MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

CARD PR

2022.01.07

ダイヤモンドが埋め込まれた”究極”の完全招待制カードを持つ真の価値とは? ──連載「新しい時代のお金の動かし方」Vol.10

生活様式が劇的に変化し、真の意味での「豊かなライフスタイル」が求められる昨今。新しい時代にふさわしいクレジットカードの選び方・使い方を、今一度考えてみたい。連載「新しい時代のお金の動かし方」第10回は、ラグジュアリーカードが日本上陸5周年を記念してローンチされたばかりの最上位カード「Mastercard®️ Black Diamond™」について、同社事業開発本部長の菊地望氏に話を訊いた。

米国発祥なのに日本で初ローンチ

2021年11月。ラグジュアリーカードの今後の展開にとって分岐点となるビッグニュースが日本から初めて発信された。これまで最上位ランクだったGold Cardを超える新たなる究極のカード「Mastercard®️ Black Diamond™」がローンチ。”入会金110万円、年会費66万円、完全招待制”という世界でも稀にみる高額カードの誕生である。しかもラグジュアリーカード発祥の米国ではなく、日本で最初にローンチされたことが何よりのサプライズだった。その理由を同社事業開発本部長の菊地氏はこう説明する。

「ひとつ大きかったのは2021年11月でわれわれが5周年を迎え、それに合わせて何かセレブレーションをしたかったということ。それと同時に、ここ1~2年、日本での会員利用数が伸び、過去最高の売り上げを更新し続けたことが要因になっています。ラグジュアリーカードは米国、日本、中国の3ヵ国で展開していて、コロナ禍によるダウンからどの国もいち早く回復したのですが、特に日本は伸び率がよくその実績が本国から認められて第一号になりました。おかげさまで、年会費入会費が高額であるにもかかわらず、新規の方や既存の会員様から多くの問い合わせをいただいております。高いからではなく”誰でも持てないものを持ちたい”というステータスの方々にわれわれの思いが届いたのだと考えています」

究極のクラフトマンシップ

「Mastercard®️ Black Diamond™」の驚くべき点は、その見た目である。光沢を抑えたマットブラックの券面には、なんと、ハイジュエリーに施されるほどの純度を誇る天然ダイヤモンドがはめ込まれてるのだ。0.1ミリの世界にこだわり、職⼈たちがひとつひとつ手作業でカット。約1時間をかけて磨き上げられ、特殊加工でカードと同色に仕上げることで、シックな上質感をもたらしている。持っているだけで優越感を得られるほかにはないデザインとなっている。

「人とは違う、他がやっていないことをやろうというのがラグジュアリーカードのフィロソフィーです。これまでの最高位カードであるGold Cardも24金製と特別感を出していますので、その上をいくものはなんだろうと社内で考えた時に、ブラックダイヤモンドを世界で初めて搭載するカードにするという結論に達しました。カードにひとつのダイヤを埋め込むというのは、着想から実装するまでにまず2年以上かかりましたね……。カードに入る薄さにダイヤをカットするというのが凄く難しくて何度も試作をやり直しました。機械でできないので職人たちがひとつひとつ手作業で仕上げるため困難を極めましたが、他にないものを作りたいという強い意志もあってようやくローンチすることができました」(菊地氏)

熟練のコンシェルジュがチーム制で会員をサポート

デザインだけでなく、もちろん優待内容も破格である。大手エアライン国際線特典航空券(日本-ハワイ便往復ビジネスクラス相当)マイルのプレゼント(年1回)、GILTの目利きがセレクトする究極のカスタマイズギフト(1回15万円相当、年2回)、国内外で利用できるMarriott GiftCardや東急ホテルズと提携した選べるホテルギフト(最高20万円相当)などなど、その充実ぶりは年会費を軽く上回る内容だ。さらに、超人気のパークハイアット東京 スパ&フィットネス施設「クラブ オン ザ パーク」が入会金、保証金、年会費なしで週1回特別メンバーとして利用可能となったり、予約の取りづらいレストランや会員制レストランなどが定期的に確保できたり、よりパーソナルにカスタマイズされたサービスが受けられるようになった。それらのサービスなどをBlack Diamond会員をよく知る熟練のコンシェルジュがチーム制でサポートしてくれるのもありがたい。

「とにかく、フレキシビリティを出そうと心がけました。たとえばホテルの利用などは、誰と行きたいのか、いつ行きたいのかというのはお客様それぞれのニーズがあるので、それに応えられるようにしたかった。最高20万円相当の優待を自由に使えるので、出張利用だったらリーズナブルなところで連泊もできますし、カップルや夫婦でのご利用だったら豪華なところに1泊ということもできる。また、航空券ではなくマイルを差し上げるので様々な利用ができますし、GILTさんのギフトもお客様によってカスタマイズできることが特徴ですね。またコンシェルジュたちは会員様と常日頃からやり取りできるので、”お客様はこんなレストランが好きだから、今度はこんなところはどうですか?”などとアドバイスをもらえたりもできるんです」(菊地氏)

もちろん誰もが会員になれるわけではない。完全紹介制のうえ、審査を通過し、入会金と年会費を払わなくてはならないからだ。しかし、だからこそ「Mastercard®️ Black Diamond™」はその価値は増し、会員たちだけのコミュニティが形成されるのである。実際にリリース後、会員のみならず新規で多数の問い合わせが届いているという。そうした横のつながりを得られることに、ラグジュアリーカード最高位ランクの本質が存在しているのである。

「条件をクリアして入れたもの同士で横で繋がれるというのは間違いなくこのカードの売りです。会員様だけで定期的に集まって、ワイン会やビジネス会などを開きます。単なるクレジットカードではなくてコミュニティにしたいと考えているのです」(菊地氏)

高額な入会金や年会費を上回るコミュニティや体験の提供。それこそが文字通り、ダイヤモンド級の価値を放つのである。

LUXURY CARD
2008年米国で創業された富裕層向けクレジットカード。重厚感ある金属製カードを特徴とする。マスターカードが認定した上位クラスのカード「ワールドエリートMastercard®」を採用。24時間365日、グローバルコンシェルジュが対応。ポイント還元率は業界最高水準の1.5%、賞品交換では最大3.3%。「プライオリティ・パス」「ダイニング優待」といった定番のサービスのみならず、「リムジンサービス」「美術館・映画館の無料鑑賞」「会員制カフェ・ラウンジアワー」、経営者向けにカード会員に自社商品を宣伝できる「LCオーナーズコミュニティ」などユニークなサービスを数多く提供している。

TEXT=ゲーテ編集部

PICK UP

STORY

MAGAZINE

11月号 Now on sale

ゲーテ11月号表紙は相葉雅紀。エグゼクティブの服選び&秘められし京都の2大特集。

月刊誌「ゲーテ」2022年11月号

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

11月号 Now on sale

ゲーテ11月号表紙は相葉雅紀。エグゼクティブの服選び&秘められし京都の2大特集。

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]11月号が2022年9月24日に発売となる。今号は秋のファッションと京都の2大特集。さらに、くりぃむしちゅー有田哲平に密着し、普段は見せないビジネス脳を丸裸にする企画ほか、相葉雅紀のインタビューやゲーテ公式ECサイト「ゲーテストア」限定アイテムも必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる