GOETHE

MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

ART

2021.01.28

@cosmeを成功に導いた立役者が語る、アートのチカラ

今、アートにハマるビジネスパーソンが増えている。アートを所有することは人生にどんな刺激を与えてくれるのか。アイスタイル 代表取締役社長兼CEOである吉松徹郎氏に、アートを楽しむ極意を聞いた。

吉松徹郎

サイモン・フジワラの平面作品が、プライベートオフィスの階段壁面にかかる。ドイツ・メルケル首相の肌を模しているという、含意のある絵画。

アートを軸にしたコミュニティづくり

「空間と体験。僕の場合、そこからアートの世界に入っていけたのは、幸運でした」

都内にあるプライベートオフィスでアート作品に囲まれながら、アイスタイル代表取締役社長の吉松徹郎氏は言う。化粧品・美容の総合情報サイト事業を手がける会社を率いる身ゆえ、“美しいもの”には敏感なのだろうと想像するが。

バルーン・ドッグ

リビングの一角にさり気なく置かれていたのは、ジェフ・クーンズの『バルーン・ドッグ』。手元にあるアートは基本いつでも見られるところに置き、倉庫にしまい込むことはしない。

「小さい頃からアートに興味があって……というような逸話は、残念ながらないんです(笑)。学校で美術館見学に連れていかれても、いち早く外に抜けだしちゃうようなタイプでした」

事業を興すまでは、そんな調子のままだった。しかし起業後しばらくして、付き合いのある経営者に連れられ、日本のアート界を牽引するメンバーとともに米国の美術館やコレクターの自宅を巡る機会に恵まれた。

透過

アイスタイル芸術スポーツ振興財団の第1回現代芸術助成を受けた、岡 知代による漆を用いた『透過』シリーズ。

「他に何の接点もない人たちが、『アートが好き』『あの作品を見たい』ということだけで集い、つながっていく。その様子がすごく素敵でした。建築にはもともと興味があったので、アートのある空間をみなが喜んでシェアしているのも、いい眺めだと思った。そこに在るだけで場の空気を一変させたり、不特定多数の人を集めてしまう。そんな磁力を持ったものって、アート以外には思いつきません」

以来、世界中のさまざまな空間で、アートを体験することを繰り返してきたという。

身体とは世界と対話するためのツール」

同じく助成を受けて制作された作品。「身体とは世界と対話するためのツール」を標榜するアーティスト神楽岡久美によるもの。

新潟県の越後妻有(つまり)地域で開かれる「大地の芸術祭」にも、誘われて足を運んだ。アートを求めて多くの人が、自然の中へと向かっていく……。その空間に感銘を受け、今やオフィシャルサポーターを務めるまでに。さらに公益財団法人「アイスタイル芸術スポーツ振興財団」を立ち上げ、若手アーティストに制作支援助成金を出す活動も、数年来継続している。

「アートを通して、いろんな人たちと出会えることが僕の喜びですからね。作品をたくさん見ることや、アーティストを支援することに主眼を置いてきたので、自分自身のコレクションというのは、体系立ったかたちにもなっていません。これから、ですね」

アイスタイル芸術スポーツ振興財団

アイスタイル芸術スポーツ振興財団の、助成対象者への授賞式に出席する吉松氏。

吉松氏は現在某所に、別荘を建設中。これぞ、と見定めた若手建築家とともに、理想の空間を模索している。

「別荘の中に、コミッションワークとして、その場に合ったアートを設置できないかと考えています。アートを介し多様な人たちが集う場をつくる、その実践例になったらいいですね」

美術館「チナティ財団」

アートのある空間を求めて世界中を訪ね歩く。写真はドナルド・ジャッドが米国テキサスで展開する美術館「チナティ財団」を訪れた際、自ら撮影したジャッド作品。

 

Tetsuro Yoshimatsu
1972年茨城県生まれ。東京理科大学基礎工学部卒業。アクセンチュアを経て、’99年アイスタイルを設立。化粧品口コミサイト「@cosme」を開設する。2012年に東証一部上場を果たした。

TEXT=山内宏泰

PHOTOGRAPH=滝川一真

PICK UP

STORY

MAGAZINE

4月号 Now on sale

創刊15周年特別号! 人生の決戦にチカラを与える、仕事人の勝負アイテムを大特集/表紙 宮本浩次

ゲーテ4月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

4月号 Now on sale

創刊15周年特別号! 人生の決戦にチカラを与える、仕事人の勝負アイテムを大特集/表紙 宮本浩次

2月25日発売の「ゲーテ4月号」は創刊15周年特別号! 表紙を飾るのは、エレファントカシマシのボーカリストであり、現在ソロ活動中の宮本浩次。総力特集は「勝負」にフォーカス! アグレッシブに仕事に打ち込む者たちの傍らには、活力を与え続けてきた勝負アイテムがある。闘う仕事人たちの相棒と、その勝負論に迫る! そのほか「勝負下着特集」や「時計特集」、新連載「JRA競走馬の成長秘話 走れ! ゲーテ号」も必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

Salon Memberになる