GOETHE

MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

CAR

2021.06.14

力強くトルキーで軽妙な走り! 最新のアルピナマジックの体感値とは?

BMWをベースに独自のチューニングを施し、完成新車を製造している自動車メーカーがアルピナ。年間1700台前後のみ製造されるドイツ車として洗練された動力性能を備える一方、その様式は“優美で控えめ”であることを信条としている。今回紹介するアルピナ「D5 S」は今春デリバリーが始まった最新型。BMW 5シリーズの4WD仕様“アルラット”に、心臓部には3ℓ直6ディーゼルビターボ(ツインターボ)を搭載。4.4ℓV8ビターボを載せるガソリンエンジンの「B5」を対にして、アルピナにおける中核ラインナップの双璧を担う。日本市場には「D5 Sリムジンアルラット」のみ展開。連載【NAVIGOETHE】Vol.58。

BMW ALPINA D5 S

BMW ALPINA D5 S ¥13,580,000~

自動車グルメが思わず唸るアルピナの妙味

象徴的なブルーメタリックのボディに、フロントバンパーからボディサイドにかけて張り巡らされたデコライン。それらがなければ、アルピナだと気づかない人も多いかもしれない。

正式社名はアルピナ・ブルカルト・ボーフェンジーペン社(ALPINA Burkard Bovensiepen GmbH+Co.KG)。BMWのチューナーを出自とし、レースなどで数々の実績を残す。その功績が認められ、現在はBMWから正式にホワイトボディや主要コンポーネントを譲り受け、独自のチューニングを施し1台1台ハンドビルドしていくドイツの完成車メーカーとなった。

アルピナの流儀はあくまで“アンダーステイトメント”であること。これみよがしなスポイラーやウイングの類はいっさい装備しない。バンパーなどはアルピナ独自のデザインで、ラジエーターへと取りこむ空気の流れを最適化し、ダウンフォースを強めて高速安定性を向上させている。また瞬間的な最高速度には意味はないと考え、カタログに最高速度の表示はなく、実際にステアリングをきって快適に走行することができる“巡航最高速度”を表記するのが慣例。

BMW ALPINA D5 S

専用ボディのアルピナブルーに身を纏(まと)った「D5 S」。最新型はBMW車のベース仕様がこれまでの“ラグジュアリー”から“Mスポーツ”に変更され、スポーティな印象を強めている。起伏の激しさに呼応するように謳うディーゼルエンジンのサウンドとトルキーな走りは軽快そのもの。独自チューニングによって手が加えられた足回りは豊かなストロークのある、至極快適な乗り味。その後ろには最高出力625psを叩きだすハードなBMWハイパフォーマンスモデル「M5セダン」が追走する。

価格や性能が近いことからよく比較の俎上(そじょう)にあがるのがBMWのMだが、このモデルがサーキットでの速さを追求しているのに対して、歴代のアルピナが目指すものは、ラグジュアリーかつ安心快適でそして速い、リムジンであること。したがってアルピナとMは相対するものではなく、BMWラインナップを補完するものといえる。

今回の試乗車であるアルピナD5 Sは、最新の5シリーズをベースとしたディーゼルモデルだ。1999年、アルピナは当時の5シリーズをベースとした初のディーゼルモデルD10Bi-Turboを市場に投入。これは世界でもっともパワフルなディーゼルモデルと謳われ大きな話題を呼ぶ。そのDNAを今に受け継ぐモデルというわけだ。

BMW ALPINA D5 S

アルピナブルー& グリーンをあしらったメーターナセル。速度スケールは最高速度340km/hまで刻まれる。ステアリング裏には変速シフトを行える独自のスウィッチトロニックボタンを採用。

インテリアでは、アルピナ伝統のウッドパネルや製造番号を刻印したプロダクションプレートなどが独特の雰囲気を醸しだしている。一見するとベースの5シリーズとそれほどかわらないように思えるが、こだわりは細部に及んでおり、ブルーとグリーンのステッチが施された手縫い仕上げのステアリングホイールは、手のひらに干渉しないようにと敢えて装飾的なクロスステッチをやめて、内側へと縫いこむ手間のかかる縫製を行っている。

BMW ALPINA D5 S

上質なホワイトレザーを組み合わせたキャビン。8速ATのシフトレバーには、走行モードの切り替えやインフォテインメント機構の操作デバイス、シリアルNo.入りプレートが並ぶ。

シャシーのチューニングでは、ベースのBMWにはない“コンフォートプラス”モードを設定。足元にはアルピナのトレードマークといえる20スポークデザインの20インチ鍛造ホイールを装着しながらも、市街地でのコンフォート性能は抜群のもの。

BMW ALPINA D5 S

アルピナマジックとも言われる快適な乗り心地。その要ともいえるのが20インチ鍛造アルミホイール。スポーク数は伝統の20本がセオリーだ。

年間生産台数は、BMWが203万台、フェラーリが1万台、ロールス・ロイスですら5000台を超えた今もアルピナは約1700台を維持し続けている。伝統の味を守るため、それ以上増やすつもりもないという。ビジネスとしてサステイナブルなのかと心配になるが、実はアルピナは欧州では知られたワイン商社でもあり、ビジネスの主軸はワイン販売なのだ。

BMW ALPINA D5 S

ビターボチャージングシステムを組み合わせた3ℓ直6ディーゼルは347psを発生。最大トルクに関しては750NmのM5セダンにも匹敵する730Nmに達する! 感性に訴える気持ちのよい回転フィールは、まるで精密な機械式腕時計のようなエンジン。快適に走れる“巡航最高速度”は275km/h。

世界中の名車を堪能してきた美食家たちはその仕立てと乗り味を“アルピナマジック”と呼ぶ。秘伝のレシピが確実に存在するのだ。

 

BMW ALPINA D5 S

ビターボチャージングシステムを組み合わせた3ℓ直6ディーゼルは347psを発生。最大トルクに関しては750NmのM5セダンにも匹敵する730Nmに達する! 感性に訴える気持ちのよい回転フィールは、まるで精密な機械式腕時計のようなエンジン。快適に走れる“巡航最高速度”は275km/h。

BMWアルピナ
D5 S リムジン アルラット

ボディサイズ:全長 4980×全幅1870×全高1480mm
ホイールベース:2975mm
エンジン:直列6気筒ディーゼル+ツインターボ
排気量:2992cc
最高出力:347ps/4000-4200rpm
最大トルク:730Nm/1750-2750rpm
駆動方式:AWD
変速機:8速スポーツAT/SWT
乗車定員:5名
車両価格:¥13,580,000~

問い合わせ
アルピナコールTEL:0120-866-250

TEXT=藤野太一

PHOTOGRAPH=デレック槇島(StudioMAKISHIMA)

PICK UP

STORY

MAGAZINE

10月号 Now on sale

SKY-HIが表紙を飾るゲーテ10月号は無人島&ホテル特集。所有する醍醐味! 超絶景ステイ! 究極のリゾートライフを提案

10月号COVER

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

10月号 Now on sale

SKY-HIが表紙を飾るゲーテ10月号は無人島&ホテル特集。所有する醍醐味! 超絶景ステイ! 究極のリゾートライフを提案

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]10月号が8月25日に発売。総力特集は、「無人島&ホテル」。心身を癒やし、気持ちを鼓舞してくれる究極のリゾートライフを提案する。表紙を飾るSKY-HIのロングインタビューも必見だ!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる