GOETHE

MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

ENTERTAINMENT

2017.01.19

『人魚姫』滝藤賢一の映画独り語り座24

役者・滝藤賢一が毎月、心震えた映画を紹介。超メジャー大作から知られざる名作まで、見逃してしまいそうなシーンにも、役者のそして映画のプロたちの仕事はある! 役者の目線で観れば、映画はもっと楽しい!!

『人魚姫』

笑っていいのか泣いていいのか

チャウ・シンチー、あんた最高だよ!

年の瀬ですね。2016年の日本の映画興行はなかなか好調だったようですが、今から紹介するのはアジアの歴代興行収入を塗り替えたNo.1作品、『人魚姫』です。

監督は『少林サッカー』『カンフーハッスル』のチャウ・シンチー。潔いほどのバカバカしさ、てんこ盛り。

今回、25億円という膨大な製作費をかけたそうですが、どこにそのお金を使ったのか……。実写とCG部分との差がとにかく雑。気持ちいいくらいになじんでいない。メインの俳優以外はどこから連れてきたのか、その辺にいる普通のオッサン・オバサン感が半端ない。もうそれだけですでに面白いのに、ワンカットごとに「これでもかっ!」というほど、ぶちまけられるギャグの応酬。それも突然、頭上にタライが落ちてくるような典型的なギャグばかり。しつこいぐらい同じことを繰り返してくるチャウ・シンチーお決まりのパターンは、ドリフ世代には堪らない!

なかでも、上半身が人間で下半身はタコの”タコ兄”には要注意! タコ兄って名前だけでも充分おかしいのに、見るほどに腹筋が崩壊する面白さ。演じている当人は真剣だから、なお面白い。この終始ふざけまくっているタコ兄が、ラストには人魚族のリーダーとして戦うんだから反則だ。格好よすぎて涙が止まらない……。笑いと涙は隣り合わせだと実感。

シンチー監督は無名の女子を発掘することでも有名です。毎回、冒頭でヒロインは垢抜けなく小汚い。でも、ラストには洗練され、演じた子は公開後には大スターとなっています。今回もそのパターンは顕在。終盤、それまでのおふざけが一変し、突然、『アバター』のように高等なメッセージのなか、人魚族VS人間の凄まじい戦いになりますが、映画を通してあからさまに説教しているのがチャウ・シンチーの食えないところ(笑)。

ああ、滝藤もタコ兄、やりたい。シンチー監督の映画には意味なく半ケツの男が出てきますが、私も日本では相当ケツを出してきた部類です。どなたか、口添えをお願いします。

『人魚姫』

(C)2016 The Star Overseas Limited

『人魚姫』
監督はアジアで人気の俳優、コメディアンのチャウ・シンチー。2016年2月に中国で公開されるや大ヒット、最終的に591億円の興行収入でアジアの歴代興行収入のトップに輝いた。海中にしかけた強力兵器で海洋生物を排除する若き青年実業家(ダン・チャオ)と、人魚族の戦いを壮大に描く。
2016年/中国
監督:チャウ・シンチー
出演:ダン・チャオ、リン・ユン ほか
配給:ツイン
2017年1月7日よりシネマート新宿ほか全国順次公開

COMPOSITION=金原由佳

PICK UP

STORY

MAGAZINE

1月号 Now on sale

キーワードは隠れ家!? 新しい時代の邸宅特集/表紙 近藤真彦

2021年1月号

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

1月号 Now on sale

キーワードは隠れ家!? 新しい時代の邸宅特集/表紙 近藤真彦

11月25日発売の「ゲーテ1月号」は新しい時代の邸宅特集! そのほか「仕事に効く”個性派”高級ウォッチ」や「賢者8人が選ぶ!秘蔵ワインリスト」も必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

Salon Memberになる