MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

GOURMET

2023.01.04

ラム酒、蜂蜜酒、日本酒etc.ハワイ・ラバーが唸る! メイド・イン・ハワイの美酒3選【まとめ】

水、植物、花などハワイの自然の恵みを存分に味わえるのはお酒だ。ハワイの地に敬意を払い、伝統的な製法を用いた、この地ならではのラム酒、蜂蜜酒、日本酒の3種を紹介する。※GOETHE2022年9月号掲載記事を再編。

蜂蜜も種類が豊富に揃う

1.飲むとクセになる、ハワイの美酒「コハナ・ラム」を知ってる?

1年に1回発売される「コレクション」

伝統製法でつくられるラム

ホノルルからクルマで約1時間のオアフ島西部・クニアに位置するのがコハナ・ラム蒸留所「コハナ ディスティラーズ」だ。1959年に建てられたドーム型の広々とした歴史的建造物が、蒸留所兼テイスティングルーム。近隣では、伝統的なサトウキビ34種を栽培し、現在9種類をラム酒に使用している。

ここで購入できるのは、全世界でも2%といわれる伝統的なアグリコール製法でつくったラム酒。蒸留に糖蜜を使わず、サトウキビを搾ったジュースをそのまま発酵・蒸留するため、サトウキビ本来の味わいを楽しめる贅沢なものだ。ツアーに参加すると、その場でサトウキビジュースと4種類のラム酒が試飲できるが、これが絶品。

【続きはこちら】

2.100%ハワイ産の蜂蜜を使った、オアフ島の新定番酒「ミード」とは?

Manoa Honey & Mead

オアフ島では唯一の蜂蜜酒

ハワイのお土産といえば、クマのボトルに入った蜂蜜を思いだす人も多いだろう。この蜂蜜を原料としてつくられるワイン「ミード」は、古代ピラミッドの時代からつくられていたといわれ、長い歴史のあるお酒。

そのミードをマノアハニーオーナーの埋橋さん夫婦が、パンデミックの間に、試行錯誤しながら完成させた。原料は水と蜂蜜とハワイのフルーツ。アルコール度数は7.6%から13%で、蜂蜜の酒といっても甘さが際立つということはなく、フルーティなシャンパンのようなテイストだ。

【続きはこちら】

3.喉ごしがいい! 唯一のハワイ産日本酒「アイランダー 純米吟醸」

アイランダー 純米吟醸

約30年ぶりに復活した酒蔵「アイランダー」が手がける

ハワイでの日本酒づくりが途絶え三十数年。2020年3月にカカアコに日本酒のメーカー、アイランダー・サケ・ブルワリーを創業したのが高橋千秋さんだ。ハワイに酒蔵が復活した瞬間だった。

「ハワイって本当に癒やされる場所。だからここで飲むなら、ハワイの軟水と美味しいお米を使って、のど越しがよくてフレッシュな日本酒を目指しています」

高橋さんは日本で研究者として働き、杜氏(とうじ)となった異色の経歴を持つ。3年前にハワイに渡り、困難を乗り越えながら今にいたる。

【続きはこちら】

TEXT=Shoko Horiuchi

PHOTOGRAPH=Hisashi Uchida

PICK UP

STORY

MAGAZINE

3月号 Now on sale

【ゲーテ3月号】表紙は三代目JSB。これから10年通い続けたい鮨&BARを大特集!

ゲーテ3月号

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

3月号 Now on sale

【ゲーテ3月号】表紙は三代目JSB。これから10年通い続けたい鮨&BARを大特集!

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]3月号が2023年1月25日に発売となる。今号の表紙を飾るのは三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE。さらなる高みへと挑戦する彼らの想いに迫った。総力特集は鮨&BAR。これから10年、20年通いたい、とっておきのカウンターを紹介する。そのほか、プロ野球選手・鈴木誠也やロック歌手・宮本浩次、シンガーソングライター/俳優・泉谷しげるのインタビューやゲーテ公式ECサイト「ゲーテストア」限定アイテムも必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる