MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

AND MORE

2022.11.20

【朗読・5分で学べる織田信長 】斎藤道三を唸らせた、信長の一言とは

日本の歴史において、誰もが知る織田信長。歴史に名を残す戦国武将のなかでも、信長は極めて特異な人物だった。交渉力、絶体絶命のピンチを乗り越えるアイデア力、咄嗟の判断力……。信長の奇想天外で機転の効いた行動は、日々無理難題を強いられるビジネスパーソンのヒントになるだろう。今回は、美濃の蝮(まむし)と恐れられた斎藤道三との、会見での熾烈な争いをご紹介! 作家・石川拓治さんによるゲーテの人気コラム「信長見聞録」を朗読という形で再発信する。

nobunaga02

斎藤道三に固唾を飲ませた、戦国大名同士の会見での振る舞い

敵の首を刈るのが手柄の時代の感覚でも、斎藤道三(どうさん)は危険人物だった。渾名(あだな)は美濃の蝮(まむし)。主人を追放して大名になったからだ。蝮の子は親の腹を食い破って生まれると信じられていた。

その道三が、富田の正徳寺に信長を誘ったのは、父信秀の死の翌年春のことだ。正徳寺は美濃と尾張の国境近くの一向宗の寺。富田は寺内町で、世俗の権力の及ばない中立地帯だ。トランプと金正恩の首脳会談が、双方の安全を保証するシンガポールで行われたのと同じ話だ。

道三の娘はその数年前に信長に嫁いでいた。典型的な政略結婚だが、ともかくふたりは舅と女婿の関係にある。

【続きはこちら】

5分で学べる! 織田信長と織田信秀

■第一回【朗読・5分で学べる織田信長 】 偉大な父・織田信秀とは

Takuji Ishikawa
文筆家。1961年茨城県生まれ。著書に『奇跡のリンゴ』(幻冬舎文庫)、『あいあい傘』(SDP)など著書多数。

TEXT=石川拓治

PICK UP

STORY

MAGAZINE

1月号 Now on sale

ゲーテ1月号表紙は松田翔太。エグゼクティブを刺激するスノーリゾート&時計の2大特集。

ゲーテ1月号

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

1月号 Now on sale

ゲーテ1月号表紙は松田翔太。エグゼクティブを刺激するスノーリゾート&時計の2大特集。

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]1月号が2022年11月25日に発売となる。本格的なウィンターシーズンの到来に向け、今月号はスキーリゾートを大特集。さらに、新作タイムピースをピックアップした時計特集ほか、新ビジネスを始めた松山ケンイチ、松田翔太のインタビューやゲーテ公式ECサイト「ゲーテストア」限定アイテムも必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる