MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

GOLF

2023.03.25

なぜ、ツアープロたちはスイングと逆方向に素振りするのか

今回は逆打ち素振りについて。連載【吉田洋一郎の最新ゴルフレッスン】とは……

逆打ち素振りの2つのメリットとは

ツアープロが練習場やラウンド中に、いつものスイングと逆方向に素振りをしているシーンを見たことがあるだろうか。逆打ち素振りは右利きなら左手を下にしてクラブを持ち、いつもと逆方向の左打ちスイングでクラブを振る動作になる。

野球のスイッチヒッターのように両打ちをするわけでもないのに、なぜ普段とは逆の素振りをするのか疑問に思う人もいるかもしれない。

ツアープロも取り入れている逆打ち素振りには二つのメリットがある。一つ目はスイング軸の傾きや体の歪みを矯正するためだ。上級者によく見られる傾向として、クラブをインサイドから下ろそうとして、ダウンスイングで右わき腹を過度に縮めてしまうことがある。そうすると体の軸が右側に倒れたスイングになりやすくなるため、振り遅れたり、ダフリやトップのミスにつながる傾向がある。

左打ちの素振りを行うことによって、右わき腹が伸ばされるため、ストレッチ効果が期待できる。フォローサイドで左肩を押し込むようにして、右わき腹が伸びるようにスイングをすれば更に効果的だ。いつもと逆のスイングの素振りを行うことで、スイング軸を矯正できるだけではなく、体の左右のバランスも整えることができる。

逆方向に振ることで軌道のイメージを明確に

逆打ち素振りのもう一つのメリットは、バックスイングとフォロースルーが入れ替わるため、スイング軌道のイメージが明確になることだ。右打ちの人が逆打ち素振りをすると、右打ちのフォロースルーの動きがバックスイングの動きになり、同じようにバックスイングがフォロースルーの動きになるといった具合に動作が逆になる。それによって、今まで気づかなかった動きや感覚を身に付けることができる。

フォロースルーはクラブの勢いに任せてしまいがちな動作だが、逆打ちだとバックスイング動作になるため、自分自身の動きによってクラブを上げていくことになる。普段、クラブの勢いに任せてフォロースルーの体の動きやクラブの動きをイメージできていない人は、フォロースルーで体の回転動作やクラブ軌道を確認してほしい。

一方、逆打ちのフォロースルーは、普段のスイングのバックスイングにあたる。ここではバックスイング時のクラブを上げるスピードや、クラブと体の運動量を確認してほしい。バックスイングを意識的にゆっくりしようとする人がいるが、クラブヘッドに勢いがないことによってその反動が使えず飛距離が出にくくなる。

更に、クラブと体が同じ運動量で動くことによって、切り返しで上半身が先行しやすく、体を動かす順番である運動連鎖がうまく機能しない傾向がある。そのような人は逆打ちのフォロースルーの動きによって、バックスイングで勢いよくクラブを上げる感覚を養うことができる。いつもに比べてクラブヘッドがサッと上がる感覚になるが、クラブヘッドの運動量は常に体の運動量よりも多くならなければいけないので問題はない。

クラブヘッドと体の運動量の割合を意識しながら、スピーディーにクラブが上がる感覚を身につけてほしい。

左手を下にした逆打ちの素振りをした後、右手を下にした普段のグリップで左打ちの素振りをしてもいいだろう。左手を下にした時よりも、右打ちのスイングのイメージが明確になるはずだ。

逆打ちの素振りは、クラブさえあればどこでもできる。ラウンド前や練習の前後などに取り入れて、体のバランスやスイングイメージの調整に役立ててほしい。

【動画で解説】

過去連載記事

連載【吉田洋一郎の最新ゴルフレッスン】とは……
世界No.1のゴルフコーチ、デビッド・レッドベターの愛弟子によるゴルフレッスン。多くのアマチュアゴルファーを指導する吉田洋一郎コーチが、スコアも所作も洗練させるための技術と知識を伝授する。

↑ページTOPへ戻る

この連載をもっと読む

連載
吉田洋一郎の最新ゴルフレッスン

世界No.1のゴルフコーチ、デビッド・レッドベターの愛弟子によるゴルフレッスン。多くのアマチュアゴルファーを指導する吉田洋一郎コーチが、スコアも所作も洗練させるための技術と知識を伝授する。

TEXT=吉田洋一郎

PHOTOGRAPH=小林 司

COOPERATION=取手桜が丘ゴルフクラブ

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

4月号 Now on sale

【ゲーテ4月号】特集は価値観を覆す過激なエクストリーム旅。表紙にはプロスケーター・高橋大輔が登場

表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

4月号 Now on sale

【ゲーテ4月号】特集は価値観を覆す過激なエクストリーム旅。表紙にはプロスケーター・高橋大輔が登場

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ4月号』が2月24日に発売となる。簡単には経験できない、人生を変える過激な旅を総力取材。さらに旅のエキスパートたちの相棒アイテムも紹介。プロスケーター高橋大輔の貴重な撮り下ろしカットを多数掲載収録。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる