MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

PERSON

2022.12.10

【谷尻誠×濱渦伸次】互いに"クレイジー"と賞賛するふたりが仕掛ける、まったく新しいホテルのカタチとは

SUPPOSE DESIGN OFFICE 代表 谷尻誠とNOT A HOTEL 代表取締役CEO 濱渦伸次。クレイジーな建築家と施主がお互いのエピソードを紹介! 連載「相師相愛」とは……

soshi-soai

NOT A HOTEL 代表取締役CEO 濱渦伸次(左)、SUPPOSE DESIGN OFFICE 代表 谷尻誠(右)

全く新しいことをするなら、クレイジーでないと

濵渦 8年前に一度お会いしていたんですよね。

谷尻 ZOZOにご自身の会社を売却された直後でした。今では珍しいことではないですが、時代を先取りしていましたよね。

濵渦 2年前、ホテルをやりたいと思って土地を探そうと、絶景と不動産で検索したら「絶景不動産」というサイトがあって。谷尻さんの名前があったので、これは連絡してみようと。

谷尻 コロナが始まり、みんなが下を向いていた頃。ましてや業績が厳しくなることが予想されたホテル。しかも名前がNOT A HOTEL。驚きました。

濵渦 銀行の融資を断られたので、発想を変えて先に部屋を売っちゃえばいいと思ったんです。それなら建った時には投資回収ができている。別荘として買い、使わない時にはホテルとして回す。相当に新しいビジネスモデルですから、建築家もクレイジーな人でないとダメだと思っていました(笑)。

谷尻 ビジョンも未来も120%共感したんですが、唯一心配だったのは、ホテルの部屋をネットで売ると言われたこと。たしかにクルマもネットで買える時代ですが、こりゃまた相当に先を行っているな、と(笑)。

濵渦 僕は建築のことを何も知らなくて。それこそ、測量とか抵当権とか坪単価もわからなかった。かなり無茶を言いました。

谷尻 知らないのがいいんですよ。知っているとチャレンジしなくなる。知識が一番クリエイティヴを邪魔するんです。見習わないと、と思ったくらいです。

濵渦 無理だと言われると僕は燃えるんですよね。

谷尻 まったく同感です。今日の異端は未来のスタンダードなんですよ。ただ、たしかに相当な無茶だったので、みんなで火の車になりましたけど(笑)。

濵渦 でもすごいなぁと思ったのは、僕らが「これでいい」と言っているのに、次の週に違うプランを持ってこられたことです。こっちのほうが、みたいな(笑)。僕らのビジネスを本当に深く理解してもらっていて。

谷尻 だってCGで売らないといけないんですから(笑)。

濵渦 でも販売開始24時間でいきなり15億円分が売れて。

谷尻 ドキドキでしたが、本当によかった。

濵渦 那須に続いてみなかみの物件を依頼しています。温泉インフィニティプールという驚きのアイデアをいただいて。

谷尻 本当は自分の別荘でやりたかったんですよ。別のアイデアを考えなくちゃ(笑)。

濵渦 僕はもともと家具のコレクターでピエール・ジャンヌレが好きなんです。ホテルも大好きで、相当行っていて。でも、さすが、谷尻さんもたくさんご覧になっているので、いろいろなイメージを作るときに本当に話が早かった。

2022年12月1日に開業した、栃木県の穏やかな高原に囲まれる「NOT A HOTEL NASU MASTERPIECE」。約100年間メンテナンスフリーと言われる、自然と調和するコールテン鋼の外装が特徴。

谷尻 やっぱり体験しないとわからないんですよ。みんな自己投資は惜しまないですよね。何をレコメンドされるのか聞けば、濱渦さんがどんなものを好むのか、よくわかりました。

濵渦 最初に那須の物件のパースをもらったとき、突き抜けてるな、と思ったんです。社内では、女性受けしないのでは、という意見もあったんですが、バランスを取ってないのがいいと僕は思いました。中途半端になってしまうから。

谷尻 意識したのは、野生に寄せることでした。建築って知性で作ってしまうところがある。でも、野生っぽさって大事なんですよ。

朝はコーヒー片手に窓際に向かえば、高原を眺めながら静かな時間を楽しめる。

濵渦 絶対これでいいと決めたのは、谷尻さんのご自宅を見せてもらったときです。暗いし、全然バランスが取れていない。でも、とても心地いいんです。

谷尻 世界を回れば、太陽の光で燦燦と明るいのが必ずしも正義ではない、とわかりますよね。

濵渦 これだから、いい土地が出ると谷尻さんに相談したくなるんです(笑)。またぜひ、一緒に見に行きましょう。

Makoto Tanijiri
1974年生まれ。本兼建築設計事務所、HAL建築工房を経て、2000年、建築設計事務所SUPPOSE DESIGN OFFICE設立。Hotel koe Tokyoなどで知られる建築家。

hamauzu

Shinji Hamauzu
1983年生まれ。2007年、Eコマースプラットフォームのアラタナ創業。'15年、ZOZOに売却、グループに参画、ZOZOテクノロジーズ取締役。'20年4月より現職。

■連載「相師相愛」とは……
師匠か、恩師か、目を掛ける若手か、はたまた一生のライバルか。相思相愛ならぬ「相師相愛」ともいえるふたりの姿を紹介する。

過去連載記事

↑ページTOPへ戻る

TEXT=上阪 徹

PHOTOGRAPH=吉場正和

PICK UP

STORY

MAGAZINE

3月号 Now on sale

【ゲーテ3月号】表紙は三代目JSB。これから10年通い続けたい鮨&BARを大特集!

ゲーテ3月号

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

3月号 Now on sale

【ゲーテ3月号】表紙は三代目JSB。これから10年通い続けたい鮨&BARを大特集!

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]3月号が2023年1月25日に発売となる。今号の表紙を飾るのは三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE。さらなる高みへと挑戦する彼らの想いに迫った。総力特集は鮨&BAR。これから10年、20年通いたい、とっておきのカウンターを紹介する。そのほか、プロ野球選手・鈴木誠也やロック歌手・宮本浩次、シンガーソングライター/俳優・泉谷しげるのインタビューやゲーテ公式ECサイト「ゲーテストア」限定アイテムも必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる