MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

GOURMET

2022.03.12

幻のクラフトビール「赤松とインディア・ペールエール」で長野の自然の恵みを味わう

面積の約8割が森林を占めるという緑豊かな長野県。そんな長野の自然の恵みを堪能できるクラフトビール「赤松とインディア・ペールエール」が2022年3月14日より再販売される。前回は発売後、瞬く間に完売したという幻のクラフトビールの味の決め手はなんと”松ぼっくり”。

赤松とインディア・ペールエール

「赤松とインディア・ペールエール」¥715(1本)

長野発のIPAの味の秘密は“松ぼっくり”

長野の茅野市を拠点とする木葉(もくよう)社とデザイン事務所・リパブリカの共同プロジェクト「yaso」と、長野のテロワールを感じられるクラフトビールを醸造する「PECCARY BEER(ペッカリービール)」がタッグを組んでつくりだしたクラフトビール「赤松とインディア・ペールエール」が3月14日より発売される。

木葉社は樹木の剪定や伐採、診断や治療、栽培や生産など、樹木にまつわるあらゆる仕事=アーボリカルチャー(樹木業)を行う会社。その日々の仕事の過程で集めた落ち葉や小枝などをデザイン事務所のリパブリカとともにスワッグやお香、茶葉などにアレンジして「yaso」から販売している。

木葉社

そんな「yaso」と「PECCARY BEER」がつくり出した「赤松とインディア・ペールエール」の原材料は、南アルプス山系からの伏流水と木葉社が長野の森林で採取した赤松の松ぼっくり。しかもただの松ぼっくりではなく、春から夏のみに収穫できる青松ぼっくりを贅沢に使用している。

赤松のまつぼっくり

松の香りに近いとされているアマリロホップを主軸に、サブロホップとチヌーク・シトラをかけ合わせたモルティなIPAに、フレッシュで香り高い青まつぼっくりが加わることによって、森に包まれたような香りが心地よいボタニカルな一杯が完成した。

このビールを味わえば、長野の大自然とつながる時を過ごせるはず。

購入はこちらから

TEXT=ゲーテ編集部

PICK UP

STORY

MAGAZINE

1月号 Now on sale

ゲーテ1月号表紙は松田翔太。エグゼクティブを刺激するスノーリゾート&時計の2大特集。

shota matsuda

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

1月号 Now on sale

ゲーテ1月号表紙は松田翔太。エグゼクティブを刺激するスノーリゾート&時計の2大特集。

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]1月号が2022年11月25日に発売となる。本格的なウィンターシーズンの到来に向け、今月号はスキーリゾートを大特集。さらに、新作タイムピースをピックアップした時計特集ほか、新ビジネスを始めた松山ケンイチ、松田翔太のインタビューやゲーテ公式ECサイト「ゲーテストア」限定アイテムも必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる