GOETHE

MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

GOURMET

2020.01.05

豪華すぎる三色火鍋でパワーチャージ! 切り札レストラン『火鍋 三田』

身体の芯から冷えこむ季節になると恋しくなるのが鍋料理。今月はプライベートの食事や接待に効果テキメンな極上鍋を堪能できるとっておきのお店を紹介。

【画像】火鍋 三田

30品目の食材のエキスが溢れ出るスープ

年末の会食ラッシュで胃袋もお疲れ気味、体調を整えて新しい年を迎えたい時の救世主が『火鍋 三田』の正宗四川キノコ三色火鍋。

【画像】火鍋 三田

サービスを担当する浅井 剛氏。営業前にはかならずスープの味をチェック。「具材の鮮度はもちろんですが、火鍋の命はスープなので味がブレていないか自分の舌で確かめています」

厳選したキノコから時間をかけて抽出するスープは身体の深部まで浄化されるような味わいで、食材を入れて食べ進めるごとにその風味も変化する。

通常、火鍋というと濃厚な旨みが凝縮した白パイ湯タンと、痺れるような辛さの麻マー辣ラースープの2色をイメージするが、ここでは極旨エキスが溶けだした特製キノコスープの三色バージョンも提供している。

【画像】火鍋 三田

前菜5品盛り合わせ(料理は¥9,500の正宗四川キノコ三色火鍋コースの一例)。写真はよだれ鶏やツルムラサキの黒酢辣油ソース、自家製チャーシュー、ピータンと自家製山椒ソース、菊の花と生シラスの和え物。内容は季節によって変わる。

【画像】火鍋 三田

デザートの杏仁豆腐。ぷるぷるとした食感、優しい甘さに癒やされる。

【画像】火鍋 三田

小体な空間ながら落ち着いた雰囲気。宴席には8名がけの円卓がお薦め。

火鍋の食材は臓物や魚介、肉などを合わせて30品目が登場する豪華さ。なかでも野菜やキノコは希少性の高いものを揃えており、季節によって肉厚な黒アワビ茸や飛騨高山でしか採れないジャンボなめこなども。

白湯や麻辣スープには薬膳もたっぷり使用しており、食べるほどに身体の内側が “整う” のを感じるはず!

【画像】火鍋 三田

正宗四川キノコ三色火鍋(写真は2人前)。姫松茸、ポルチーニなどのキノコのエキスがたっぷりのスープ、白湯、麻辣スープを楽しめる三色火鍋は1週間前の要予約。

火鍋 三田

TEL:03-6453-9219
住所:東京都港区三田5-4-6 トリニティハウス三田101
営業時間:17:30~L.O.22:00
休み:無休(年末は12/30まで。年始は1/6から営業)
座席数:26席
料金:二色火鍋のコースは ¥5,500~

TEXT=小寺慶子

PHOTOGRAPH=菊池陽一郎

PICK UP

STORY

MAGAZINE

4月号 Now on sale

創刊15周年特別号! 人生の決戦にチカラを与える、仕事人の勝負アイテムを大特集/表紙 宮本浩次

ゲーテ4月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

4月号 Now on sale

創刊15周年特別号! 人生の決戦にチカラを与える、仕事人の勝負アイテムを大特集/表紙 宮本浩次

2月25日発売の「ゲーテ4月号」は創刊15周年特別号! 表紙を飾るのは、エレファントカシマシのボーカリストであり、現在ソロ活動中の宮本浩次。総力特集は「勝負」にフォーカス! アグレッシブに仕事に打ち込む者たちの傍らには、活力を与え続けてきた勝負アイテムがある。闘う仕事人たちの相棒と、その勝負論に迫る! そのほか「勝負下着特集」や「時計特集」、新連載「JRA競走馬の成長秘話 走れ! ゲーテ号」も必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

Salon Memberになる