MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

CAR

2022.03.26

【試乗】跳ね馬が導く、新世代スーパーカーの最適解! 「フェラーリ 296 GTB」

跳ね馬のエンブレムを掲げたロードカーとしては初の6気筒エンジン+モーターを搭載した新世代モデル、フェラーリ 296 GTBが登場。モデル名の296は2992ccの6気筒を意味し、GTBはグランツーリスモ“GT”+イタリア語でスポーツクーペの意味を持つベルリネッタ“B”を組み合わせたもの。先ごろ行われたスペインの国際試乗会で、自動車ライター西川 淳が一騎乗り!

跳ね馬のゲームチェンジャー

昨年発表されたフェラーリの新たな主力モデル、フェラーリ 296 GTBをようやく試すことができた。国際ローンチ試乗会が行われた場所は、なんとスペインはセビーリャ。高級ブランドの試乗会ロケーションとしてよく使われる町ではあるけれど、相手がフェラーリとなると話がまた違ってくる。なぜなら、かの世界一有名なスポーツカーブランドがイタリア国外でデビュー試乗会を開催することなど未だかつてなかったことだからだ。この新型モデルに対するマラネッロの気合いの入りようがわかるとともに、彼ら自身のビジネス戦略や組織にも何かしらか変化の兆しが見受けられるということか…。

それはともかく、試乗インプレッションを報告する前にフェラーリ 296 GTBについて簡単にその誕生の背景や概要を振り返っておこう。マラネッロの伝統に則ってその車名を読み解けば、2.9ℓの6気筒エンジンを搭載するグラントゥーリズモ・ベルリネッタとなる。

これまでのフェラーリ・クーペの伝統と決別、典型的なスパイダーモデルに見られるルーフとリア・ボンネットにギャップを設けた。

ここで注目すべきはミッドシップモデルに6気筒エンジンを積んだことだ。これまでフェラーリの主力モデルといえば8気筒エンジン搭載で、フラッグシップとして伝統の12気筒モデルを据えていた。内燃機関への規制がこうも厳しくなってくると、マラネッロも流石に善後策をとる必要に迫られる。そこで次世代ラインナップでは、気筒数を減らしたうえでプラグインハイブリッドシステムを組み合わせ、従来シリーズを上回るパフォーマンスを得ようと考えたのだった。マラネッロの電動化で、近い将来、フル電動モデルの登場も予定されている。

フェラーリ 296 GTBは、新開発のV6エンジンにひとつの電気モーターを加え、比較的大容量のバッテリーを積んだ、電動走行も可能なプラグインハイブリッドのミッドシップ2シーターカーである。プラグインハイブリッドモデルとしてはV8+3モーターのフェラーリ SF90シリーズに次ぐ第2弾。事実上、V8ミッドシップモデルの後継となるからフェラーリ 296 GTBはロードカービジネスの大黒柱になる、というわけだった。

リッターあたりの出力は221hpと、フェラーリ市販車の出力記録を塗り替えた。0→100km/h加速2.9秒、最高速は330km/h以上に到達する。

国際試乗会の起点となったのはセビーリャ郊外のサーキット“モンテブランコ”。まずはサーキット走行を意識したオプションパッケージモデル、フェラーリ 296 GTBアセット・フィオラーノでモンテブランコを走ることに。

パフォーマンススペックそのものはフェラーリ F8トリブートを大いに上回っている。重いバッテリーを積んだことによるダイナミック性能への影響があるのかどうか。まずはそれを知りたかった。

フルデジタルインターフェースを中心に構成されたコクピット。オプションパッケージ、フェラーリ 296 GTBアセット・フィオラーノには4点式シートベルトが備わる。

6気筒になっても濃ゆい、官能サウンド

結論から言うと、マラネッロは良い仕事をした。3モーターというより複雑なシステムを先にものにしたフェラーリ SF90での経験が役に立ったのだろう。システム制御の洗練度という点でフェラーリ SF90を上回っている(もちろん1モーターというシンプルなシステム構造でもあるからだが…)。速度やギアに応じてV6ツインターボエンジンの出力を電気モーターが補正して、まるで大排気量の自然吸気エンジンのように、どのギア・どの回転数からでも、目を見張る加速をみせるのだ。そのうえ、サウンドも官能的。決して爆音系ではなく、いつまでも聞いていたいエグゾーストノートである。

何よりクルマとの一体感が強く、車体重心を腰下で常に感じながらの走行は、ひとまわり小さなモデルをドライブしているかのようだった。実際、前後軸間距離(ホイールベース)はミッドシップフェラーリのF8系に比べて50ミリ短くなっているのだが、その数値以上に小さくなった印象だ。F8系にはまだしもダブっとしたスーツを着ている印象があったが、フェラーリ 296 GTBではピタッとフィットしている。

新型の高回転型120°V6エンジン(ティーポF163)は、プラグインハイブリッド(PHEV)モーターとの組み合わせで830hpを発生。レブリミッターは8500rpm!

シャシー制御も一段と進化した。蛮勇を振り絞って右足に力をこめ、早め早めにステアリング操作を行えば、プロフェッショナルが先導する早いペースに苦も無くついていける。しかもクルマに制御されているという気がしない。自分のテクニックが上達したような気にさせるから、楽しいのだ。よくよく考えてみれば800馬力以上のRWD(後輪駆動)を夢中になって走らせるなんてこと自体、アマチュアには本来不可能な話だろう。

サーキットで心地よい汗をかいたのち、山間部の一般道へと繰りだした。ここでも自由自在に操っていけるという安心感がものを言う。走ったことのないワインディングロードを結構なペースでひらりひらりと駆けぬける。思いどおりに、しかも自信を持って走れているという実感が、ついついペースアップになってしまう。

ミッドリアエンジン・ベルリネッタのアイデンティティを再定義。過去10年間に発表したどのクーペよりもコンパクトという。

小さな街の中で信号に引っかかった。下校中の子供達がサウンドを聞かせろと囃し立てる。いつもならここでレーシングのひとつでも聞かせてやって、豪快な加速を見せびらかすところだけれど、296でそんな野暮はしたくない。ここで、そっとドライブモードをEV走行にかえ、スルスルっと走り抜けた。

無音の跳ね馬に、子供たちのみならず大人たちも唖然としていた。フェラーリ新時代の幕開きだ。

後輪駆動にプラグインハイブリッド(PHEV)を組みこむのは、フェラーリの市販車として初の試み。フルEVモードで約25kmを走行、その最高速度は135km/hに達する。

Bピラーの後部にある給電ソケット、ガソリン給油口の反対の位置にレイアウトされた。

フェラーリ 296 GTB
ボディサイズ:
全長4565×全幅1958×全高1187mm
ホイールベース:2600mm
車両重量:1470kg
駆動方式:MR
パワートレーン:
120度 V6 DOHCツインターボ+モーター
総排気量:2992cc
エンジン最高出力:663hp/8000rpm
エンジン最大トルク:740Nm/6250rpm
モーター最高出力:167ps
モーター最大トルク:315Nm
バッテリー容量:7.45kWh
トランスミッション:8速DCT
¥37,100,000〜
フェラーリ 296 GTBの詳細はこちら

TEXT=西川淳

PHOTOGRAPH=フェラーリs.p.A.

PICK UP

STORY

MAGAZINE

1月号 Now on sale

ゲーテ1月号表紙は松田翔太。エグゼクティブを刺激するスノーリゾート&時計の2大特集。

ゲーテ1月号

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

1月号 Now on sale

ゲーテ1月号表紙は松田翔太。エグゼクティブを刺激するスノーリゾート&時計の2大特集。

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]1月号が2022年11月25日に発売となる。本格的なウィンターシーズンの到来に向け、今月号はスキーリゾートを大特集。さらに、新作タイムピースをピックアップした時計特集ほか、新ビジネスを始めた松山ケンイチ、松田翔太のインタビューやゲーテ公式ECサイト「ゲーテストア」限定アイテムも必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる