GOETHE

MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

BEAUTY PR

2020.11.13

新たなるルーティン・ギア「SKIN X」誕生!挑戦する力は、正しいスキンケア習慣から生まれる!?

あなたの肌は、脂性肌? 乾燥肌? 肌質に合わせた男性のためのスキンケアを提案する「SKIN X(スキンエックス)」。2ステップの肌対策で手軽に習慣化させるべし!

SKIN X

チャンスを逃さない肌はどっちだ!?

ふたりの男が偶然出くわしたのは、都内のバーだ。先に訪れていたのは、日本のモノづくりをグローバルに発信するMOON-XのCEO長谷川 晋(しん)氏! Facebook Japan日本法人の元代表取締役だ。長谷川氏は数多くのタスクをこなした後の寛ぎのひと時をバーで過ごしていた。そこに現れたのが、ほろ酔い気味の編集者の二本柳。知己であるふたりは、合流してグラスを交わすことに。ビジネス論議が白熱した矢先に事件は勃発した。

二本柳「あれ、長谷川さん。肌、テカってない?」

長谷川「ヤナギさん、藪から棒に何ですか? 僕は、1日2回の洗顔の上に拭き取りまでを欠かさないスキンケアの鬼ですよ!」

二本柳「ウソ!? だったら1日3回にしたほうがいいんじゃない? テカテカ肌が乱反射して、こっちの目が痛いわ!」

長谷川「そういうヤナギさんこそ、粉吹き芋でも塗ってるんですか? カサカサすぎて、粉ふいてますよ。自分を客観視できない40代なんて、仕事ができなそうに見えますよ」

二本柳によるいきなりの絡み酒に、温厚な長谷川さんも応戦! じゃれ合うふたりは、指相撲からキックボクシングを経て、いつの間にか取っ組み合いに!!

二本柳「長谷川さんのバカバカ」

長谷川 「オンオフ問わず、どんな印象を与えるかは重要ですよ」

二本柳「じゃあ、どっちの肌が好みか? 隣のテーブルの女性に聞いて勝負だ!」

挑戦力はスキンケア習慣から

肌質に合わせたSKIN Xで習慣化を

突如、水を向けられた女性が、急遽オジサン2名のお肌チェック! 実はこの女性、元百貨店の美容部員とのことで、さすがの知識に一同驚き!

女性 「まず、カサカサのあなた。完全な乾燥肌ですよ。お肌の水分量が少なそうだわ。ところどころカサつきが目立つし、肌荒れもあるみたい。ほっぺたスリスリしたら、こっちが痛そう。それに精気が抜けたふうに見えるわ、バイタリティが少なめ?」

二本柳「ショック! 自分の肌の質感は気に入ってたのに……」

女性 「で、ギトギトのあなた。文句なしの脂性(しせい)肌です。まるでむき卵のような艶だけど、そのテカテカ脂が私についたらイヤ。スマホ画面もテカテカよね」

長谷川「うわ、グサッときた! めっちゃ気をつけているのに」

女性 「いずれにしても、カサカサもテカテカも過ぎたるは及ばざるがごとし。お肌のお手入れをすることで、バランスよく清潔感をキープしましょ!」

二本柳「でも、どうしたらいいのかわからないんだよ!」

長谷川 「ヤナギさん、お伝えしてませんでしたっけ。実は僕、メンズのスキンケアブランドを立ち上げたんですよ」

二本柳「ウソでしょ! 早く言ってくださいよ〜」

バーテンダー 「こちらが、長谷川さんからお預かりしています『SKIN X PLATINUM EDITION』です。シャープなデザインが素敵でしょ?」

二本柳「おー、所有欲をくすぐるモノトーン。思わず洗面台に並べたくなる!」

SKIN X(スキンエックス)

【乾燥肌用:抜けがちな潤いを補充してしっとり艶やかな肌に導く!(左)】洗顔は、肌なじみのよい弱酸性の成分で。トリポーラスのほか、洗浄成分として沖縄産のくちゃを配合。保湿は、石川県沖の海洋深層水がベース。乳液状のとろみのあるテクスチャー。中左:「プラチナムエディション ザ・クレイウォッシュBLUE」(80g、単品¥2,200、定期¥1,980/月)。左:「プラチナムエディション ザ・モイスチャライザーBLUE」(60ml、単品¥3,333、定期¥3,000/月)。

【脂性肌用:皮脂などの汚れ落とし&さっぱり効果を狙うなら!(右)】洗顔は、酸性の皮脂をアルカリ性の成分で除去。トリポーラスのほか、洗浄成分として愛媛産のマテラパウダーも配合。保湿は、出雲温泉水がベース。さらっとしたテクスチャー。右:「プラチナムエディション ザ・モイスチャライザーRED」(60ml、単品¥3,333、定期¥3,000/月)。中右:「プラチナムエディション ザ・クレイウォッシュRED」(80g、単品¥2,200、定期¥1,980/月)。

SKIN X

日本製の高クオリティも満足感UPに貢献

無言を貫いていたバーテンダーがカウンターに出したのは、長谷川氏のブランド、SKIN Xの洗顔料と保湿ローションだ。

長谷川 「弊社でアンケート調査をしたところ、実際、男性はスキンケアのために何をすればいいのかがわかってないんですよ」

二本柳 「僕も結局、正解が見つからず、いつの間にか億劫に」

長谷川「わかります。最低限必要なのが、洗顔による汚れ落としと保湿。この手軽な2ステップだけでOKなので、まずは習慣化することが大事ですね」

二本柳 「デザイン含め、ケアしている自分も好きになれそう」長谷川「ランニングを習慣化して、グッとスリムになったヤナギさんならきっと大丈夫!」

二本柳 「イジってくるねぇ(笑)」

バーテンダー 「発汗量の多い男性の肌は、むしろ女性よりも乾燥しやすい特徴があります。乾燥肌の方には、ブルーが目印の洗顔&保湿ローションをどうぞ」

長谷川「脂性肌の僕は、皮脂分泌が活発だから、毛穴が大きくて汚れがたまりやすい。アブラっぽさを除去しつつも潤いはキープしてくれるのが、レッドが目印の洗顔&保湿ローション」

二本柳 「乾燥肌か脂性肌かで、処方が違うんですね」

長谷川「ざっくり言うと、乾燥肌用はマイルドに、脂性肌用はさっぱりと仕上がります。汚れ落としのために共通して洗顔料に入るのが、ソニーが開発した籾殻(もみがら)由来の『トリポーラス™』という多孔質のカーボン素材。従来の活性炭よりも、物質を吸着しやすいんですよ」

二本柳 「男心をくすぐりますね」

長谷川 「保湿ローションの原料も、日本製にこだわっています」

二本柳 「さすが、日本のモノづくりを世界に向けて発信しているMOON-Xらしい」

長谷川 「納得いくものを選んだ体験も気分をアゲますからね」

二本柳 「客観的に自分を見ることができる男が勝負に勝つ。考えてみたら、鏡を見て己を知るのは大事なことですよね」

長谷川 「ハードな日々のなか、ジムでの運動やコーヒーブレイクで気持ちを整えるように、スキンケアで外面だけでなく、内面も磨く。こだわりの習慣があることで、新たな挑戦への意欲も湧きますから」

二本柳「そのとおり。いい習慣を持つ人はチャンスを逃さない。よし、皆で飲み直そう!」

SKIN X

舞台は「TOKYO Whisky Library」(東京都港区南青山5-5-24 南青山サンタキアラ教会2階)。世界中から集められたウイスキーが壁一面に並ぶ話題のバーだ。

SKIN X

TEXT=髙村将司

PHOTOGRAPH=筒井義昭

COOPERATION=TOKYO Whisky Library

PICK UP

STORY

MAGAZINE

1月号 Now on sale

キーワードは隠れ家!? 新しい時代の邸宅特集/表紙 近藤真彦

2021年1月号

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

1月号 Now on sale

キーワードは隠れ家!? 新しい時代の邸宅特集/表紙 近藤真彦

11月25日発売の「ゲーテ1月号」は新しい時代の邸宅特集! そのほか「仕事に効く”個性派”高級ウォッチ」や「賢者8人が選ぶ!秘蔵ワインリスト」も必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

Salon Memberになる