MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

PERSON

2022.04.23

ゼットン創業者・稲本健一に新しいエネルギーを与えるアトミックのスキー&ブーツ

ビジネスの最前線で闘うリーダーやスペシャルな人の傍らには、仕事に活力を与え、心身を癒やす、大切な愛用品の存在がある。それらは、単なる嗜好品にとどまらず、新たなアイデアの源となり、自らを次のステージへと引き上げてくれる、最強の相棒=Buddyでもあるのだ。今回紹介するのは、ゼットン創業者・稲本健一氏の相棒スキー&ブーツ。特集「最強の相棒」

稲本健一 &MST

右から、岩澤博氏、稲本健一氏、皆川賢太郎氏、経営者F氏、「琉球ビストロ ナチュール」などを経営するGMの石川拓人氏。石川氏は「MSTに入りスキーを始めて6年。先輩方からアドバイスもらったりして根性でついていっていますが、指導は厳しいです(笑)」。稲本氏いわく「拓人は適応力が高い。最初と今を比べると段違いに上手くなっている」。

MST(港区スキーチーム)とは?

氷点下の寒い状況下で見られるさらさらした雪をアスピリンスノーという。そんな極上の粉状雪質で知られる岩手県・安比高原スキー場に、港区スキーチーム、通称「MST」が集った。MSTはスキー愛好家10人ほどの経営者によって2016年に結成。飲食業のゼットン創業者で、再生医療、ホテル業など数多の経営に携わる稲本健一氏は部長として所属する。

「先月行ったニセコには10人、今回の安比は5人。だいたい5〜10人ほどが集結します。会長は博多串焼き『ごりょんさん』などを展開するベイシックスのガンさん(岩澤博社長)で、顧問はフランフランの創業者・髙島さん(郁夫氏)、コーチは賢太郎(皆川氏)という結成して6年のチームです。年4回仲間と滑ってきましたが、大人の楽しい雪遊びとはいえ、他の経営者チームには走行距離の長さと走行スピードの速さで負けたくないので、真剣(笑)」と稲本氏。

稲本健一 &MST

チームウェアはブリーフィング(非売品)で、試作品をテスト中。

稲本健一 &MST

全日本スキー連盟のレアなワッペンを貼りつけ、MSTの刺繍入り。

実は今、スキーを始める経営者が増えてきているとか。それはニセコの活況も背景にあるのかもしれない。それはさておき、冬季オリンピックに4大会連続日本代表として出場した元アルペンスキー選手の皆川氏をコーチに迎え、ストイックに滑る。MSTのスキー魂を感じつつも、気になるのは相棒として更衣室の外に並んで立てかけてあったアトミックのスキー&ブーツだ。「結成当初はスキーもブーツもばらばらだったんですが、今はアトミックで統一してます」

その5本、ひと目でわかる計100万円オーバー

1955年オーストリアでスキー板専業メーカーとして生まれたアトミックは、アルペンスキーワールドカップ男子総合優勝11連覇を成し遂げるなど、圧倒的な勝率を誇るブランド。なかでもMSTが乗る「レッドスター」は世界のトップレーサーが使用しているものと同じ技術を採用し、レースでタイトなラインと最速タイムのために開発されたシリーズ。皆川氏いわく「上位機種の攻撃的な加速力は随一。クルマでいうならラグジュアリースポーツカー」だ。

稲本健一 &MST

集結した5人各々のスキー。会長の岩澤氏はスキー4セット& ブーツ2セットを所有。「例えば1セットをルスツに送って、その間苗場に行くのにもう1セット必要なので」。でも去年、間違えて右足ブーツをふたつ送ってしまったという珍事件も。そんな岩澤氏にとってスキーとは?「極楽です」

「毎回滑りだす時に感じるのは、スキーは重力を感じ地球にひっぱられる感覚のある落下スポーツだということ。体重を前方にかけなければ上手く滑れないし、ターン時に腰が引けた状態だとエッジを使えずアンコントローラブルになる。アトミックはレースに勝利するためにつくられているのですごいスピードが出ます。だから重力加速度をコントロールして自分を抑えて落下していく恍惚感には高揚しかないですね。自分にはオーバースペックな道具かもしれないですが、逆に安心感もある。なので、ミスった時にハイスペックに助けられることもある。うまく言えないですが、アトミックに乗って凹凸の斜面に対応して滑って自分の重力を感じた瞬間、自分のなかで新しいエネルギーが生まれるのを感じるんですよ」

撮影は早朝。スキー場オープン前の極上ファーストトラックを滑走する5人に、経営者ならではのストイックさとアトミックのレーシーさに相通じるものを見た。

「チームで道具を揃えるのって超大切で。チームの魂をひとつにするんです」

稲本健一 &MST

安比高原スキー場は全21コース、最長滑走距離5500mを誇る。スケールの大きさでは日本最大規模。MSTのコーチを担う皆川氏(写真中)は、スキーの魅力について「僕は朝一に滑るのが好き。壮大な自然のなかで深呼吸を必ずするんです。『すぅ~』と息を吸った時に、雪が落ちてきた音すら聞こえるほどの圧倒的な静寂は他にないですね」と語る。

稲本健一 &MST

ANAインターコンチネンタル安比高原リゾートがオープンして注目度が高まる安比。写真のプレジデンシャルスイート(306.90㎡)にて取材。

ゼットン創業者
稲本健一

1967年石川県生まれ。スキー歴50年。’95年、外食産業の会社ゼットンを設立。国内外に話題のレストランを多数展開。現在は飲食業のみならず、いくつもの会社経営に携わる。スキーだけではなく、トライアスロンやサーフィンを愛するマルチアスリート。「世界中の人が日本の雪質を味わいたいと思っているなか、日本人は気軽にスキーをしに行ける環境にある。どれだけ雪に恵まれているのかを感じている」

TEXT=ゲーテ編集部

PHOTOGRAPH=中西隆裕

PICK UP

STORY

MAGAZINE

3月号 Now on sale

【ゲーテ3月号】表紙は三代目JSB。これから10年通い続けたい鮨&BARを大特集!

ゲーテ3月号

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

3月号 Now on sale

【ゲーテ3月号】表紙は三代目JSB。これから10年通い続けたい鮨&BARを大特集!

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]3月号が2023年1月25日に発売となる。今号の表紙を飾るのは三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE。さらなる高みへと挑戦する彼らの想いに迫った。総力特集は鮨&BAR。これから10年、20年通いたい、とっておきのカウンターを紹介する。そのほか、プロ野球選手・鈴木誠也やロック歌手・宮本浩次、シンガーソングライター/俳優・泉谷しげるのインタビューやゲーテ公式ECサイト「ゲーテストア」限定アイテムも必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる