MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

AND MORE

2022.09.12

京大卒オタク女子が激推しする、傑作シリアルキラー・サスペンス!

読者に薦めたいとっておきの1冊を、京大卒のオタク女子・三宅香帆が毎月ピックアップ! 今回は、読者の価値観を痛烈に揺さぶる傑作シリアルキラー・サスペンス『氷の致死量』をご紹介!

book

読者の価値観を痛烈に揺さぶる1冊

主人公はとある秘密を抱える英語教師、鹿原十和子(かはらとわこ)。赴任先の聖ヨアキム学院では14年前に殺人事件が起きており、十和子はその被害者に興味を持つ。一方、連続殺人犯である八木沼武史は、虎視眈々(こしたんたん)次の獲物をと品定めしていた。十和子と八木沼の人生が思わぬところで交錯した時、驚愕の真実が明らかになる。

2022年5月に映画化され話題となった『死刑にいたる病』。その原作者でもある櫛木理宇(くしきりう)氏の最新作となる、シリアルキラー・サスペンスだ。物語のなかで描かれているのは、社会のさまざまな「こうあるべき」という圧力に悩み、苦しむ人たちの姿。

アセクシャルやアロマンティックと呼ばれる、性愛や恋愛を前提とした関係を他人に求めない男女。娘に過剰なまでに規律を強いてしまう母親。母性を神格化し暴走するシリアルキラー……。作者は殺人事件という題材を通して、性的マイノリティの存在や社会の問題を浮き彫りにし、読者に問題提起を投げかける。その筆致が実に見事で、思わず一気読みしてしまった。

本書はエンタテインメントとして一級品なのはもちろん、時代を映す鏡にもなっている。上質な読書体験をもたらしてくれる小説だ。

『氷の致死量』
櫛木理宇 著/早川書房 ¥2,090

Kaho Miyake
1994年高知県生まれ。書評家、作家。京都大学大学院人間・環境学研究科博士前期課程修了。著書に『文芸オタクの私が教える バズる文章教室』『女の子の謎を解く』等がある。

TEXT=三宅香帆

PICK UP

STORY

MAGAZINE

11月号 Now on sale

ゲーテ11月号表紙は相葉雅紀。エグゼクティブの服選び&秘められし京都の2大特集。

月刊誌「ゲーテ」2022年11月号

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

11月号 Now on sale

ゲーテ11月号表紙は相葉雅紀。エグゼクティブの服選び&秘められし京都の2大特集。

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]11月号が2022年9月24日に発売となる。今号は秋のファッションと京都の2大特集。さらに、くりぃむしちゅー有田哲平に密着し、普段は見せないビジネス脳を丸裸にする企画ほか、相葉雅紀のインタビューやゲーテ公式ECサイト「ゲーテストア」限定アイテムも必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる