MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

BEAUTY PR

2021.12.16

上原浩治が美容Dr.から学ぶ!「第一印象で仕事の質を向上させたい」

現役引退後、さまざまなビジネスパーソンと会うことになった上原浩治。顔の第一印象の大切さに気付き始めている上原が、美容に対する意識をさらに上げるため美容医療の専門家であるBIANCA・堀田和亮ドクターの元へ訪れ、疑問を率直にぶつけた。

対談した上原浩治氏(右)と堀田和亮ドクター(左)

現役引退後、人気解説者となり変わった見た目への意識

1999年に読売ジャイアンツに入団し「球界のエース」として活躍した上原浩治氏。その後、2009年に渡米し、’13年には日本人初となる米メジャーリーグのワールドシリーズ胴上げ投手になった。’18年に引退後、現在は野球解説者として活躍。自身のYouTubeチャンネル「雑談魂」も人気を集めている。そんな上原氏には、少しずつ気になり始めていることがあるという。

「現役のときは、美容についてまったく気にすることがありませんでした。日焼け止めを使ったことはないし、洗顔もシャワーを浴びたついでにボディソープでささっと洗ってしまうタイプ。現役時代はそれでよかったんですが、最近はテレビで顔がアップで映される機会が増えた。日々の仕事でも、アスリートだけでなく、テレビ局関係者やIT関係者など様々なビジネスパーソンにお会いすることが多くなったんです。顔の第一印象って、重要じゃないですか。もう少しきちっと手入れしたほうがいいかなと思い始めています」(上原氏)

今回、上原氏の美容に関する相談に答えてくれたのが、堀田和亮ドクター。堀田ドクターはボツリヌス治療、ヒアルロン酸注入、レーザー治療などを含む美容外科治療全般を手がけ、これまでに向き合ってきた患者数は10万症例以上。現在、銀座・表参道にある美容クリニック BIANCAで理事長を務める。

堀田ドクターが、さっそく上原氏の悩みに答えた。

「上原さんのお顔の肌の状態は理想的です。健康的で張りがあり、シワもほとんど目立たない。現段階では、治療の必要はないといえます。とはいえ、人間は老化から避けては生きられません。いつか症状が出始めると考えて、美容医療への意識を高めておくことが大切です」(堀田ドクター)

1975年生まれの上原氏は、現在40代後半。40代、50代の男性が感じる「顔の老化」にはどんな症状があるのか。

「男性の場合、シワ、たるみ、シミの3つを改善したいという人が多いですね。特にシワへの相談は増えています。加齢による男のシワは、貫禄や渋みがあっていいと好意的にとらえられることもありますが、相手に逆の印象を与える場合も多い。目尻のシワは老けて見られがちですし、眉間の深いシワは相手に”険しいタイプの人だ”、”不機嫌そうだ”などの印象を与えてしまいます」(堀田ドクター)

ビジネスでは相手に不快感を与えたくない。できれば実年齢よりも若々しく、清潔で快活な印象を与えたい。上原氏が堀田ドクターに、「顔のシワを取り除くのには、どんな方法があるのでしょうか?」と率直に尋ねた。

「シワにアプローチするには、ピーリング、レーザー、ヒアルロン酸、そして、皮膚の切開などの手術を行う方法、さらにはボツリヌス治療という選択肢があります。ボツリヌス治療は注射で手軽に眉間・目まわりの表情ジワを改善することができます。簡単に説明すると、この製剤にはボツリヌス菌から抽出されたタンパク質の一種が使われていて、筋肉を動かす神経伝達物質の分泌を抑えることで、筋肉がリラックスした状態になり、結果として表情ジワを防いでくれます。ボツリヌス菌といっても決して”毒”を注入するわけではないので安心してください」(堀田ドクター)

治療のメカニズムについては理解できた。だが、上原氏は「正直なことをいうとボツリヌス治療には”なんだか怖い”というイメージはありますね。ドクターの意見を聞いてみたい」と疑問をぶつけた。

「注射による治療ですから、チクッとした痛みはあります。痛みが気になる方は麻酔を使用します。ボツリヌス製剤には厚生労働省が承認しているものとそうでないものがあります。専門の医師がいる美容クリニックで自分に合った治療を受けることが重要です」(堀田ドクター)

YouTube『上原浩治の雑談魂』はチャンネル登録者数約40万人を抱える人気コンテンツとなった。

本対談後に行われた配信でも「美」について触れてくれた。

納得の表情を浮かべた上原氏は「やっぱりそうなんですね。ところで、ボツリヌス治療の効果はどのくらい持続するのですか!?」と質問を投げた。

「効果の持続期間に個人差はありますが、だいたい3~4ヵ月程度で効果がなくなります。効果を持続させるためには、1年に2、3回、定期的に治療をするといいでしょうね。上原さんは、炎天下にさらされて野球をやっていたにも関わらず、奇跡の肌の持ち主(笑)。ただ、上原さんはあくまで例外的な存在で、40代、50代の大部分は、仕事の疲れやストレスの蓄積もあって、肌が疲れ、シワがどんどん深くなっている人が目立ちます」(堀田ドクター)

美容医療を受けている人は、どのような職種が多いのだろうか。実際にさまざまな顧客を抱える堀田ドクターはこう答えた。

「以前から芸能人やスポーツ選手は多いですね。さらに最近は、会社経営者が増えています。人に会う機会が多いので、見た目の印象を少しでもよくしたいと。若々しさを維持して、社員たちの模範になりたいという意識も高いように感じます。健康的な体を維持するために、トレーニングや食生活の見直しは重要。でも、そうした努力だけでは、シワはなかなか改善できません。美しい肉体のためにもう一押ししたい。そんな気持ちをお持ちの方は、美容医療を考えてはいかがでしょうか。美への考え方も含めて、間違いなく国内でも以前よりは身近な医療になっていると思います」(堀田ドクター)

これまで美容医療にまったく関心を寄せていなかった上原氏も、身近な医療であることを実感してくれたようだ。

「とっても勉強になりました。一流の仕事人を目指すうえでは、やはり美については真剣に考えていかなければならないですね。本日はありがとうございました」(上原氏)

KOJI UEHARA
1975年大阪府生まれ。高校時代は外野手兼控え投手。浪人生活を経て大阪体育大学に入学し、投手として頭角を現す。’98年にドラフト1位で読売ジャイアンツに入団。1年目で20勝を挙げ、その後はエースとして活躍。2009年にメジャー入り。’13年にはボストン・レッドソックスで世界一に。史上初の100勝100セーブ100ホールドを達成。’19年に現役引退し、プロ野球解説者として、Yahoo!、YouTube『上原浩治の雑談魂』(登録者数約40万人)などで活躍。昨年10月からNHK『サンデースポーツ』の解説者に就任。直近ではNYで松井秀喜さんと対談。「選手時代とは違った挑戦を楽しんでいる」

KAZUAKI HOTTA
2009年日本大学医学部卒業。東京女子医大病院・大手美容外科勤務を経て、’18年東京・銀座に美容外科・美容皮膚科のBIANCAクリニックを開院。’19年には同クリニック表参道院を開院、さらに’20年には銀座院を拡張オープン。美容医療に対する一貫したブレないスタンスと美容外科医歴10年を越える磨き抜かれた経験値が、美容感度の高い患者様の信頼を得ている。これまでに向き合ってきた患者数は優に10万症例を超え、自身の基盤となる美容外科治療全般をはじめ、ヒアルロン酸注入やボツリヌス治療・レーザー治療までを得意とし、シミ・毛穴治療の美容皮膚科の症例実績も更新し続けている。製薬会社主催のドクター向け指導講師やセミナー講師も務めている業界内やSNSでも注目のドクター。

アラガン・ジャパン
美容医療とは?代表的な治療とトラブルを防ぐために知っておきたい基礎知識はこちら(Allergan/Beauty)
ボツリヌス治療が相談できる医療機関の検索はこちら(Allergan/Beauty)

TEXT=川岸 徹

PHOTOGRAPH=小田駿一

PICK UP

STORY

MAGAZINE

1月号 Now on sale

ゲーテ1月号表紙は松田翔太。エグゼクティブを刺激するスノーリゾート&時計の2大特集。

ゲーテ1月号

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

1月号 Now on sale

ゲーテ1月号表紙は松田翔太。エグゼクティブを刺激するスノーリゾート&時計の2大特集。

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]1月号が2022年11月25日に発売となる。本格的なウィンターシーズンの到来に向け、今月号はスキーリゾートを大特集。さらに、新作タイムピースをピックアップした時計特集ほか、新ビジネスを始めた松山ケンイチ、松田翔太のインタビューやゲーテ公式ECサイト「ゲーテストア」限定アイテムも必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる