MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

WATCH PR

2024.02.16

パルミジャーニ・フルリエ、ミニマルで美しい静謐なる時計「トンダ PF オートマティック」

時間とは決して後戻りはできず、過ぎ去っていくものである。だからこそ多忙な現代人は、流れる時を大切にしたい。静かに時を刻むパルミジャーニ・フルリエの時計は、その一助となるだろう。

「トンダ PF オートマティック」横
自然界のいたるところに隠された黄金比。シンプルなものほど美しい。パルミジャーニ・フルリエの時計も同じである。

意識せず感じるところに本物の美が隠れている

流れる時間は誰の上にも平等であり、そして人生という時間は有限である。だからこそ、日々仕事に邁進するエグゼクティブにとって、時間ほど大切なものはない。時間を大切にしたいと願うからこそ、人は美しい時計に惹かれ、時間を楽しもうとするのだろう。

パルミジャーニ・フルリエは、ミニマルかつ美しい、そして徹底してディテールにこだわった時計をつくり、人生という時間を豊かに彩る。しかも、それは自社製ムーブメントや独自性の高い機構にとどまらず、デザインそのものが研ぎ澄まされた感性から生まれているのだ。

そもそもブランド創始者のミシェル・パルミジャーニ氏は、自然界にあまた存在する黄金比やフィボナッチ数列を好み、その公式を当てはめてロゴのデザインや針の形状、ギョーシェの図案を考案したという。そのためパルミジャーニ・フルリエの時計は、目にしただけで美しいという感情が心の奥底から湧き上がってくる。

なかでも、ブランド設立25周年となる2021年にスタートした「トンダ PF」コレクションは、パルミジャーニ・フルリエの美へのこだわりと唯一無二のメカニズムへの探求心を秘めた時計だ。

忙しく動き回る秒針を敢えて設けず、静かに時が流れるダイヤルにはバーリーコーン(麦の穂)と呼ばれる精密なギョーシェ彫りを施した。そしてベゼルにはローレット加工を施すが、その刻みの数は220本もの細かい仕上げになっており、光と影がつくりだす表情も見どころとなるだろう。

SNSを開けばこれ見よがしな投稿ばかりが目につく時代のなか、さり気なくよいものを楽しむことこそが品格ある行為になる。ミニマルで慎ましやか、奥ゆかしく、心に染み入る美しさに溢れるトンダ PFコレクションは、まさにパルミジャーニ・フルリエの「引き算の美学」を体現する存在。美しい時間で心を満たす、静謐(せいひつ)な時計なのだ。

「トンダ PF オートマティック」の正面画像
トンダ PF オートマティック
秒針もカレンダーもない、ミニマルな自動巻きモデル。ケース径も36mmとかなり小ぶりだが、黄金比から導きだされたプロポーションや丁寧な仕上げに、目と心を奪われる。コンビモデルならシックな雰囲気も楽しい。自動巻き、18KRG×SSケース、径36mm。¥4,026,000

問い合わせ
パルミジャーニ・フルリエ pfd.japan@parmigiani.com

TEXT=篠田哲生

PHOTOGRAPH=児玉晴希

STYLING=遠藤慎也

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

2024年5月号

身体を整えるゴッドハンド

ゲーテ5月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

2024年5月号

身体を整えるゴッドハンド

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ5月号』が3月25日に発売となる。成功者たちを支える“神の一手”を総力取材。すべてのパフォーマンスを上げるために必要な究極の技がここに。ファッション特集は、“刺激のある服”にフォーカス。トレンドに左右されない、アートのようなアイテムが登場。表紙は、俳優・山下智久。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる