GOETHE

MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

ENTERTAINMENT

2021.01.18

時代が刻まれる、100年後も残るユーミン渾身のアルバム『深海の街』

深海の街

世界史に残る2020年を音楽で描き上げた作品

コロナ禍の2020年12月、ユーミンが渾身のアルバム『深海の街』を発表した。

「世界史に残る特別な年を自分のために記録しておきたいと思いました。こんな作品を作ったシンガー・ソングライターが日本にいたんだ――と100年後の人が聴く作品にしたかった」

ユーミンが語るとおり、『深海の街』には凄みや覚悟が感じられる。

1曲目の「1920」は、100年前の史実をモチーフに歌詞がつづられる。1920年は2020年と似た状況。スペインかぜで世界中の命が失われるなか、ベルギーでアントワープオリンピックが開催された。

100年前と現在、時空を超えた景色が歌われ演奏される。

「音楽家は時代を作品として残すべき。ボブ・ディランが『風に吹かれて』を作ったようにね」とプロデューサーの松任谷正隆。

収録曲の多くは、3〜5月末のステイホーム期に、自宅内のプライベートスタジオで音源を作り始めた。

そして夏、年内の発表を強く望んだユーミンは完成へ向けてギアを上げ、歌詞をつむいでいったという。

応援歌ではない。癒やしの音楽でもない。力のある作品こそが、その時代とともにリスナーの脳に記憶され、エバーグリーンになる。

 

深海の街

『深海の街』
ユニバーサル ミュージック ¥3,200
ドラマのテーマ曲「知らないどうし」、ハウス食品のCM曲「雪の道しるべ」など12曲収録。2021年9月からは全国ツアーを予定。

 

TEXT=神舘和典
1962年東京都生まれ。音楽ライター。『ジャズの鉄板50+α』(新潮新書)、『25人の偉大なジャズメンが語る名盤・名言・名演奏』(幻冬舎新書)など著書多数。

TEXT=神舘和典

PICK UP

STORY

MAGAZINE

4月号 Now on sale

創刊15周年特別号! 人生の決戦にチカラを与える、仕事人の勝負アイテムを大特集/表紙 宮本浩次

ゲーテ4月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

4月号 Now on sale

創刊15周年特別号! 人生の決戦にチカラを与える、仕事人の勝負アイテムを大特集/表紙 宮本浩次

2月25日発売の「ゲーテ4月号」は創刊15周年特別号! 表紙を飾るのは、エレファントカシマシのボーカリストであり、現在ソロ活動中の宮本浩次。総力特集は「勝負」にフォーカス! アグレッシブに仕事に打ち込む者たちの傍らには、活力を与え続けてきた勝負アイテムがある。闘う仕事人たちの相棒と、その勝負論に迫る! そのほか「勝負下着特集」や「時計特集」、新連載「JRA競走馬の成長秘話 走れ! ゲーテ号」も必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

Salon Memberになる