GOETHE

MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

HEALTH

2021.12.29

オークラの天空のスパなら極上の癒やしとともに、身体のメンテナンスが叶う

ホテルスパならではの入りやすさと極上感

虎ノ門ヒルズ駅から徒歩5分でThe Okura Tokyoの宴会場エントランスへ。天井が高く、美しい宴会場のホワイエを通り抜け、ロビーフロアを介し、エレベーターで27階へ上がると、オークラ初のスパを有する「Okura Fitness & Spa ANNAYAKE」に到着する。

The Okura Tokyoでは、2019年の開業とともに、日本初上陸となるフランスのスパブランド「ANNAYAKE(アナヤケ)」を導入した。1962年にホテルオークラ東京が開業するにあたり、西洋のホテルの良さを取り入れながらも、日本ならではの伝統美を追求してきたオークラならではの理由がそこにはあった。

「ANNAYAKE(アナヤケ)」はまさにそのストーリーとリンクする。日本の良さを取り入れながら、西洋のアプローチを融合してきた逆の発想で培われてきたブランドゆえ、互いに共鳴。西洋と東洋のそれぞれの美のノウハウを融合したきめ細やかな技術に加えて、竹や椿、柚子などから抽出される日本の伝統的な美の効果を元に、日本とヨーロッパ双方での研究により商品を開発している。

女性用のみならず、敏感になりがちな男性肌のニーズに合わせて誕生したラインも。ジェル状のクリームはユーカリ葉エキス配合により肌を鎮静させる効果が高く、髭剃り後にお薦め。また、フェイスケアはキハダ樹皮配合でベタつかずさらっとした使い心地で肌にハリを与え、滑らかに整えてくれる。

メニューは、フェイシャルとボディ。東洋の自然哲学「五行思想」からインスピレーションを受けてそれぞれ5つのメニューが設けられる。「Tsuchi(土)」(リチャージ)、「Moku(木)」(リラックス)、「水(Sui)」(リフレッシュ)、「火(Hi)」(ルミエール)、「金(Kin)」(リボーン)の5元素をモチーフとしたメニューで、各60分、あるいは90分のコース。セラピストによる入念な事前カウンセリングで、当日の体調や気分に合わせて、相談しながらメニューを選択できるので、一度プランが決まればあとは身を任せるのみ。

スパでありながら、力加減も自由自在

トリートメントの効果を最大限に得るために、温浴施設は外せない。男性用の温浴施設には、ドライサウナ、スチームサウナ、湯風呂、水風呂、炭酸泉、シャワーブースが完備。各シャワーブースもゆったりとしている。石造りの腰掛けるスペースがあるので、サウナ後に腰掛けて冷水を浴びれば、極上の整いも待っている。

サウナーも満足する、血行促進効果があり、木の香りも心地よいドライサウナを完備。スチームサウナもある。

サクッと血行促進した後は、トリートメントルームへ。程よい暗さに五感が研ぎ澄まされる感覚に。

トリートメントはオールハンドで、心身のバランスを整えるように、じっくりと巡りを促してくれる。スパといえば癒やしが先行して、トリートメント的には物足りなく感じる男性も多いが、このSpa ANNAYAKEなら、その心配は無用。利用者の声を元に、強めの圧を中心としたメニューした。力加減はその他のコースでも、都度リクエストできるので格段の満足度を得られるはずだ。

完全個室の7室。内4室は窓からの眺望がより一層の解放感を演出する。シングルルームもゆったりとした贅沢な空間が広がる。2名利用のためのシャワー室を併設したツインルームは3室、さらに内1室には浴槽・スチームサウナも完備する。

セラピストは豊富な知識を礎として、男女の違いを踏まえた上でトリートメントをしてくれるので自分では自覚がなかった身体の疲れに気づき、ケアができた。また、ボディのコースでもヘッドタッチまでしっかりと手掛けてもらえるので、ビジネスパーソンならば、トリートメント後はすっきりして満足度がさらに高まる。

トリートメントのあとは、景色の美しいリラクゼーションフロアでリラックス。テレビ付きの半個室でのんびりするのもいい。アメニティなども申し分ないラインナップで、最初から最後まで、足の先から頭のてっぺんまで、リフレッシュしながら、身体のメンテナンスができた。ヘッドタッチのおかげか、視界も広がったように感じる。Okura Fitness & Spa ANNAYAKEは、癒しとメンテナンスの両方が叶う極上の場所だった。The Okura Tokyoだからこそ体感できる、日本のおもてなしの心地よさを感じて欲しい。

施術中はリラックスのため、カーテンが閉まったままだが、施術後はカーテンがオープン。東京タワーや都心の絶景を望む。

Okura Fitness & Spa ANNAYAKE」
場所:東京都港区虎ノ門2-10-4 オークラ プレステージタワー27F
TEL :03-3505-6086(スパ直通)
営業:10:00~22:00(日曜は~21:30) 完全予約制
※フィットネスのみ会員制。The Okura Tokyo宿泊者はフィットネスとスパの利用可。宿泊者以外はスパのみ利用可(27階浴室利用含む)。追加でジムとプールを利用の場合はビジター料金が必要。

スパトリートメントメニュー
●Tsuchi <リチャージ>あらゆる世代へ
フェイシャル60分、90分/ボディ60分、90分
●Moku <リラックス>若々しい印象の肌へ
フェイシャル90分/ボディ60分、90分
●Sui <リフレッシュ>肌の乾燥が気になる人へ
フェイシャル60分/ボディ60分、90分
●Hi <ルミエール>ワントーン明るい肌へ
フェイシャル90分/ボディ60分
●Kin <リボーン>活力のあるいきいきとした肌へ
フェイシャル60分/ボディ90分
※TsuchiはThe Okura Tokyoオリジナルメニュー。
¥24,200〜¥38,700 ※消費税・サービス料込
詳しくはこちら

ギフト券
ボディ60分 ¥26,000
ボディ&フェイシャル 90分 ¥40,000
ボディ&フェイシャル 120分 ¥50,000
詳しくはこちら

The Okura Tokyo
TEL. 03-3582-0111(代表)

TEXT=谷内田美香(ゲーテ編集部)

PICK UP

STORY

MAGAZINE

2月号 Now on sale

エグゼクティブの寵愛する場所、特別な人! ゲーテ2月号の表紙はウルフルズ30周年を迎えたトータス松本

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

2月号 Now on sale

エグゼクティブの寵愛する場所、特別な人! ゲーテ2月号の表紙はウルフルズ30周年を迎えたトータス松本

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]2月号が12月24日に発売! 総力特集は、経営者の寵愛する場所・特別な人。その他、データ活用で己を知れる、最先端の測定器カタログや、30周年を迎える、ウルフルズ・トータス松本のソウルフルインタビューもお見逃しなく!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる