GOETHE

MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

FASHION

2020.12.22

ボーナスで狙うべき! 身も心も温める最旬コート6選【ダッフル・レザー・カジュアルコート】

冬装束の揺るぎない主役のコートは、新型コロナ禍でのリラックス志向の強まりから、今季はより注目度が高まっている。リラックスした旬のシルエットを基調に、各ブランドの最新コートをキーワード別に紹介する。

ラグジュアリートラッドが新鮮“DUFFLE”

トラディショナルなコートの代名詞であるダッフルコート。英国調の流れで久しぶりにリバイバルしているが、新調するならムートン製を推奨したい。ラグジュアリーで優雅な余裕が漂い、気になる学生っぽさも皆無である、大人のダッフルが愉しめる。

PRADA

DUFFLE

ダッフルの男らしさとムートンの贅沢感をひとつに
非常に柔軟で暖かい、しっとりとした極上ムートンを用い、ダッフルコートをラグジュアリーにアップデート。トグルボタンやフードなどのオーセンティックなディテールを採用しつつ、前立てやカフス部分を羊毛に切り替えることでモダンかつリッチな雰囲気に。またややもすると重厚になりがちなムートンだが、すっきりとしたシルエットや細めのアームホールにより、スマートかつ軽やかな佇まいに。圧倒的な存在感により、ニットやシャツに羽織るだけでスタイルがきまるはずだ。コート¥972,000、パンツ¥149,000、ブーツ¥143,000〈すべて予定価格〉、セーター参考商品(すべてプラダ/プラダ クライアントサービス TEL:0120-45-1913)

 

シンプルな着こなしにアクセント“LEATHER”

軽量な皮革素材が開発された近年、増えたのがレザーコート。圧倒的存在感を備えつつ、軽く快適に羽織れるのがその魅力だ。シンプルに羽織るだけで、装いがラグジュアリーにきまる。

HERMÈS/BOTTEGA VENETA/SALVATORE FERRAGAMO

LEATHER

存在感がありながらも大仰にならないのが紳士のレザーコートの条件

右:タスカン オリーブと名づけられた、奥深さとみずみずしさを併せ持つグリーンのカーフスエードで仕立てたトレンチコート。無駄のないデザインや軽快なヒップレングスにより、シーンを問わず着やすい雰囲気に。コート¥790,000、セーター¥77,000、パンツ¥90,000、靴¥130,000(すべてサルヴァトーレ フェラガモ)、サングラス¥47,000(サルヴァトーレ フェラガモ アイウェア/すべてフェラガモ・ジャパン TEL:0120-202-170)

中:耐水加工を施した薄手の軽量カーフレザーに止水ジッパー、着脱可能なナイロンフード、ドローストリングなどスポーティな要素を組み合わせた新作アウター。接ぎの少ないマットな質感のレザーにより、大人らしくラグジュアリーに羽織れる。コート¥1,000,000、シャツ¥72,000、セーター¥110,000、パンツ¥90,000、靴¥83,000(すべてボッテガ・ヴェネタ/ボッテガ・ヴェネタ ジャパン TEL:0120-60-1966)

左:革本来の風合いを活かすべく、皮革職人が丁寧に鞣(なめ)したナチュラルカーフスキンを全面に用いた贅沢な逸品。スムーズな手触りと美しさは唯一無二であり、パッド入りで柔軟かつ軽量なのも特徴だ。リブ襟や大きなポケットなど機能的デザインで、フードは着脱可能。コート¥2,440,000、シャツ¥238,000、パンツ¥107,000、カードケース¥148,000、ストラップ¥78,000、ブーツ¥164,000(すべてエルメス/エルメスジャポン TEL:03-3569-3300)

 

休日スタイルを都会的に洗練“BLACK”

今季は休日もリラックス感のあるロング丈のカジュアルコートを着たいが、最適なのがモードメゾンの提案するブラックのモデルだ。休日らしいカジュアルなデザインも都会的かつ大人らしく着こなせる。合わせもモノトーンでシックにまとめるのが気分だ。

VALENTINO

BLACK

さまざまな要素を昇華した漆黒のカジュアルモード
ミリタリーやアウトドアを想起させる、モダンかつ機能的なディテールをちりばめたフードつきのカジュアルコートは、コットンベースのテクニカルファブリックにホワイトのデタッチャブルムートンライニングの組み合わせ。ライニングの着脱で、真冬から春先までロングシーズンで着回せるはずだ。オールブラックに1点、アイコニックなラバー製のVLTN TAGが都会的でスタイリッシュなアクセントに。コート¥570,000、ジャケット¥360,000、Tシャツ¥65,000、パンツ参考商品(すべてヴァレンティノ)、バッグ¥132,000、ブーツ¥92,000(ともにヴァレンティノ ガラヴァーニ/すべてヴァレンティノ インフォメーションデスク TEL:03-6384-3512)

RAF SIMONS

BLACK

モードの先導者がつなぐストリートとラグジュアリー
ラフ シモンズの定番「ラボコート」は、要素を削ぎ落としたミニマルなディテールが特徴。この秋冬の最新モデルは、随所にシワを施したブラックのナイロンとフェイクファーのリバーシブル仕様であり、ストリートとラグジュアリーを1着で楽しめる。またカラーレスのV ネックデザインは幅広いアイテムと合わせやすい。コート¥286,600(ラフ シモンズ)、セーター¥42,500(ボラミー・ヴィギエ)、パンツ¥35,000(タキャシ/すべてインターナショナルギャラリー ビームス TEL:03-3470-3948)スニーカー¥59,000(フィリップモデル/トヨダトレーディング プレスルーム TEL:03-5350-5567)

DIRECTION=島田 明

TEXT=竹石安宏(シティライツ)

PHOTOGRAPH=前田 晃〈人物〉

STYLING=久保コウヘイ

HAIR&MAKE-UP=YAS(MØ)

PICK UP

STORY

MAGAZINE

3月号 Now on sale

なぜ、手がける企業は躍進するのか? 佐藤可士和の超仕事術を大解剖!/表紙 佐藤可士和

2021年3月号

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

3月号 Now on sale

なぜ、手がける企業は躍進するのか? 佐藤可士和の超仕事術を大解剖!/表紙 佐藤可士和

1月25日発売の「ゲーテ3月号」は名だたる企業のクリエイションを一手に担い成長へ導いてきたクリエイティブディレクターの佐藤可士和を大特集。進化型サウナの最前線GO TO SAUNA特集や、魅惑のチョコレート特集も必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

Salon Memberになる