GOETHE

MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

PERSON

2021.04.01

俳優・松山ケンイチ「変態なのかもしれないですけど、ボコボコにされたいです」

松山ケンイチのパンチングミット

「どちらかというと負けたい。負けるからこそ、試行錯誤できる」

プロボクサーは俳優にとって、最も難易度の高い役のひとつ。映画『BLUE/ブルー』でボクサーの瓜田信人役を打診された松山ケンイチ氏も、当初は「芝居の説得力やリアリティの面で、ボクシングをやっていない自分がプロボクサー役だなんてとんでもない」という理由から、断るつもりでいたという。しかし、本作で共演する東出昌大から「一緒にやりたいです」と言われ、出演を決意した。

「東出くんから、そのひと言を言われたのもきっと何かの縁だなと思って。『やったほうがいいんだろうな』と思うきっかけになりました」

クランクインまでの2年間、ジムでのトレーニングを重ねて、瓜田の心と身体を作り上げた。演じるうえで一番大切にしたアイテムは、練習で使用したパンチングミットだ。

「瓜田はボクサーとトレーナーを兼任しているので、練習でいろんな人のパンチを受けるんです。僕もやらせてもらったんですけど、パンチと一緒にその人のエネルギーみたいなものが飛んでくるのがすごく面白かった。言い換えると、瓜田はパンチを通して、いろんな人の想いを受け続けてきた人。それが、ボクシングの勝敗では割り切れない、彼の別の強さにつながっているんです。それを理解するために、このパンチングミットはものすごく重要でした」

松山氏は、映画『聖(さとし)の青春』で実在した棋士・村山 聖を演じた際も、自分で将棋の駒を購入し、常に触っていたという。

「プロの指し方ができないと成り立たないので、必須でした。道具や衣装は演技に影響するので、すごく重要だと思います」

松山氏の芝居は時に“憑依型”とも評されるが、彼の話から、憑依に近道なんてものはないことがよくわかる。勝負所で本領を発揮するために必要なものは、日々の地道な鍛錬なのだ。

パンチングミット

負けた話のほうが勝った話よりも面白い

試合には勝てないが、誰よりもボクシングを愛する瓜田は、果たして敗者なのだろうか?

「成功者とされる人も負け犬のような人も、それぞれに苦しみや幸せを感じている。見えているところだけでジャッジするのは違うと思います。その人の勝ち負けは、他人が決めることじゃない。それはわかっていなきゃいけないことだと、肝に銘じています」

そんな松山氏は自身の人生を、「負けっぱなし。勝ち続けられないんです」と、笑い飛ばす。

「ギャンブルはすべて必ず負けで終わります。勝ったお金も、次に負ける材料にしかならない。禁煙は、10回成功したのに必ずまた吸い始めてしまう。ということは、負けて終わってる。でも、負けた話のほうが勝った話よりも面白いじゃないですか。どちらかというと、僕は負けたいんだと思います」

勝ちという結果よりも、勝負をしている時の感情や体験を重視する。それは、仕事に対する姿勢にも重なる。

「作品でいうと、『カムイ外伝』と『平清盛』は、完膚(かんぷ)なきまでにボコボコにされました。役や作品の大きさに比べて、自分のあまりの小ささに本当にやるせない気持ちになったし、あたふたしました。でも、その経験があったおかげで今がある。今の自分はやっぱりものすごく幸せなんです。それはたくさんの人に助けられたおかげだし、自分が常に正直でいられたから。勝ちを喜んで終わるよりも、負けた理由を考えて、どうすべきかを試行錯誤するほうが好きなんです。変態なのかもしれないですけど、これからもボコボコにされたいです」

 

4月9日全国公開! 映画『BLUE/ブルー』

映画『BLUE/ブルー』

公開:新宿バルト9 ほか全国にて
配給:ファントム・フィルム
出演:松山ケンイチ、木村文乃、柄本時生、東出昌大ほか
監督・脚本・殺陣指導:吉田恵輔
誰よりもボクシングに情熱を注ぐが試合に勝てない瓜田(松山)、チャンピオン目前の小川(東出)、ふたりを見守る千佳(木村)。恋と友情、憧れと嫉妬、理想と現実。もがき続ける若者たちの青春映画。

 

Kenichi Matsuyama

Kenichi Matsuyama
1985年青森県生まれ。2002年に俳優デビュー。’06年の『デスノート』のL役でブレイク。’16年の『聖の青春』で、第40回日本アカデミー賞優秀主演男優賞ほか、映画賞を多数受賞。

MATSUYAMA’S TURNING POINT

2009年映画『カムイ外伝』と、2012年NHK大河ドラマ『平清盛』。『カムイ外伝』の忍者役は、本格的なアクションで負傷したこともあり、大きな試練となった。『平清盛』では、実在した人物の一生を演じることの難しさに直面した。

TEXT=須永貴子

PHOTOGRAPH=柏田テツヲ

STYLING=五十嵐堂寿

HAIR&MAKE-UP=勇見勝彦(THYMON Inc.)

PICK UP

STORY

MAGAZINE

5月号 Now on sale

最強の相棒とともにアドレナリン全開! ゲーテ5月号はタフな服&クルマ特集

表紙5月号

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

5月号 Now on sale

最強の相棒とともにアドレナリン全開! ゲーテ5月号はタフな服&クルマ特集

3月25日(木)発売『ゲーテ5月号』の表紙は武井壮。総力特集では、タフをテーマに服・モノ・クルマを大特集。ほか、スポーツビジネス最前線や長嶋一茂の新連載エッセイもお見逃しなく!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

Salon Memberになる