GOETHE

MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

GOURMET

2018.12.10

ネクストブレイク必至の”渋谷のパリ”『ソン デコネ』

目覚ましい勢いで進化する渋谷。都市開発は着々と進み、新たなスポットが次々に誕生している。変化著しいこの街で、輝きを放つ話題の店をご紹介。

【画像】ソン デコネ

渋谷に美食店が続々と誕生中!

なにかと集まりが増えるこの季節。気心が知れた相手と食事をする場合、華美な店はトゥーマッチ。日常の延長線上にあるような居心地のよさを求めるなら、渋谷の『ソン デコネ』を目指したい。

松濤の閑静な住宅街。ガラス窓越しに公園の緑を望む店の扉を開けると、一瞬パリにいるような錯覚におちいる。店内には、フランス語が飛び交い、ゲストもリラックスモードで食事を楽しんでいる。

店主の渋谷将之さんは、パリのビストロや星つきレストランで10年の経験を積んで昨年の春に帰国し、充電期間を経て自身の店を開いた。

メニューは基本的に7000円のコースのみで、ひと皿のポーションはしっかりめでも味わいは軽快だ。

酸味、塩味、甘味をバランスよく取り入れた料理はもちろん、3 皿登場するデザートにも独創性が光る。〝渋谷のパリ〞で純粋に食を愉しむ喜びに浸りたい。

【画像】ソン デコネ

【画像】ソン デコネ

鮪と発酵ミルク。リコッタチーズの乳清にクリームを加えた発酵ミルクが爽やかな酸味を添える。イチジクの甘みがアクセントに。

【画像】ソン デコネ

豚肉のロティ キャベツとかぼちゃのピューレ(写真の料理は¥7,000のコースの一例)。低温で火を入れた豚肉の内側はロゼ色で、驚くほどしっとりしていて柔らかい。

【画像】ソン デコネ

洋梨 栗 マスカルポーネ。口当たりがなめらかなマスカルポーネの下に洋梨のコンポートと炊いた栗を敷き詰めた秋のデザート。

Sans Déconner
TEL:03-6479-4625
住所:東京都渋谷区松濤2-13-10
営業時間:12:00~L.O.14:00、19:00~L.O.23:30(21:00以降はアラカルトのみ) 
休み:日曜、月曜のランチ
席:18席
料理:ランチコース¥2,500~、ディナーコース¥7,000 ※カード利用は¥20,000~。

TEXT=小寺慶子

PHOTOGRAPH=菊池陽一郎

PICK UP

STORY

MAGAZINE

1月号 Now on sale

キーワードは隠れ家!? 新しい時代の邸宅特集/表紙 近藤真彦

2021年1月号

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

1月号 Now on sale

キーワードは隠れ家!? 新しい時代の邸宅特集/表紙 近藤真彦

11月25日発売の「ゲーテ1月号」は新しい時代の邸宅特集! そのほか「仕事に効く”個性派”高級ウォッチ」や「賢者8人が選ぶ!秘蔵ワインリスト」も必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

Salon Memberになる