GOETHE

MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

GOURMET

2019.04.09

焼鳥界のニューウェーブ『やきとり児玉』

気取らぬ雰囲気ながら、接待やデートにもうってつけな上質空間。匠の火入れが冴えわたる〝肉串〞や趣向の凝らされたサイドメニューを堪能できる、隠れ家的な店をご紹介。

【画像】やきとり児玉

焼鳥人気を加速させる新・実力店

依然続く焼鳥バブル。そのなかで名実ともに大本命、と言えるのが昨年、三宿にオープンした『やきとり児玉』だ。

武蔵小山で人気を集める『まさ吉』の店主でもある児玉昌彦さんが焼く質実剛健な焼鳥はもちろん健在で、にいがた地鶏と越の鶏の力強い旨みを楽しんでもらえるようにと、やや大ぶりのカットで提供。備長炭は熱を落ち着かせた状態で、その都度火力を調整しながら肉にストレスをかけないようにゆっくり焼き上げる。

おまかせコースの用意もあるが、ひと串単位でのオーダーも可能。店主が炭台で腕を揮う様子を眺めながら焼き上がりを待つのは、なんとも贅沢なひと時だ。

落ち着いたロケーションといい、穴場的な雰囲気といい、俄然大人好み。味よし、雰囲気よし、サービスよしと三拍子揃いぶみで、焼鳥界にニューウェーブを巻き起こすことは間違いない。

【画像】やきとり児玉

オープンは昨年5月。広々としたカウンターのほかに個室も完備されている。

【画像】やきとり児玉

かけそば¥680。にいがた地鶏主体で取ったスープは濃密な旨みが。専門店顔負けのかけそばは、締めに必ずオーダーしたい。

【画像】やきとり児玉

右からハツ、もも、アカ(¥6,000のおまかせコースより)。正肉は主に、にいがた地鶏、内臓系は越の鶏を使用。しっかりとした弾力のある鶏肉を旨みたっぷりに焼き上げるワザが見事。

【画像】やきとり児玉

右からハツ、もも、アカ(¥6,000のおまかせコースより)。正肉は主に、にいがた地鶏、内臓系は越の鶏を使用。しっかりとした弾力のある鶏肉を旨みたっぷりに焼き上げるワザが見事。

Yakitori Kodama
TEL:03・5787・8606
住所:東京都世田谷区池尻1-11-12 パレ・ド・ジュネス2F A 
営業時間:18:00~L.O.23:00
休み:日曜・祝日(月に2 回月曜休み) 
席:24席、個室2 室(4名用と8名用)
料理:おまかせコース¥6,000ほか

TEXT=小寺慶子

PHOTOGRAPH=鈴木拓也

PICK UP

STORY

MAGAZINE

1月号 Now on sale

キーワードは隠れ家!? 新しい時代の邸宅特集/表紙 近藤真彦

2021年1月号

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

1月号 Now on sale

キーワードは隠れ家!? 新しい時代の邸宅特集/表紙 近藤真彦

11月25日発売の「ゲーテ1月号」は新しい時代の邸宅特集! そのほか「仕事に効く”個性派”高級ウォッチ」や「賢者8人が選ぶ!秘蔵ワインリスト」も必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

Salon Memberになる