GOETHE

MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

GOLF

2020.10.31

インドアではいいのに、コースでうまくいかない理由

世界No.1のゴルフコーチ、デビッド・レッドベターの愛弟子・吉田洋一郎による、最新ゴルフレッスンコラム115回目。多くのアマチュアゴルファーを指導する吉田洋一郎コーチが、スコアも所作も洗練させるための技術と知識を伝授する。

ゴルフスイング

コースでダフりを連発する理由

先日、50代になってゴルフを本格的に再開したというアマチュアとラウンドする機会があった。この半年間、インドアの練習場でレッスンを受けながらラウンド再開に向けて取り組んできたそうで、スイングも基本に忠実でしっかりと練習していることがうかがえた。

しかし実際のコースでは、マットの上でボールを打つシュミレーションゴルフとは勝手が違ったようだ。コースに出れば傾斜もあるし、バンカーやベアグラウンドでも打たなくてはならない。実際に、そのアマチュアも林の中に入ってしまった際に、ベアグラウンドでダフって林から脱出できなかったり、フェアウェイど真ん中から大ダフりをしたりと、コースとインドアの違いに困惑しているように見えた。

しかし、今までシュミレーションゴルフばかりで、実際のコースに慣れていないゴルファーには仕方のないことだ。インドアの練習場では多少ダフり気味でも、マットの上をクラブが滑るのでミスがカバーされる。しかし、フェアウェイバンカーやベアグラウンドなど芝のない場所はもちろん、短く刈り込まれたフェアウェイからでも、同じような感覚で打つとダフりのミスになってしまうことが多い。

なぜ、ダフりのミスになってしまうのかというと、多くの場合すくい打ちになっていることが原因だ。特に、インドアのマットの上で練習をしていると、ダフりが許容されるため、すくい打ちの癖がついてしまうことがある。さらに、地面にあるボールが空中に上がる仕組みを理解していないことも、すくい打ちによるダフリの原因となる。クラブヘッドにはロフトと呼ばれる角度がついているが、このロフトはボールを上げるために欠かせない機能を持っている。クラブヘッドが下降軌道でボールに当たれば、ロフト角とフェースの溝が与えるスピンによって、上げようとしなくても自然とボールは上がっていく。

クラブのロフトを信じてダウンブローに打つ

地面にあるボールを高く遠くへ飛ばそうと思えば、下から上へすくい上げようとしてしまうのは人としての本能だ。日常生活の中でクラブのような道具を使うことはほとんどないので、この原理をわかっていたとしても、ボールを目の前にするとクラブのロフトを信じられず、地面にあるボールを上げに行きたくなる心理は理解できる。だから、ボールをすくい上げてしまう人はイメージを変えることが大切だ。

すくい打ちによってダフる傾向にあるゴルファーは、ボールの先にある地面を削るようにダウンブローでインパクトするイメージを持ってほしい。コーチによっては「打ち込む」という表現をすることもあるが、言っていることは同じだ。要するに、ボールの先にスイングの最下点がくるようにイメージすることが大事だ。そうすれば、クラブヘッドが下降軌道の中でボールをとらえることができるようになるだろう。

前出のアマチュアには、ベアグラウンドではボールの先の土を削るようにアドバイスした。そのイメージを視覚化するため、ボールの先にある枯葉などの目印になるものを一緒に打つイメージを持ってもらった。すると、林の中から上手に脱出できるようになっただけではなく、そのイメージを持つことでフェアウェイやラフからもナイスショットを連発し、見違えるような球を打つようになった。

インドアや練習場でフォームを固めることは重要なことだし、シュミレーションゴルフでラウンド感覚を養う練習をすることも大事だと思う。しかし、芝の上やベアグラウンドでしか身につかない技術もある。すくい打ちでダフり傾向のゴルファーは、ロフトを信じてダウンブローでボールをとらえてみてほしい。

TEXT=吉田洋一郎

PHOTOGRAPH=小林 司

COOPERATION=取手桜が丘ゴルフクラブ

PICK UP

STORY

MAGAZINE

4月号 Now on sale

創刊15周年特別号! 人生の決戦にチカラを与える、仕事人の勝負アイテムを大特集/表紙 宮本浩次

ゲーテ4月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

4月号 Now on sale

創刊15周年特別号! 人生の決戦にチカラを与える、仕事人の勝負アイテムを大特集/表紙 宮本浩次

2月25日発売の「ゲーテ4月号」は創刊15周年特別号! 表紙を飾るのは、エレファントカシマシのボーカリストであり、現在ソロ活動中の宮本浩次。総力特集は「勝負」にフォーカス! アグレッシブに仕事に打ち込む者たちの傍らには、活力を与え続けてきた勝負アイテムがある。闘う仕事人たちの相棒と、その勝負論に迫る! そのほか「勝負下着特集」や「時計特集」、新連載「JRA競走馬の成長秘話 走れ! ゲーテ号」も必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

Salon Memberになる