GOETHE

MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

CAR

2021.03.09

挑発的なキドニーグリルが話題のBMW 4シリーズクーペ

美しいスポーツクーペに一家言あるBMW。旗艦機である8シリーズ クーペと共通項の多い流麗なフォルムを4シリーズ クーペにも纏(まと)って昨年登場。2013年に体系整理された2ドアクーペ“4シリーズ”の2世代目にあたり、クーペやカブリオレなどを擁するBMW偶数シリーズの中核を担っている。新たに与えられた挑発的キドニーグリルがデザイン上の最大の特徴。連載【NAVIGOETHE】Vol.55

BMW 4 SERIES COUPÉ

BMW 4 SERIES COUPÉ ¥5,770,000~[税込]

賛否を喰らうキドニーグリル

BMWが特徴的なキドニーグリルを初めて採用したのは1933年のこと。初めてのオリジナル設計モデル“303”で、巨大な縦長の楕円形ラジエターグリルをふたつ並べたフロントマスクはその時点で既にBMWの大きな個性となっていた。ちなみに楕円形グリルがふたつ並ぶ様が似ていることから「キドニー(=腎臓)グリル」と呼ばれるようになったのだ。

以来、BMWには必ずキドニーグリルが装備され、その形は縦長から横長になるなど変遷を繰り返し現在にいたる。戦前のグリルが巨大で二分されていたのはエンジンの効果的な冷却に適していたからであり、徐々に小さくなったのは空力と効率を考えてのことだった。つまり、そのデザインは性能や機能に裏づけられていた。だからこそブランドのアイコンとして認められたのだ。

BMW 4 SERIES COUPÉ

回転数を上げるにつれ、ストレート6らしい胸をすく加速とともに、粒の揃ったトルキーなエンジンフィールがいちいち泣ける。と同時に乾いたエグゾーストがこだまする4シリーズ クーペの最高峰M440iは、瞬く間に変速をこなす8速ATを介してフルタイムAWD「xDrive」によって路面を捉える。0→100km/h加速4.5秒。最高速は250km/hでリミッターが作動する。

BMWのミッドレンジ2ドアクーペ、4シリーズが昨年フルモデルチェンジを遂げると、そのキドニーグリルが縦長となったことで大いに話題となった。クルマ好きの間では賛否両論が入り乱れ、それだけで宣伝効果もあったに違いない。

BMW 4 SERIES COUPÉ

4シリーズ クーペの特徴的フロントデザインは、戦前のBMWスポーツカーである328や1970年代の3.0 CSLといったクーペなど、往年のヘリテージモデルにオマージュを捧げているという。横にも縦にも広がった! 好戦的なキドニーグリルは、縦425mm×横680mm(いずれも最大値、編集部調べ)。バックミラー越しに映る際のインパクトはかなりの威圧感に違いない。大胆不敵な新たな顔へとイメチェンした新型4 シリーズ クーペだが、その切れ味鋭い走りは嘲笑を飲みこむほどの圧倒的パフォーマンスをもって有無を言わせない。

4シリーズといえば以前は3シリーズクーペと呼ばれていたことからもわかるように、BMWの伝統ある重要なモデルのひとつだ。その最新型に敢えて縦長のキドニーグリルを採用した背景には、クーペをよりクーペらしくダイナミックな存在感を与えたいという開発陣の熱い想いがあった。先代において4シリーズという新たな名前を与えていたこともまた、3シリーズの単なる2ドア版ではなく独立したクーペモデルに育てていきたいというプランがあったから。

BMW 4 SERIES COUPÉ

心臓部にはターボで過給される2997ccの“ストレート6”が収められる。最高出力は387ps、最大トルク500Nmは1800rpmという低回転域から5000rpmの間で発生。

最新の4シリーズこそ名実ともに3シリーズからの“独立”を果たしたモデルであることはいみじくもそのクーペスタイルがよく物語っている。兄貴分の8シリーズと見紛うばかりのダイナミックなフォルムとなり、3シリーズとの共通イメージはまるでなくなった。そして、このグラマラスなスタイルには縦長のグリルがよくマッチする。

BMW 4 SERIES COUPÉ

ホールド性に優れたスポーツシートを採用。条件が揃えば“手放し運転”も可能なハンズ・オフ機能つき渋滞運転支援機能も備わる。

フラット&ソリッドライドなM4にも注目

既にMハイパフォーマンスモデルのM4も発表されているが、このM440i xDriveでもその性能は十二分だ。それもそのはず、M440iもまたBMW M社が開発したMパフォーマンスモデルでエンジンや足回りに専用チューンが施された。

その乗り心地はフラット&ソリッドライドの典型である。アシがよく動き、路面の状況をよく伝えるが、かといってドライバーの視線を乱さない。フロアやステアリング系も概してたくましく、シートもよくできているから、腕や下半身に不快な振動を伝えない。だから疲れない。筆者などはテストと称して1週間で気づけば2000キロも乗ってしまった!

ワインディングロードでは意のままのスポーツドライブが楽しめる。スポーツカーほどシビアではなく、並のGTほどぬるくはない。たまの休日、エグゼクティブの疲れた頭と心を解放する最適なパートナーとなること間違いなしだろう。

BMW 4 SERIES COUPÉ

BMW
M440i xDrive クーペ

ボディサイズ:全長 4775×全幅1850×全高1395mm
ホイールベース:2850mm 車両重量:1740kg
エンジン:直列6気筒ターボ 排気量:2997cc
最高出力:387ps/5800rpm
最大トルク:500Nm/1800-5000rpm
駆動方式:AWD 変速機: 8速 AT
乗車定員: 4名 車両価格:¥10,250,000~

問い合わせ
BMWカスタマー・インタラクション・センター TEL:0120-269-437

TEXT=西川 淳

PHOTOGRAPH=郡 大二郎、柳田由人

PICK UP

STORY

MAGAZINE

9月号 Now on sale

ゲーテ9月号の表紙は本田圭佑、総力特集は「最高の仕事を生む椅子」。トップランナー20人が愛でる一脚とは?

ゲーテ9月号COVER

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

9月号 Now on sale

ゲーテ9月号の表紙は本田圭佑、総力特集は「最高の仕事を生む椅子」。トップランナー20人が愛でる一脚とは?

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]9月号が7月26日に発売。総力特集は、「エグゼクティブは椅子にこだわる! 最高の仕事を生む椅子」。表紙の本田圭佑をはじめ、各界で活躍するトップランナー20人が愛でる一脚と、そのストーリーに迫る。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる