GOETHE

MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

WATCH

2021.03.09

レアモデルが続々日本へ! 注目すべきスポーツウォッチ3選

ステイホームが基本になり、会食もパーティも、海外旅行もなくなった。新時代のルールではあるが、少々息苦しいと感じてしまうのは仕方がないもの。だからこそ2021年は、インパクトのある高級時計で腕元から運気を巡らそうじゃないか! 時計ジャーナリスト篠田哲生が解説!

スポーツウォッチも 脱“自制”

PIAGET/ポロ(スケルトン)

人気のラグスポモデルが超薄型ケースに!

超薄型ウォッチの名門であるピアジェが、マイクロローター式の極薄スケルトンムーブメント、キャリバー1200S1を搭載して、ラグスポモデルを薄型化。3気圧の防水性能やボリューム感のあるフォルムながら、ケース厚は6.5mmしかない。

ポロ(スケルトン)

自動巻き式ながら、ムーブメントの厚みは2.4mm。これだけでもすごいことだが、さらに美しいスケルトン構造に。ブリッジの角を面取り加工するなど、静謐(せいひつ)な美しさも楽しめる。

ポロ(スケルトン)

自動巻き、SSケース、径42mm。¥3,060,000[3月発売](ピアジェ TEL:0120-73-1874)

ZENITH/クロノマスタースポーツ

大人気クロノグラフの正常進化はこういう形

1969年に誕生し、今も最高峰クロノグラフムーブメントと称される「エル・プリメロ」がついに大きく進化。クロノグラフ秒針は10秒で1周するため、より正確な計時が可能となる。セラミックベゼルによって、デザインも洗練されている。

クロノマスタースポーツ

誕生から今まで、ほぼ基本構造を変えることなく受け継がれてきた名機が、現代的にアップデートしただけでも大ニュース。しかもプッシュボタンの押し感なども進化している。

クロノマスタースポーツ

自動巻き、SSケース、径41mm。¥1,060,000(ゼニス TEL:03-3575-5861)

CVSTOS/チャレンジ クロノ Ⅲ-S

ボリューム感ある造形美で遊ぶ

優美なフォルムとスケルトン設計による構造美、さらにグレード5チタンの質感の違いで立体感を演出する手法など、ディテールにこだわったラグジュアリーなスポーツウォッチ。昨年から人気のモデルだが、今年はホワイトを追加。

チャレンジ クロノ Ⅲ-S

巴紋の秒針やメカニカルなパワーリザーブ表示、スケルトン仕上げのムーブメント、そして独自スタイルのケースなど、すべての細部がしっかりと作りこまれており、目を惹きつけられる。

チャレンジ クロノ Ⅲ-S

自動巻き、Tiケース、縦53.7×横44mm。¥2,300,000[3月発売予定](フランク ミュラー ウォッチランド東京 TEL:03-3549-1949)

 

時計ジャーナリスト篠田哲生の2021年の時計選び3つのポイント

1. 今年は上半期モデルに注目
2. レアモデルが続々と日本へ
3. 今こそ“最幸”の買い時!

「2020年に発売予定だった新作が今年にずれこんできた事例も多く、今年は前半に有力モデルが集まりそう。またアジア圏の状況は欧米よりも悪くないので、希少品が集まっているという話も聞きます。スペシャルワンの時計を手に入れやすい、まさに今がチャンスと考えることもできますね」

教養 としての腕時計選び

Tetsuo Shinoda
時計ジャーナリスト。1975年千葉県生まれ。40を超える媒体で時計記事を担当する。最高峰からカジュアルまで購入する主義。時計文化を独自の視点で切り取る『教養としての腕時計選び(光文社新書)』が好評発売中。

TEXT=篠田哲生

PICK UP

STORY

MAGAZINE

5月号 Now on sale

最強の相棒とともにアドレナリン全開! ゲーテ5月号はタフな服&クルマ特集

表紙5月号

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

5月号 Now on sale

最強の相棒とともにアドレナリン全開! ゲーテ5月号はタフな服&クルマ特集

3月25日(木)発売『ゲーテ5月号』の表紙は武井壮。総力特集では、タフをテーマに服・モノ・クルマを大特集。ほか、スポーツビジネス最前線や長嶋一茂の新連載エッセイもお見逃しなく!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

Salon Memberになる