GOETHE

MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

PERSON

2021.01.15

アートビギナー西野七瀬、話題のスポットにじっくりアート鑑賞へ

美術館でもなく、ギャラリーでもない日本初の現代アートのコレクターズミュージアム。東京・天王洲に新たにオープンした「WHAT」で西野七瀬が、アートの魅力を再発見。スケッチブックに色鉛筆を走らせながら最高の笑顔を見せてくれた。このほか、アートの世界で働く仕事人たちを徹底取材した大特集「アートのお仕事」掲載の最新号のご購入はこちら

西野七瀬さん

「WHAT」では、12月からのオープニングでふたりのコレクターの所蔵作品を公開中。奈良美智や会田 誠を含む約19名の作品を展示している。展示作は順次入れ替えていくという。

「アートって、もっと自由に楽しんでもいいのかも」

奈良美智の絵画に見入る西野七瀬さんの後ろ姿は、サルバドール・ダリの若き日の名作『窓辺の少女』のようだった。

ダリの妹、アナ・マリアをモデルに描いたといわれるこの作品は、その窓枠を額縁に見立て、風景と絵画そのものが二重の美を表現しているといわれる。西野さんはアナ・マリアよりもずっとスレンダーで可憐な印象。だが、彼女の背中は、『窓辺の少女』と同じく、額縁の向こう側に思いを馳せているように見えた。

作品をひとつひとつ、食い入るように見つめる西野さん。

作品をひとつひとつ、食い入るように見つめる西野さん。「個人で所有する作品ということは、普段は美術館でも見られないということですよね。そう思うとさらに楽しいです」

「普段、美術館に行くことはあまりないんです。少し敷居が高いような気がして……」

そんな彼女がこの日、豊かで静かな時間を過ごしたのは、東京・天王洲に12月にオープンしたばかりの現代アートのコレクターズミュージアム「WHAT」。

絵画や彫刻、版画など40点にものぼる奈良美智作品

絵画や彫刻、版画など40点にものぼる奈良美智作品は、ひとりのコレクターがすべて所有。

館内には、奈良美智以外にも、会田 誠や毛利悠子など、錚々(そうそう)たるアーティストの作品を約70点展示。しかしここは、いわゆる美術館とは、成り立ちが異なる。母体となっているのは、寺田倉庫。展示されているのは、寺田倉庫の美術品保管サービスを利用しているコレクターが所有する作品だ。

「寺田倉庫では、1970年代から美術作品の保管を行っています。お預かりしている間も、多くの方にその素晴らしい作品の魅力を発信する方法はないものかとコレクターの方々にご相談し、常設のコレクターズミュージアムを開館することになりました。敢えて美術館的なキュレーションを行わず、コレクターの視点を感じる、これまでとはちがうアートの楽しみ方を提案できればと思っています」(寺田倉庫「WHAT」担当者)

西野七瀬さん

「私が生まれる前や生まれた年の作品もあって、時代ごとの変化も感じられました」

美術館のような肩肘張った雰囲気はなく、ギャラリーのような入りづらさもない。アートを身近に感じることができる「WHAT」の空気感は“アートビギナー”の西野さんにも心地よく感じられたようだ。

「奈良さんの絵は教科書で見たことはあったのですが、絵の具の筆跡などキャンバスの細かいところまで見ると、より奥行きや厚みを感じます。普通なら見ることができない個人コレクションを見ることができるというのも楽しいですね」

天王洲はアートの街へと変貌

近年、天王洲はアートの街へと変貌を遂げている。

ひとつひとつの作品をじっと眺めていた西野さんが、ふとひとり言のようにつぶやいた。

「久しぶりに絵を描きたいな」

物心ついた時から絵を描くのが好きだった。折込みチラシの裏に、思いのまま何十枚もの絵を描いていたという。

サラサラと絵を描き始めた西野さん

アートカフェ「WHAT CAFE」でココアを片手に、サラサラと絵を描き始めた西野さん。「これは最近お気に入りの場所、自分のベッドです(笑)」

「描いた絵をほめられると、嬉しくなってまた描きたくなる。お父さんがいつも使う引きだしに自分の絵を仕こんでおいて、それを開ける瞬間を隠れて見ているのが好きでした(笑)」

「WHAT」でアートに触れたあとは、隣接の伝統画材ラボ「PIGMENT TOKYO」で3000色以上の顔料に目を輝かせ、さらに近所にできたばかりのアートカフェ「WHAT CAFE」でブレイクタイム。スケッチブックと色鉛筆を手わたすと、楽しそうに絵を描き始めた。

PIGMENT TOKYO

希少な画材を多数取り扱うラボ「PIGMENT TOKYO」(東京都品川区東品川2-5-5 TERRADA Harbor Oneビル1F TEL:03-5781-9550)の壁には、色とりどりの顔料がズラリと並ぶ。

「時間ができたら、水彩か油彩をやりたいですね。いつか、発表できるような作品を描けるようになれたらいいな。アートって、もっと自由に楽しんでいいのかなと思えるようになりました」

2018年に乃木坂46を卒業。女優として着実にステップをあがってきた。少女のようにも見えるが、中身は26歳の大人の女性だ。

ひとつずつ全部見たい! 目がいくつあっても足りない!

「ひとつずつ全部見たい! 目がいくつあっても足りない! 」

「ここ数年、毎年『今年が一番楽しかった』と思えているんです。来年も再来年もその先も、毎年そういうふうに思える時間を過ごしていけたらいいなと思っています」

アートに触れ、また少し世界が広がっただろうか。彼女が描く未来図は、きっと明るい。

 

WHAT

「WHAT」では2021年5月30日まで「-Inside the Collector’s Vault,vol.1- 解き放たれたコレクション」展を開催。建築倉庫プロジェクト企画「謳う建築」展も同時開催する。

※天王洲に誕生したコレクターズミュージアム「WHAT」の潜入記事はこちら

WHAT
住所:東京都品川区東品川2-6-10
時間:11:00~19:00(最終入館18:00)
休業日:月曜(休日の場合、翌火曜休館)
詳細はこちら

 

Nanase Nishino

Nanase Nishino
1994年大阪府生まれ。2011年、乃木坂46の第1期生として芸能界デビュー。’18年に卒業後、女優として活躍中。’21年2月26日からは劇団☆新感線の新作舞台Yellow 新感線『月影花之丞大逆転』に出演。映画、配信ドラマなど複数の出演作が控える。

ドレス¥119,000[参考色](ロンシャン/ロンシャン・ジャパン TEL:0120-150-116)、パンプス¥89,000(クリスチャン ルブタン/クリスチャン ルブタン ジャパン TEL:03-6804-2855)、バッグ¥310,000(サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ/サンローラン クライアントサービス TEL:0120-95-2746)、リング¥360,000、イヤリング¥620,000、ペンダント¥1,280,000[予定価格](すべてタサキ TEL:0120-111-446)

TEXT=川上康介

PHOTOGRAPH=前田 晃、古谷利幸(WHAT内観写真)

STYLING=市野沢祐大(TEN10)

HAIR&MAKE-UP=猪股真衣子(TRON)

PICK UP

STORY

MAGAZINE

4月号 Now on sale

創刊15周年特別号! 人生の決戦にチカラを与える、仕事人の勝負アイテムを大特集/表紙 宮本浩次

ゲーテ4月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

4月号 Now on sale

創刊15周年特別号! 人生の決戦にチカラを与える、仕事人の勝負アイテムを大特集/表紙 宮本浩次

2月25日発売の「ゲーテ4月号」は創刊15周年特別号! 表紙を飾るのは、エレファントカシマシのボーカリストであり、現在ソロ活動中の宮本浩次。総力特集は「勝負」にフォーカス! アグレッシブに仕事に打ち込む者たちの傍らには、活力を与え続けてきた勝負アイテムがある。闘う仕事人たちの相棒と、その勝負論に迫る! そのほか「勝負下着特集」や「時計特集」、新連載「JRA競走馬の成長秘話 走れ! ゲーテ号」も必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

Salon Memberになる