む新棟3館が開業。専用プールやプライべートラウンジで、密を避けられるだけでなく、予約の段階から専属コンシェルジュがつき、さまざまなリクエストに対応してくれるなど、終始ラグジュアリーなおもてなしを受けることができる。

ANAインターコンチネンタル石垣リゾート
住所:沖縄県石垣市真栄里354-1
TEL:0980-88-7111
客室数:86室(クラブインターコンチネンタル)
料金:¥67,000~(1室あたり、朝食、アフタヌーンティー、イブニングカクテル込、税サ込)
施設:レストラン&バーほか
詳細はこちら

ついに完成!リゾートのすべてが詰まった『フサキビーチリゾート ホテル&ヴィラズ

全長1kmの天然ビーチ「フサキビーチ」沿いに広がる巨大リゾートの、約2年にわたる大規模リニューアルがついに完成。4月にはインドアプールや、開放感ある露天風呂を有するウェルネスセンターが、8月には南側の静かなエリアに新ホテル棟も誕生した。ヴィラかホテルか、部屋選びに迷うのも楽しい。

フサキビーチリゾート ホテル&ヴィラズ
住所:沖縄県石垣市新川1625
TEL:0980-88-7000
客室数:398室(うち新設65室)
料金:ひとり¥12,700~(2名1室利用時、朝食つき、税サ込)
施設:レストラン、バー、スパ、大浴場、プール、ビーチ、託児所、ショップほか
詳細はこちら

絶景・古宇利島にもアクセス良好な『ヒルトン沖縄瀬底リゾート

国内屈指の透明度を誇る天然ビーチに囲まれた瀬底島に、ヒルトン日本初のビーチリゾートが7月にオープン。エグゼクティブルームのアウトドアバスに浸かって、広い空を眺めたい。また、ヒルトンでは人と接触しないコンタクトレスチェックイン、接触しやすい部分の徹底消毒、距離を保つことにかけても強化されている。

ヒルトン沖縄瀬底リゾート
住所:沖縄県国頭郡本部町瀬底5750
TEL:0980-47-6300
客室数:298室
料金:ひとり¥23,170~(2名1室利用時、朝食つき、税サ別)
施設:レストラン、スパ、ジム、屋内外プールほか
詳細はこちら
※一部施設の開業延期

オールインクルーシブが嬉しいTHIRD 石垣島

離島につながる石垣港離島ターミナルの目の前にこの夏完成。スイートはベッドルームとバスルーム双方から海を望むことができる。さらにバーでのアルコールを含む飲食がオールインクルーシブなのも嬉しい。またルームキーでなく顔認証での入室など、感染対策デバイスも多く用意されているので安心して過ごすことができる。

THIRD 石垣島
住所:沖縄県石垣市美崎町4-7
TEL:098-083-6366
客室数:28室
料金:ひとり¥20,000~(オールインクルーシブ、税サ別)
施設:レストラン、バー、カフェ、ブックラウンジほか
詳細はこちら


Text=安井桃子